【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2021年

11月

14日

吟ずる者たち

冬の足音が聞こえてきつつある秋のきりりとした冷え込みの夜に、 わが地元である東広島の酒蔵を舞台とする本作を、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。「恋のしずく」に続く、広島&お酒の物語であり、今回は全国に先駆けて広島県での先行上映とのことで東広島市民必見の作品です。

 

東広島市安芸津町出身で、軟水による吟醸酒の醸造を初めて成功させた明治時代の偉人、三浦仙三郎のお酒にかける愛と情熱の人生を基に、現代の酒蔵に携わる人々の日本酒への想いや家族をめぐる物語と重ね合わせた物語です。

 

地元安芸津港の鳥観図(わたしが大好きな桜の名所・正福寺山も見えていました)からの導入から安芸津の酒蔵のなかで父と娘の再会で終わるエンディングまで、西条酒祭りなどの光景も加えて目になじんだシーンが多く登場しており、東広島の方が観ればなんだか面映ゆい気分になること請け合いです。

 

地元東広島では知らぬもののいない精米会社の「サタケ」の創始者も登場します。また油谷監督も、脚本の仁瀬さんも広島の竹原市出身、三浦仙三郎の妻役も広島市出身の戸田菜穂さんであり、キャストや構成からして地元広島を古も今も支えている人々の想いが詰まった作品になっています。

 

そして今回のテーマは「恋のしずく」の日本酒の再発見に寄り添う恋心ではなく、お酒を中心にしてその想いや歴史を受け継いでいく人の魂や家族の絆となっており、より普遍的な物語となっています。仙三郎がいつも心がけた「百試千改」という戒めも、ついつい日常のなかで忘れがちな信念と行動、努力の尊さを思い出させてくれ、わたしも日常のなかで、そうした大切なものを見失わずに生きていかねば・・という想いにかられました。

 

本作は広島でまず先行上映となり、全国では来年以降順次上映ということだそうですが、素晴らしいテーマを内包している本作が広島だけでなく、日本全体に広がっていってくれればいいのに・・・と仮定法的願望を持ちながら、ほんわかした気持ちをお土産に映画館を後にしました。

2021年

11月

07日

護られなかった者たちへ

本作を冬の気配も近づきっつある肌寒い夜に、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。意味深なタイトルであり、いったい何が護られなかったのだろう?という探求心を持っての修行となりました。主演も大好きな阿部寛と佐藤健ですし、思わず気合も入ります。

 

観終わって、しっかり複数の答えを見つけることができたものの、うーん、そう来たか~という重い重い答えでした。

 

悲劇の東日本大震災の結果、多くの喪われてしまった命たち。自然による直接的なものもあれば、その後の人間の無作為によるものもあり、それらを受けて諦念と怨恨を伴いながら、それらが複合的に絡み合い物語が進んでいき、悲しい犯罪が恨みを持つものによって引き起こされます。そしてついに衝撃の告白が吐露されるラストシーンに結びつきます。この告白の内容を偶然の皮肉と捉えるか、必然的な運命の巡り合いと捉えるべきか、いやはやいろいろ考えさせられました。

 

東日本大震災による悲劇を基にした作品は数多制作されましたが、本作はフィクションであるものの、おそらくこれに近い話は現実に存在したであろうことは想像に難くなく、何気ない日常に感謝したくなる気持ちで、肌寒い秋の夜に車を滑らせ帰宅しました。

 

P.S.本作のラストのふたりのやりとりにこころが揺れガビーンと来た人におすすめ作品を。それはクリントイーストウッド監督の「チェンジリング」です。これは100年ほど前に実際にアメリカで起こった実話を基に作られた子ども失踪事件のなか我が子を探し続ける女性の映画ですが、切ない展開が続き、ラストに生き残った子どもからの告白が訪れます。この告白の内容に、当時まだ若かったわたしは映画館の椅子からずり落ちるほどのガビーンとくるショックに襲われ、その後エンドロールの間にこぼれ落ちていく涙が止まらなかった記憶が残る作品(わたしにとっては30作に一度ほどある現象です)です。クリントイーストウッドならではの傑作でもあり、事実に基づいた衝撃作と言えるので、本作のラスト以上にこころが揺れること請け合いです。未鑑賞の方は是非一度鑑賞をおすすめします。

2021年

10月

23日

燃えよ剣

本作をいよいよ寒さを感じ始めた秋の夜に、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。幕末の激動の真っただ中にたった6年間存在して消滅していった新選組の副長土方歳三を中心に同じ郷里出身の近藤勇、沖田総司らの運命と生きざまを描いた司馬遼太郎原作の映画化作品です。

 

歴史好きを自認するわたしとしても見逃すわけにはいかない本作でしたが、大満足の作品となりました。「関ケ原」「日本のいちばん長い日」といった大作を成功させ、日本に関する歴史作品を撮らせたら日本一であろう原田真人監督。彼の表現する歴史観、映像美学も所々に覗くこともでき、歴史好きにはたまらない娯楽大作になっており、歴史に興味のある人もない人にも十分に楽しめる作品になっていると思われます。

 

原作に少しあった、男と男の友情を越えた男色的?世界はほぼ封印し、彼らの剣にかける情熱、漢気を美しく健気に表現している切り取り方もこれはこれでありだと思われました。その一方で、実際の土方歳三には、隊を守るためにでしょうが、非情なまでの残酷さがあったと推測され、その辺は今回はまあなしで行こうという印象を受けました。

 

これからも新選組をモチーフにした幕末ものは数多く撮られるのでしょうが、どの監督も意識せざるを得ない標準器といえる作品に本作はなったような気がします。本作をコロナの流行るこうした時期にリアルに鑑賞できたことはおそらくこの先強い記憶となって残っていくという印象を持ちました。

2021年

10月

11日

空白

本作を深まる秋の夜更けに、T-Joy東広島にて体験してきました。ここ最近「新聞記者」「ヤクザと家族」といった話題作、問題作を連発する映画会社スターサンズの新作であり、期待は否が応でも高まっての鑑賞となりました。

 

ひとりのおとなしく自己表現の苦手な内向的な少女のスーパーでのマニキュアの万引き。犯行を見つけた店長。思わず逃げた彼女。執念深く追いかけたその結果彼女の交通事故死。それまで娘に対する理解のなかった父親の憤慨。そこからさまざまな関係者への攻撃。崩れていく人々の運命。その過程で見えてくる真実。それを認識した父親の行動変容。何もかも失った果ての感動の和解。

 

上記の言葉を読んでなんのこっちゃいな・・という感想を持たれると思うのですが、上記の文章展開を映画という媒体にて、映像と音楽をつけて表現するとなんと饒舌な物語に変容するのだろうという感慨を受け、映画という表現手段の可能性の奥深さを思い知らされます。

 

特に古田新太さんの狂気に満ちた父親役は刮目するほど素晴らしく、現実にはあり得ないほど理不尽な存在なのに、実際こんな人いそう・・と思わざるを得ない説得力のある演技です。古田さんのこの迫真の演技を味わうだけでも映画館に足を運んだ甲斐ありの作品でした。

 

いろいろ語りましたが、本筋のテーマにとどまらず、狂気の父親や気弱な店長(松坂桃李くんが右往左往しながらいい味出てます)を取り巻く人々ら(若い店長のことを心配しひそかに愛している寺島しのぶさん演ずる中年女性店員さんも存在感抜群です)にも独特の陰影と深みが感じられてさすがの作品になっています。さまざまな人間のサガや闇を照らし出す作品を作り続けるスターサンズの今後の作品に期待です。

2021年

10月

04日

鳩の撃退法

本作を秋の深まりつつある夜に、ちょうど時間的にタイミングが一致したので、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

藤原竜也さん演じる、元直木賞作家の津田。彼はその栄誉に似合わず、地方都市・富山に住み、裏業界の運転手に勤しんでいる。そんな彼がひょんなことから1000万円を手にし、使ってみたら偽札だったことから、街の闇のドンと関わっていくという現実の話を虚構であるはずの自らの新作の小説の世界として描き、そのことに気づいた編集者が虚構と現実を行き来する物語に巻きこまれていくという複雑なストーリです。

 

藤原くんや豊川悦司さん、風間俊介といったなんでもござれという怪優たちが演ずる不思議な街での不思議な物語。こんな物語がいまも日本の各地で繰り広げられていると考えるだけで、こころが少しわくわくしてしまいました。

 

日常と非日常の間に潜む闇と光と人間のおかしさ。そんなものが上品にスクリーンに力むことなく淡々と密やかに表現されており、これははまる人には思い切りはまる作品という感じで、ちょうど「アヒルと鴨のコインロッカー」のような作品が好きな人には強くおすすめしたい本作でした。

 

わたしも日常に潜む世界に想像を巡らせながら、やさしい月の照らす秋の夜に滑り込むように帰宅の途に就きました。