【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

6月

20日

万引き家族

本作を梅雨に入ったのに梅雨らしくないさわやかな初夏の夜にT-JOY東広島にて修行してきました。なんと5月に開かれたカンヌ映画祭において最高賞であるパルムドールを邦画としては21年振りに受賞するという快挙を達成しての封切であり、わたしもさっそく馳せ参じました。おかげで巨大スクリーンの1番シアターでこの不思議な家族の物語を堪能させてもらいました。

 

是枝裕和監督はここ数年、スクリーンを通してさまざまな家族の群像を描いて、「現代において家族とはいったいなんなのだろう?」というテーマを観るものに提起していますが、本作はその集大成のような出来になっていました。

 

いい映画というのは物語の流れをあまり言葉で説明しすぎず、登場人物のなにげない表情や映像そのもので表現するものですが、本作はまさにその真骨頂になっていました。ラストにかけて、なんと同じ屋根に住む家族がすべてアカの他人だったのには驚かされました。おばあちゃんと娘のなにか分かり合っている姿をみて、さすがに彼女らには軽い血縁関係ぐらいあるのだろうなという目で見ていたわたしもこの展開にはあぜんとしました。祥汰ぐらいはさすがに彼らの息子かと思っていたら、なんとラスト近くでは、赤ん坊のころにさらってきたことが明かされたことにもびっくりでした。

 

こんなふうにこれでもかというぐらい意外でやや強引で操作的な物語展開ながらも、映画館で観ていると妙にリアリティがあり、引き込まれていくという映画のマジックがそこにはありました。今まで少し頭でっかちかな?と思っていた是枝監督が考えに考えてつくり上げた素晴らしい結晶のような映画が出来上がったのだと思いました。

 

まったくの他人どおしが実の家族以上に仲睦ましくささやかに暮らす姿はほほえましく温かみさえ覚えます。しかし経済的な基盤は家主である樹木希林演ずる老女のもらう年金(これももしかして詐欺?)と子どもらをも巻き込んだ万引き。

 

倫理的には最低の登場人物たちのはずなのですが、妙に愛らしく親しみやすく表現されています。安藤サクラ演ずる信代の、まるで昭和のような貧乏な生活のなかで際立つ出で立ちと沸き立つ色気が劇中ではリアリティを高めるいい隠し味として効いています。余談ですが、本作を観て安藤サクラさんの演技に興味を持った方は彼女の初期の出演作「愛のむき出し」(園子音監督)を観てみるのをおススメします。安藤さんの持つ狂気と色気がもう10年以上も前にすでにそこにあるのを見つけるはずです。

 

本作の醍醐味はなんと言っても盛りだくさんなデジャブのような家族群像ではないでしょうか? 学校にも通わず強かながらもナイーブさも併せ持つ祥太の生き様は「誰も知らない」の姉弟たちのそれであり、樹木希林演ずる初枝のこころに宿る過去に対する怨念と諦念の入り混じったようなぶっきらぼうさは「歩いても歩いても」の老夫人の熟成であり、ビルの谷間の狭く小さな家という小さな空間での家族の濃密なやりとりは「海よりもまだ深く」の狭いアパートでの濃密な一夜の延長であり、ラストに近いところの治と祥太の別れは「そして父になる」のラストシーンを思い出させたり、万引きという犯罪の不条理と理不尽さ、空虚さは前作「三度目の殺人」で描かれた犯罪にも感じたそれであり、まさに是枝監督が今まで家族に関して積み上げてきたエッセンスをこれでもかというほど注入し、まさにいい意味でるつぼであり、印象的な家族情景のごった煮となり、これらが危ういところでバランスを保ちながら、是枝監督独特な小津監督ゆずりのスタイリッシュでありながら、陰影のある静かで穏やかな映像で表現され、まるで是枝家族鍋というがごとくのいい風味になっているわけで、まさに家族シリーズの集大成の作品(これからさらにすごい家族寓話が生まれるのかもしれませんか)であり、カンヌ受賞もさもありなんです。

 

さらにエンドロールにおいては、細野晴臣によるコミカルでやや不思議な不調和と調和を行ったり来たりする音楽が本作を雄弁に語っており、やはり「いい映画にはいい音楽が必須ですな~」という感慨を抱きながら、監督はつぎはどんな家族を描くのだろう?なんて考えながら、否応なく観るものにそれぞれの家族のことを考えされられる作品でした。

梅雨らしくないさわやかな風が漂いながら、平成30年という年を代表する歴史的作品に遭遇したんだなと感じる夜になりました。

 

P.S.そんなこんなで激賞の本作でしたが、個人的な是枝監督最高作はそれでもまだ「歩いても歩いても」であることは変わりませんでした。どうにも逃れられなかった家族の運命とどうにもならない現実への怨念と諦観が微妙なバランスの上に見事に表現されています。この作品でもカンヌをとれたのでは?と思うほどです。本作のようにいろいろ盛り込まれたリッチな作品ではありませんが、簡素ながらもこころをいつまでも揺さぶる作品であることは間違いないです。まだ未経験の方はぜひにです。

2018年

6月

11日

ラプラスの魔女

本作を封切られてかなりたってから、梅雨入りしたジメジメした夜にT-JOY東広島にて鑑賞してきました。ちょうど上映時間のタイミングがあっての遅まきながらの修行となりました。

 

東野圭吾原作、三池崇史監督、俳優には櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰と豪華な顔ぶれです。それにしても広瀬すずは売れていますね。

 

本作については観てのお楽しみで、わたしがどうのこうの言うことはとくにないのですが、東野圭吾さんの原作(ちなみに東野さん原作としての傑作映画はやはり「容疑者Xの献身」ではないでしょうか?)らしい奇抜な犯人捜しの気象ミステリーとして観るのもよし、将来有望な若手俳優らの初共演を楽しむのもよし、犯人の動機を通して人間の愚かな業を嘆くのもよしの奥の深い作品に仕上がっていました。

 

実は本作で一番印象に残ったことは、物語の冒頭シーン絵で、資産家の男性が突然死んで、三番目の妻による遺産目当ての殺人がまずは疑われるという物語のくだりは、なんと偶然ながらいま世間を騒がせている「和歌山のドンファン」事件と奇妙にシンクロしており、ややびっくりし、「フィクションもノンフィクションも本来は反対に位置するものでありながら、ありそうでない、なさそうであるという、これらの相反するはずのものがまるで万華鏡にように近くに寄り添っている時代なんだな」という感慨を抱きながら、雨が降る夜の街のなかワイパーの動きを見つめながらの帰路になりました。

2018年

6月

01日

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ

本作を例によって、仕事の終わった深夜にまだまだ肌寒い風を感じながら、T-JOY東広島にて修行してきました。

 

本作は「専業主婦への賛歌」がテーマというだけあって、笑と涙をふりかけにように振りまきながら、しっかりを社会問題を考えされられる映画的醍醐味のある作品となっていました。

 

山田洋二監督の落語的諧謔性というフィルターを通して、現代社会における矛盾や理不尽に対して軽やかに光を当てる作品になっており、映画好きなら文句なしの、笑あり涙ありという、まとまりの良さやおさまりの美学を貫いた、素敵な小品になっていました。

 

この作品はまだまだ続きそうで、どうやら「家族はつらいよ」は「男はつらいよ」に続く、山田監督のライフワークになりつつあるようですが、本シリーズの源泉というべき傑作「東京家族」(名作「東京物語」のリメイク)は本シリーズには数えられていません。このあたりについては、小津安二郎監督へのリスペクトとともに山田監督なりの矜恃があると感じているのはわたしだけでしょうか?

 

P,S.本作では橋爪功演ずる平田家の家長の実家として、広島県の大崎上島が出てきますが、江田島、蒲刈島と並んで、大崎島も最近よく映画の舞台となっており、広島県民としては喜ばしい限りです。

2018年

5月

26日

のみとり侍

本作を初夏の気配が漂いつつある5月の夜に、T-JOY東広島にて修行してきました。いつも仕事が終わってからなので、またまた深夜の修行です。

 

敬愛する阿部寛(阿部ちゃんと愛をこめて以後はよばさせていただきます)さんの作品でもあり、なんとか観ておきたい作品でした。ちなみに阿部ちゃんの作品についていこうと思った最初の作品は「青い鳥」であり、これはまいったな~と感嘆させられたのは「歩いても歩いても」です。両作品ともいろいろと後を引く作品でした。

 

一方で、本作はいろいろ熱く語ることは野暮であり、阿部ちゃんのもう一方の魅力であるギャグ満載の「テルマエ・ロマエ」系の諧謔的作品であり、気負いなく笑いとおかしみを感じながら、ちょっと映画で一服というときにちょうどよい佳作でした。

 

本作は、さっそうと中年男の魅力と男気を振りまく豊川悦司の男ぶりや淫乱女の怖さも堪能できるし、阿部ちゃんや江戸時代の諧謔性に関心のある人はぜひ鑑賞されて損はない作品でした。

 

P.S.そういえば、本作でも失脚する老中・田沼意次は歴史的にはいつも悪役扱いですが、歴史好きならば実像はそうでもないことを知っており、いつか田沼の時代を本格的に描く映像作品ができればいいのにと思ってしまいました。

 

2018年

5月

18日

孤狼の血

5月の中旬、さわやかな夜風が吹く気持ちのいい夜に、封切間もなくの本作をT-JOY東広島にて修行してきました。舞台は広島だけにやはりここはしっかり早めの修行です。

 

かつて「仁義なき戦い」シリーズを生んだ東映アウトローシリーズの再来を予感させる東映気合い入りまくりの作品です。封切間近でもあり、当然東映系の映画館T-JOYでもあり、自慢の大スクリーンの1番シアターです。

 

本作はかなりきついバイオレンスものという覚悟をもって修行に向かったのですが、意外や意外そういう要素ももちろんあるものの、印象に残ったのは中盤から終盤にかけて涙が出てくるような情緒的展開でした。役所広司演ずる大上刑事の運命と若手刑事ヒロダイを演ずる松坂桃李くんの孤独な魂のバトン受け渡しのようなテーマとなっており、なんだか見終わってしんみりしてしまいました。

 

それにしても「凶悪」でも感じたのですが、白石和彌監督の迫力ある圧倒的なリアリティのある作風は誰かに似ていると思っていましたが、あの若松孝二監督(傑作「実録・浅間山荘」は今でもわたしの心に突き刺さっている衝撃作です)でした。調べてみたら、なんと若き日に白石監督は若松監督に師事していたことがあることを知り、妙に納得してしまいました。

 

なぜ「孤狼の血」というタイトルなのか?も誰にも腑に落ちるラストシーンも小気味よく、広島に住む大人(さすがに本作は子供にはまだ早いです)には超お勧めの作品になっており、おまけに、広島の街角のシーンにおいても懐かしい鷹野橋のサロンシネマのあの健康階段もでてきたりで、細部にも広島の映画好き人間ならばニンマリと楽しませてくれる仕掛けもてんこ盛りでした。

 

今後の広大卒の刑事ヒロダイの活躍が楽しみになりながら、満足感をこころに満たしながらの帰路になりました。

 

P.S.実は本作は物語と同様に印象に残るのが、リンチの道具として使われる豚の糞。このエピソードは強烈な印象を残すだけに、原作でも出てくるのか?と思いきや小説を読んだ人に伺ったら、まったく出て来ないと・・・。これはどうやら白石監督のセンスのようでした。実は偶然ですが、知り合いに白石監督の高校(旭川にあります)時代の同級生がいまして、その彼から聞いた、白石監督(実はこの名前は芸名だそうです)の高校時代のエピソードからするととても合点がいくものでしたが、それをここでは明かす事はできないので、もし個人的に本作の映画談議になった人にだけいつか酒の肴に語りたいものです。