【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2022年

4月

20日

ドライブマイカー

遅まきながら、アカデミー賞外国作品ならびに脚本賞を受賞した本作をT-Joy東広島にて鑑賞してきました。さすがにもう一日一回上映となっており、いつ上映終了になるかわからない不安ななかでなんとか間に合いました。

 

以前のブログで書いたように、わたしは大の村上春樹好きであり、初期三部作の頃からもう30年以上もの間、発表された全作品を購入し読んでいる身であり、本作も映画館で見ないわけにはいかないという作品でありました。

 

何と言っても本作は3時間の長尺であり、仕事のある平日の鑑賞はなかなか難しく休日しか選択がないわけなのですが、休日もいろいろとやるべきことが入ったりしていたのです。本作を通して日々の生活のなかで3時間を確保することが意外に難しいことを痛感しました。

 

しかし観終わってまず思ったことは3時間があっという間でまったく長く感じなかったということです。しかもおそらく終映間近にもかかわらず、映画館には多くの観客が詰めかけ、平日の昼間というのに8割もの席が埋まっていたことにうれしい驚きにこころが包まれました。

 

さて作品ですが、何と言ってもまず最初の興味は、原作は「女のいない男たち」という短編連作集のなかのたった60ページ足らずの小品であり、それをどうやって3時間もある長尺の映画に拡大し表現できたのだろうかというものでしたが、上映が始まりすぐにその謎は解明されました。

 

本作は、連作集のなかにある「シェラザード」や「木野」からの引用、いやいやそれだけでなく、村上春樹作品全作からのオマージュに満ち溢れていました。つまり濱口監督は、村上ワールドを壊さない程度に自身の想像力の翼で物語を改変&脚色し、原作から近からず遠からずという具合に、脚本も大胆に創作したのだということが、映画前半のなかの、主人公の妻である家福音のベッドで空き巣する女子高生の話を物語るシーンからだけでもすぐに判明しました。

 

妻の浮気を知りながら知らぬふりをしそのこころの暗闇を最後まで知らされずに妻を喪った中年男の家福。母親からほぼ虐待と言えるような育てられ方のなかで、それ故に自動車の運転が巧みになり、事故をきっかけに故郷と母親を捨てて広島に流れてきた23歳のみさき。

 

ふたりの魂がSAAB900という北欧出身の乗り物をドライブするという行為を通して交流し、短くて長い時の旅を経て喪われたものに対する理解と共鳴を得ていきます。それだけで十分素晴らしい物語となっているのですが、一方の主人公のみさきはさらなる旅に出て行き着いた先は・・・という作品でした。原作はあくまでも家福が主人公なのですが、映画ではふたりが主人公(ラストを重くとらえると、みさきの魂の浄化と飛翔の物語?)と言えそうな作品でした。

 

本作はすべての村上作品がそうであるように、その世界を感じた人それぞれのこころのなかで万華鏡のごとく様々な光の波紋を描くように、印象的なセリフ、間、光、情景、音(劇中に気づくと流れているベートーベンのリリシズム溢れるピアノの音色は特に印象的でした)が散りばめてあり、それらが物語全体をゆっくりと重くテーマを暗示しながらこころの底層を流れる和音となっています。このことが音と映像で表現する映画である本作の一番の魅力だと思われました。

 

百者百通りの語り口が作れる本作ですが、最後の最期、主人公(みさき)がラストに行き着いた先は村上原作にはまったくなく、これは完全に濱口監督の創作であり、もっとも賛否が分かれるところだとは思います。

 

ここでないどこかを探し求めた結果、日本ではないもっと広く大きな大陸にたどり着いたと解釈してもいいし、劇中で触れた温かい魂を持つ人々の出身の地にたどり着いたという考えもあるし、家福との旅を通して心の中で再び迎合できた母親の故郷がもしやそこであり、母親の魂を追い求めた結果という考えもあってもいいし、観る者の裁量に任される部分だとは思います。

 

そんなこんなでいい映画は人のこころに共鳴し、人それぞれに異なるさまざまな素敵な響きを奏でるわけで、そういった点で本作は文句なしの傑作でありました。これまでの村上春樹原作の映画のなかでは最もその本質に近づいたと言っても過言ではないような気がします。もちろん現時点で・・・ですが。

 

あと広島県民として特筆すべきは、ほぼ50%はよく見慣れた広島の風景で撮影がなされたということです。わが街東広島市が誇る劇場「くらら」で劇中劇「ワーニャ伯父さん」のシーンは撮影され、学生時代の下宿(千田町)から1キロほどの南西にある広島市中区の「吉島のゴミ処理センター」とその海岸公園、500mほど北西の同じく中区にある平和公園の「広島国際会議場」、県民の浜での海水浴の際必ず渡る蒲刈の「安芸灘大橋」、その先にある大崎下島は御手洗地区の宿「閑月庵」、広島湾に浮かぶ流麗でネオンの夜景が美しい海田大橋やクレアラインなどの架橋群など挙げだしたらきりがないほどの広島盛りだくさんでこの点でも大満足と言えるものがありました。

 

村上春樹作品でよく表現される「死は常に生と隣り合わせであり、人と人は生きるための道具を使ってなんとか交わることはできるけれど、本当に理解しあうことは不可能であり、世界はそういった魂たちのやるせない哀しみに満ち溢れているのだ・・・。」本作のテーマはこの村上作品のテーマと同心円を描いており、なかなか大きいものがあり、これからもまたわたしの小さなこころをときどき占拠しそうな予感がもう今からしていますが、映画館で観れてよかったと思える作品になりました。

2022年

4月

08日

開院9周年を迎えて

本年4月8日、桜が咲き誇る季節に四季のこころクリニックは無事9周年を迎えました。東広島やその周辺の身近な方々にお役に立てれるようにとの想いと決意の下2年の準備を経て、9年前の平成25年に開院した当クリニックですが、この間本当にいろいろありましたが、おおむね幸せで順風満帆な航路を辿らせていただいたように思います。

 

当初想定していたように、さまざまなストレスが満ち溢れている社会のなかで、こころが疲弊した方々が思いのほか多いと感じた9年間でした。

 

そうした方々の話を詳細に聞かせてもらったうえで、もしこころの病であれば、医療的介入としての精神療法(ストレスに対する捉え方の工夫や対人関係上の思考法の補助や生活上のアドバイスなど)や必要最低限度の薬物療法を施行してきました。

 

一方で、こころの病ではなく、さまざまなストレスの結果の必然的な反応であれば、診察した上でこころの病ではない旨を説明し、安易な薬物療法などの無為無駄な医療的介入はあえてせず、生活上のアドバイスに留めてきました。

 

もちろんそうきれいさっぱりと両者の区別が判明しないケースも多く、そうした際はその旨をお伝えしたうえで、薬物療法や精神療法を試行し、効果があれば果報であり、残念ながら効果がないようなら、それ以上の無理無駄な漫然たる医療的介入を避けるよう努めてきました。

 

そうした日々の営みのなかで、ここ最近感じるのは、結構、気持ちの沈みや抑うつ感、不安感、焦燥感が顕著に出ていて一見うつ病に見える方でも、実は単なるストレス反応性のうつ状態(これは病でなく、誰もが冴えない事件が降りかかったときに起こるこころの必然的な反応)で、環境調整(会社がストレスであれば辞めてしまうのもそのひとつですが、そう簡単には辞めれないケースも多いです)やちょっとした対人関係の捉え方やものごとの考え方の方向性の転換などで、症状が霧消してしまうことがしばしばあることです。こうした方に安易に薬物療法を導入してしまうと、副作用ばかりで効果はひとつもなく、その結果、患者さん自身にも迷惑かけてしまうということになり、そうならないようにと初診の際は今も緊張と集中力を激しく要します。

 

要は、表面上は同じ症状が出ていても、こころや脳の病なのか、単なるストレス反応なのかを見極めることが常に重要であり、これが意外と難しく、わたしも日々の臨床のなかで、その見極めの精度を高めていくことを心掛けているのですが、その道は深くこれでもう完璧という手ごたえはなく、決まりきった公式というものもなく、五里霧中であり、今日も明日も日々真剣勝負が続きます。

 

人のこころは時代とともに遷り変り、時代は人を嘲笑うかのように、螺旋階段のように確実に進んでいくのですから、この人のこころを診療するということの追求や探求に終わりはなく、これからもこの営みは必須であり、こころの医者を続ける限り永遠に続くわけです。

 

しかしそうした人のこころを探求したかったからこそ、この道に進んだのであり、本望なことであり、上記の悪戦苦闘を経て少しは人のこころの仕組みや動きを理解し解明できたことも積み重なりつつあります。そうして積み重ねた糧をクリニックを訪れてくれる方々と共有し、こころを成長させながら、地域や社会に根差し、自己を確立しつつ、ともに進めたらこんな幸せなことはありません。

 

さらに優しく思いやりのあるスタッフ(開院時のスターティングスタッフ5人のうち4人が今もクリニックでともに働けているのは望外の慶びです)に囲まれて毎日この営みをしていけることは本当にありがたいことです。

 

徒然に10年目を迎える心境を綴ってみましたが、クリニック10年目、これからの道も初心を忘れず、親切に誠実に明るく診療していく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

 

P.S. いつも節目の時期に心遣いをしてくださっている友にもこの場を借りてお礼を言わせてください。離れていても魂の仲良しとして今後も歩いていきましょう。

 

 

2022年

3月

08日

ドリームプラン

先日、わが街の映画館T-Joy東広島にて本作を観てきました。

 

あのテニス界のタイガーウッズとも呼ばれる、ヴィーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹をテニス界におけるレジェンドに育て上げた父親である、リチャード・ウィリアムズ(ウィル・スミスが好演しています)の物語です。

 

テニスのまったくの素人であったリチャードが、娘らふたりにテニスの才能を感じ取った結果、仕事をなげうち、女王獲得まで周到で長大な計画(プラン)を練って、現実にふたりともテニス界の女王に君臨させていく物語です。

 

しかし本作は、姉妹が栄光をつかむところまで表現してくれると思いきや、物語としてはヴィーナスのプロ初戦を戦った時点で終了しており、初期の無名の成長時代を中心に描いています。なのでセリーナのプロでの活躍はまったくなしです。

 

これはあくまでもリチャードの物語というわけです。映画はそのリアルな映像と懐かしい当時の音楽を背景にしながら、リチャードの哲学を強く主張し続けます。それは「ものごとを極めたければ、心身両面での鍛錬が必須である」という哲学です。要は、スポーツだけ一生懸命ではだめで、勉学や心の鍛錬もしっかりやらなければだめだということです。現実に勉学を優先している余り、彼女らの強さを噂で聞いたテニス界からの強いプロデビュー要請を断り続け、ヴィーナスの初期は、公式試合にもほとんど出させなかったという方針は、実は本作で初めて知りました。

 

あれだけのパワーテニスで世界のテニス界を席巻したのですから、10代前半からは朝から晩までテニス漬けで鍛えてまくっていたのだろうと思っていたので、「本当に頂点を目指すには、肉体だけでなく、精神面も重要」ということをリチャードは実践し、それを徹底していたわけです。このエピソードで思い出したのは、わが日本が誇る故・野村克也監督です。彼も「野球を極めるには、肉体的な技術だけではなく、人間的成長がなければならない」と生前つねに語っていたことを思い出しました。

 

おそらくどんな世界においても超一流となるには、外面的な技術だけではなく、こころを中心にした内面世界の鍛錬が重要ということを本作には改めて教えられました。

 

なんだか当たり前のことなのかもしれませんが、世界のテニス界で大成功したウィリアムズ姉妹という事実を目の当たりにすると、説得力があり、自分に振り返ればまだまだの部分が多く、少し気が引き締まる作品になりました。

 

このように本作は、父親の頑固と賢明な方針の末にヴィーナスがやっとデビュー戦を戦ったというところで終了しています。テーマがテーマだけにそれもやむなしなのですが、それでも、姉妹がプロデビューしてからもおそらくさまざまなドラマがあったはずなので、本作は立志編として、続編で戦闘編、続々編で栄光編として、姉妹の成功への過程をまた観てみたいな~なんて思いながら、春が近づく火曜日の夜の闇のなか帰路に着きました。

 

2022年

2月

20日

スパイダーマン・ノー・ウェイ・ホーム

本作を少しずつ春の足音が聞こえてきた晴れの日の午後、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

実は昨年12月からなぜかT-Joy東広島の月曜メンズデイが廃止され、水曜日がメンズ&レディースデイと統一されました。その結果、水曜日が都合の悪いため、映画修行の機会が減っており、ブログ更新の頻度が落ちており、申し訳ありません。

 

さて本作ですが、スパイダーマンであるピーターパーカーがその正体を悪意のあるメディアによってさらされた結果、沸き起こる奇想天外なアクション活劇になっています。頼れる魔術師にお願いし、すべての人の記憶を消そうとした結果、時空が歪み、別次元からの悪の来訪者を引き寄せてしまい、別次元(パラレルワールド)からやって来たふたりのピーターパーカーと協力しあいながら、邪悪なるものたちを打ち倒すという痛快ストーリーです。

 

とにかく豪快でリアルな映像と音像が迫力満点で、ザ・マーベル印という作品になっています。

 

本作を観ていて今更ながらに気づいたことは、アメリカ人にとってのスパイダーマンとは我々日本人にとっての仮面ライダー(あちらはクモ、ライダーはバッタ)であるということです。本家のスパイダーマンはゆっくりとした変身シーンはなくずいぶんと印象が異なるのですが、実は1号ライダーも最初は変身シーンはほぼなく、1号ライダー藤岡弘の撮影中のバイク事故により、急遽登場した2号ライダーの役不足によって苦し紛れに演じられたものでした。しかしその苦肉のゆっくりとカッコつけた変身シーンが当時の子どもら(もちろんわたしも含みます)に大うけし、結果世代を大きく超える偉大な作品(1号ライダー当時は正直物語世界は暗く陰鬱で不気味でマイナーな世界観で、2号の大ヒットがなかったら、こんなに永く続くことはなかったでしょう)となったわけですから、世の中なにが好転するか一寸先は闇とはよく言ったものです。

 

そんな我々が誇る仮面ライダーが庵野秀明監督によって、もうすぐ「シン・仮面ライダー」として蘇ります。本作はその前哨戦として本家アメリカの変身スターの迫力ある活躍を堪能することができましたが、やはり何と言っても、来るべき「シン仮面ライダー」の公開が今から楽しみです。まあその前にまず「シン・ウルトラマン」が控えていますので、そのころにはもうコロナ騒ぎなど遠い昔という気分で楽しい映画世界を堪能したいものです。

2022年

2月

01日

呪術廻戦 0

本作を雪が津々と降りつもる冬の寒い夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

話題の大ヒット原作漫画の劇場版です。といっても物語全体からすると前日譚となりますので、物語をまったく読んでいなくても観れますし、これから観始める最初のスタートコンテンツとしても活用できるよう設定されていますので、気楽にわたしも出かけてきました。

 

本作は、呪術や怨霊の戦いを縦軸としながら、横軸には学生時代の級友との深い友情の要素あり、幼き日の記憶、それに続く恋愛、愛情、果たそうとする約束の要素あり・・の痛快アニメ活劇となっていました。しかし同じ少年ジャンプから発生した「鬼滅の刃 無限列車編」にて横軸として表現された、正義の追求、自己犠牲の精神、世代の継承、親子の愛と契りとその実行・・・のような誰の胸にもグッとくる普遍性ほどには昇華されておらず、世代を超えてまでのメガヒットとまではいかないのかなとも思いましたが、それも呪術廻戦らしくていいのかもしれません。

 

また個人的には、本作の主人公と言える、内気で葛藤の強い優しい乙骨くんは性格も声も、まさにエヴァンゲリオンの主人公しんじそのものであり、エヴァンゲリストであるわたしとしては、そのニッチな部分に強く惹きつけられるものがありました。

 

実は正直に告白すると、漫画のほうは一応新刊が出るたびにチェックしているものの、どうも内容的に難解で、なんとか読んでいるものの理解に消化不良を起こしているような状態なので、本作鑑賞にも不安を感じながらの修行になったのですが、カラフルな色彩、登場人物のダイナミックなスピード感のある動き、劇場いっぱいに炸裂する迫力満点の効果音の助けもあり、かなりわかりやすく消化咀嚼できました。

 

残念ながら、アニメ版は経験していないのですが、本作を観て、漫画原作というコンテンツのみにこだわらず、アニメ版も経験することによって、原作の消化不良は解消することがわかったような気がします。

 

しかし、公私ともに勉強するべきこともいまだ多く、読破したい多くの本を常時抱えるわが身にとって、いまはまだアニメにまで手を広げるひまはなく、しばらくは原作のみとのお付き合いが続くことになりそうです。