【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

11月

05日

億男

本作を11月に入ったばかりの診察が終わった、寒くなりつつある月曜夜にT-Joy東広島に修行してきました。

 

本作は3年ほど前に本屋に山積みされていた本屋大賞受賞作を原作としています。わたしも読んだことはありませんが、本屋にはよく通っている性分なので、印象的な本の表紙をよく目にしており、どんな作品なのだろうという気持ちを持っての修行となりました。

 

借金まみれの男がひょんなことから3億円の宝くじに当たり、そこから親友がそのお金を持ち逃げしたことから物語は始まり、その後、右往左往の展開を経て、熱い友情が帰ってくるという展開ですが、本作の見どころはやはり、モロッコで主人公が学生時代に親友と旅をしながら、その後の人生に影響を与えるような体験をしていくという話を映像を通して、説得力豊かに描いているところではないでしょうか?

 

思い出せば、わたしも学生時代、親友らと東南アジアの楽園・バリ島などに訪れ、そこでしか味わえないような素晴らしくちょっぴり危険でスリルあるさまざまな体験をこれでもかというほど体験させてもらいました。これは今でもわたし自身の血となり肉のなっているようにも思えるほど深く思い出に残る体験でした。

 

残念ながらもうその当時の友人らとは、物理的にはお互いになにかと忙しくゆっくり会うことはもうありませんが、そうした貴重な、お互いにまだ何者でもなかった若いときにしか得られない体験をともにしたという思いは常にあり、距離や想いが現在離れていてお互いの気持ちを確かめることができなくても、いつも心の友という想いが存在しています。

 

本作は、そんな過去の素敵な思い出というのは「三つ子の魂百まで」のごとく、いつまでも継続していくんだよということを思い出させてくれた作品であったような気がします。そんな回想を久しぶりにしながら、ほんのりと温かい気持ちを胸に抱きながら、明るい秋月の下、帰路に着きました。

 

2018年

10月

22日

恋のしずく

本作を秋の深まりつつある夜長の夜更けに、地元東広島ロケの注目の映画として期待を持って鑑賞してきました。

 

わが街地元の作品だけにどんなところでロケをしたんだろうという気持ちもあり、映画を観ていても「ここはあそこだな」とか「ここをこういう風に撮っているんだ」といった感慨が先にたって、正直あまり冷静な鑑賞とはいえませんでした。

 

しかし映画のラストで、ワイン好きで日本酒が苦手だった主人公がさまざま体験を経て日本酒のことを見直したどころか、好きになり、心を通い合った人への想いを抱きながら、西条という地で得た素敵な体験をこころに抱きながら、そこを離れてくというシーンに直面するに至り、なにかじんわりとほんのりとした気持ちが自然に心にわいてきました。

 

いろいろな意見もあるでしょうが、わが街西条を舞台として、誰もがかつて経験したはずの普遍的な心の成長と人との絆とその喪失を描いており、鑑賞に値する十分な作品になっているという感慨をわたし自身は持ち、東広島市民だけではなく、全国の皆さんにぜひとも観てほしいな~という思いを抱きながらの帰路となりました。

 

P.S.地元の人なら自然に気づくとは思いますが、舞台であるはずの西条の酒蔵街については、その独特な見栄えのいい石畳の通りや空から見た酒造群の煙突の風景はあるものの、主人公の研修する古くからの酒造や、到着と旅立ちの舞台となる西条駅、素敵な瀬戸内の海が見える山々などは安芸津で撮影されています。しかし安芸津も東広島市内なわけであり、西条の映画というよりは、東広島市の映画と考えれば全く問題ないわけで、東広島を舞台とした素敵な映画だったと思います。

2018年

10月

12日

食べる女

本作をもう終映間近の週末にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

本作は食べるという業(なりわい)というフィルターを通して、それぞれの人生を生きている、自由で自立しながら、ちょっと孤独で温かい女たちの生活をオムニバス的に挿入しながら、男という隠し味を縦糸に紡いで徐々に集約していくささやかなコミュニティを穏やかな視点で描いていく佳作でした。

 

個人的にはこうした穏やかで温かい自由なコミュニティには昔から強くあこがれている自分がいます。

 

しかし本作はよく見ていれば気づくのですが、それぞれの女性たちは、小泉今日子演ずる主人公自身が作家であることをはじめとして、常に自分の才覚をもってこの世知辛い世の中という大河を上手に渡っています。

そうした日々の懸命な営みの向こうで、ときどき羽目を外したり、寄り添いあったりしているわけです。まるで優雅に泳ぐ白鳥の水面下で営まれる足のように。

 

こうした日々の切磋琢磨を通して、自由で自立したコミュニティというものはギリギリのところで成り立っていることを実感しながら、自分にしてもいつか古くからの仲間たちと穏やかで温かいコミュニティを形成しながら、こうした素敵な羽目の外し方をたまにはしていきたいと思ったりしました。そのためにもわたし自身、いま目の前にあるやるべき営みをまずはして、その景色の向こう側の方にこうした世界を垣間見られたら・・・なんて思いながら、秋のさわやかな夜風に吹かれながら帰路に着きました。

 

2018年

10月

07日

祭りのあとで

ずいぶん長くお待たせしました。ここ三か月は本ブログを自主休止しておりました。

 

西日本エリアでは平成30年7月6日夜から7月7日朝にかけて続いた豪雨によりわが街東広島も大きな災害を受けました。幸いにもわたしは15年乗った愛車を7月7日早朝にかけて一台犠牲にしただけですんだのですが、当クリニックに通院中である患者さまのなかにも自宅が土砂災害に見舞われた方もおられました。

 

そうしたなかでわたしの能天気なブログもとても綴り続けるような心境ではなくなり、この間は筆が進まない状態が続き、ブログも休止していました。わたしの駄文を楽しみにしておられた方には大変申し訳ありませんでした。

 

この間も当然のことながらこころの診療は継続されていたのは言うまでもありませんが、なにか日常の安定していたはずの世界が不安定になったような不思議な感覚にとらわれながらの日々が気づけば3か月続いていました。

 

しかしこの間にも日々は着々と積み重ねられ、日常生活にどうしても必要でもある、新たな自動車も粛々と決まり、2か月半ぶりに先日ついに納車されました。わたしにとっては医者になってから自身で購入する3代目の車です。前の2台と同様に3代目も10年以上は乗り続けることになるのでしょう。

 

くしくも本日10月6、7日は豪雨災害から3か月。そんな日に無事わが街の酒まつりは開かれました。また大型台風が近づいてくるという不運もはねのけ、元気に開催されました。わたしも懐かしい大塚愛がステージに参上することと人々の熱を感じたく、秋の風に誘われぶらぶら歩いてきました。わたしが訪れたのは10月7日日曜日だけだったのですが、会場は盛大な賑わいであり、3か月前の豪雨災害など本当にあったのかというような人々の酒気と盛り上がりでした。大塚愛さんが当日詰めかけた観客のために選んだ楽曲が愛や絆を強調するバラードばかりだったことがやはり災害後を漂わせていましたが・・・。

 

いずれにせよわが街も災害後3か月という節目の酒まつりを迎えて無事終えて、また新たな一歩を踏み出したような気がします。わたし自身もいつまでも日常診療の世界のみにひきこもっているわけにはいかないので、そろそろ本ブログも再開しようとおもいこの駄文をしたためている次第です。実はこの間も少しは映画館修行へも行っていたのですが、もうとっくに上映終了の作品ばかりなので、本ブログでの所感公開(実は書きかけたものもあったのですが)はお蔵入りです。

 

今後は想いも新たに、わたしの信条である、ゆったり・焦らず・誠実にを心に秘めながら、本ブログもゆうるりと綴っていこうと思っていますので、またときどきのぞいてやってください。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

2018年

6月

20日

万引き家族

本作を梅雨に入ったのに梅雨らしくないさわやかな初夏の夜にT-JOY東広島にて修行してきました。なんと5月に開かれたカンヌ映画祭において最高賞であるパルムドールを邦画としては21年振りに受賞するという快挙を達成しての封切であり、わたしもさっそく馳せ参じました。おかげで巨大スクリーンの1番シアターでこの不思議な家族の物語を堪能させてもらいました。

 

是枝裕和監督はここ数年、スクリーンを通してさまざまな家族の群像を描いて、「現代において家族とはいったいなんなのだろう?」というテーマを観るものに提起していますが、本作はその集大成のような出来になっていました。

 

いい映画というのは物語の流れをあまり言葉で説明しすぎず、登場人物のなにげない表情や映像そのもので表現するものですが、本作はまさにその真骨頂になっていました。

そうはいっても、ラストにかけて、なんと同じ屋根に住む家族がすべてアカの他人だったのには驚かされました。おばあちゃんと娘のなにか分かり合っている姿をみて、さすがに彼女らには軽い血縁関係ぐらいあるのだろうなという目で見ていたわたしもこの展開にはあぜんとしました。祥汰ぐらいはさすがに彼らの息子かと思っていたら、なんとラスト近くでは、赤ん坊のころにさらってきたことが明かされたことにもびっくりでした。要は同じ屋根の下で暮らす家族は全員赤の他人というわけだったのです。

 

こんなふうにこれでもかというぐらい意外でやや強引で操作的な物語展開ながらも、映画館で観ていると妙にリアリティがあり、引き込まれていくという映画のマジックがそこにはありました。今まで少し頭でっかちかな?と思っていた是枝監督が考えに考えてつくり上げた素晴らしい結晶のような映画が出来上がったのだと思いました。

 

まったくの他人どおしが実の家族以上に仲睦ましくささやかに暮らす姿はほほえましく温かみさえ覚えます。しかし経済的な基盤は家主である樹木希林演ずる老女のもらう年金(これももしかして詐欺?)と子どもらをも巻き込んだ日々の万引き。

 

倫理的には最低の登場人物たちのはずなのですが、妙に愛らしく親しみやすく表現されています。安藤サクラ演ずる信代の、まるで昭和のような貧乏な生活のなかで際立つ出で立ちと沸き立つ色気が劇中ではリアリティを高めるいい隠し味として効いています。余談ですが、本作を観て安藤サクラさんの演技に興味を持った方は彼女の初期の出演作「愛のむき出し」(園子音監督)を観てみるのをおススメします。安藤さんの持つ狂気と色気がもう10年以上も前にすでにそこにあるのを見つけるはずです。

 

本作の醍醐味はなんと言っても盛りだくさんなデジャブのような家族群像ではないでしょうか? 学校にも通わず強かながらもナイーブさも併せ持つ祥太の生き様は「誰も知らない」の姉弟たちのそれであり、樹木希林演ずる初枝のこころに宿る過去に対する怨念と諦念の入り混じったようなぶっきらぼうさは「歩いても歩いても」の老夫人の熟成であり、ビルの谷間の狭く小さな家という小さな空間での家族の濃密なやりとりは「海よりもまだ深く」の狭いアパートでの濃密な一夜の延長であり、ラストに近いところの治と祥太の別れは「そして父になる」のラストシーンを思い出させたり、万引きという犯罪の不条理と理不尽さ、空虚さは前作「三度目の殺人」で描かれた犯罪にも感じたそれであり、まさに是枝監督が今まで家族に関して積み上げてきたエッセンスをこれでもかというほど注入し、まさにいい意味でるつぼであり、印象的な家族情景のごった煮となり、これらが危ういところでバランスを保ちながら、是枝監督独特な小津監督ゆずりのスタイリッシュでありながら、陰影のある静かで穏やかな映像で表現され、まるで是枝家族鍋というがごとくのいい風味になっているわけで、まさに家族シリーズの集大成の作品(これからさらにすごい家族寓話が生まれるのかもしれませんか)であり、カンヌ受賞もさもありなんです。

 

さらにエンドロールにおいては、細野晴臣によるコミカルでやや不思議な不調和と調和を行ったり来たりする音楽が本作を雄弁に語っており、やはり「いい映画にはいい音楽が必須ですな~」という感慨を抱きながら、監督はつぎはどんな家族を描くのだろう?なんて考えながら、否応なく観るものにそれぞれの家族のことを考えされられる作品でした。

梅雨らしくないさわやかな風が漂いながら、平成30年という年を代表する歴史的作品に遭遇したんだなと感じる夜になりました。

 

P.S.そんなこんなで激賞の本作でしたが、個人的な是枝監督最高作はそれでもまだ「歩いても歩いても」であることは変わりませんでした。どうにも逃れられなかった家族の運命とどうにもならない現実への怨念と諦観が微妙なバランスの上に見事に表現されています。この作品でもカンヌをとれたのでは?と思うほどです。本作のようにいろいろ盛り込まれたリッチな作品ではありませんが、簡素ながらもこころをいつまでも揺さぶる作品であることは間違いないです。まだ未経験の方はぜひにです。