【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019年

3月

05日

ファースト・マン

本作を公開間もなくT-Joy東広島にて鑑賞してきました。あの傑作「セッション」「ラ・ラ・ランド」を世に送り出したデイミアン・チャゼル監督待望の新作です。

 

ファースト・マンとは、人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロング宇宙飛行士を指します。彼自身、かわいい幼子を病で喪う心的外傷体験を皮切りに様々な苦難や仲間との別れ、出会いを繰り返しながら、人類史上初の偉業の達成までを、事実に即してどちらかというと淡々と抑制的に描いています。

 

監督の前作までの作品はどちらかというとファンタジーで快活で夢のある物語であったのが、今作では実際にあったリアルであり、解説などによると当時のNASAのリアルな雰囲気(訓練場やロケットのコックピットなど)を映像にして再現しているのが圧巻であるという事前の情報を持っての鑑賞になりましたが、どうしてどうしてまだパソコンもなく携帯もない時代のコックピットの動くと音がするようなアナログなメーターなどリアルすぎて、よくこれで月に行けたな~という感慨とともに、アームストロングのパイロット仲間が次々と実験中の事故で亡くなっていき、その妻らが未亡人になっていく現実もしっかり織り込まれており、リアルな宇宙への道は平坦でなく、単純な夢物語などではなかったということがシビアに表現されており、主人公を演じたライアン・ゴズリングの前作とは異なる抑制的な演技も現実は甘くないということを如実に表現して、これはこれで悪くないと感じました。

 

実は鑑賞前は、爽快で明るい意気揚々な鑑賞後を期待しての本作でしたが、予想に反してちょっぴりしんみりしたものになりましたが、映画の出来は素晴らしく、人類の偉大な足跡をリアルに表現した作品で観てよかったと思いながら帰路につきました。

 

P.S. かつてトンデモ説ですが、本当はアメリカは月面着陸を実現しておらず、あの月面着陸も、ソビエト連邦に宇宙開発競争に後れをとり焦っていたアメリカが自国の広告代理店に秘密裡に依頼して仕掛けた壮大なスタジオ制作(空気のない月面上で地面に突き刺したアメリカ国旗が風にたなびいている・・などの疑念が指摘されたりしました)ではないか?という意見がありました。わたしもそれを読んで、当時のアメリカならやるかも・・なんて思ったりしていたこともありましたが、本作を観て「やはり人類は本当に月に立ったのだ」という想いを新たにしたりしましたよ(笑)。

2019年

2月

27日

七つの会議

本作を封切間もなく、T-Joy東広島の大スクリーン、1番シアターで観てきました。

 

原作はもちろん、あの「半沢直樹」のスタッフが再結集して作ったという物語です。配役も非常にかぶっていますが、もともと実力のある俳優ばかりだけに、物語内容ともども十分満足のいくできばえでした。

 

出世したいがための欲望からの不正行為がさまざまな罪と悲劇をもたらす物語構成となっていますが、これもラストには気持ち良い勧善懲悪のカタルシスに至るわけなので、すっきりとはするのですが、よく見ると本当の黒幕はまだしっかりとのさばっており、今後も権力をふるい続けることが示唆されており、この点でも半沢直樹的な結末になっており、物語に十分なリアリティを与えるのに一役買っておりました。

 

本作の一番の見どころは、ひょうひょうとしながら、不正を拒否する正義漢でありながら、ときに「イヒヒヒ・・」と気味悪く笑う不思議な人格を演ずる主演の野村萬歳の演技力ではないでしょうか?いつものことながら彼独特の狂気を感じさせ、面目躍如のさすがの怪演ぶりでした。

 

実は本作を観ていて、よく似ている友人がいて、思わず彼に感情移入して観ている自分がいたりして、最近は互いにずいぶん御無沙汰している彼は元気でやっているのかな~なんて思い出したりしていましたよ。

 

2019年

2月

14日

十二人の死にたい子どもたち

本作を2月に入った月曜日の夜にT-Joy東広島にて上映時間がぴったり合ったので修行してきました。

 

死にたいと思っている12人の子どもたちが、廃屋になった病院にネットの掲示板を通じて集まり、いないはずの13人目の座敷童の死体?が登場した結果、それぞれが持つ葛藤や死体の謎の解明を通して、最後には再び生きることの意味を見出し、彼らの生きる日常に戻るべく廃屋の病院を旅立っていくまでのミステリー仕立ての物語です。

 

いかんせん難しかったのは、たかだか2時間のなかで、12人もの子どもたちが死にたいと思い詰めるほどの個々の内面の物語を表現するのにはかなり無理があったように感じてしまいました。

おそらく本作の原作小説のなかでは彼らの内面がもっと深く掘り下げられ、最後に至る展開ももっと自然なものになっているのかな~と想像しつつ、エンドマークを迎えました。

 

しかし、若者たちの変則サバイバルものとして観ればまずまず楽しめるとも言え、よくも悪くも好みの分かれる作品でしたが、観ている最中はどういう結末になるのだろう?とドキドキしたことは確かであり、こういうのもたまにはいいかなと思いながら、闇夜のなか帰路につきました。

 

2019年

2月

05日

家へ帰ろう

本作を「マイ・ジェネレーション」とはしごで、サロンシネマにて鑑賞してきました。

 

かつて18歳のときにユダヤ人としてナチスから追われ、命からがら故国ポーランドからアルゼンチンに亡命した男性が、老いて仕事も引退し、子どもや孫らに財産を相続した途端、老人ホームにいれられそうになったことに憤慨し、70年ぶりに旧友を訪ねるため、故国へ戻ったという実話を基にしたロードムービーです。

 

苦難続きの人生ながら、洋服職人として成功した主人公が思い切って故郷へ帰る道中で世代を超えた人々の助けを得ながら、ついにかつて自分が住んでいた家にたどりつき、待っていたものは・・・というどこかで観たことのある、鉄板のこころ温まる物語なのですが、主人公のちゃめっけさや頑固さがいい隠し味となり、悲しいだけに終わらない、ちょっとだけ愉快な旅物語となっています。

 

故郷を捨てて異国で人生の終わり近くまで頑張った男の意地と誇りが画面の至るところにこぼれているような作品であり、わたしがもう少し年を経ればもっと感動するのでは・・?なんて思いながら、映画館をあとにしました。

 

余談ですが、こうした欧州を舞台にした物語を見て、いつも我が国と違うな~と思うのは、70年も前なのに、街並みやかつての家がそのまま存在し、現役の住居として普通に使われているということです。

どちらがいいということもないのでしょうが、古いものに改善を加えながら大事に使っていくという文化、我が国のように穢れを嫌い数年で新たなものに更新していく文化が世界にはあります。我々はグローバル化という名の下に、それらの文化や価値観を無理に統一しようとなどせず、違いを認めながら、共存していきたいものだと思ったりしましたよ。

 

2019年

2月

01日

マイ・ジェネレーション 

本作を1月の終わり、束の間の休日に広島市内のサロンシネマにて鑑賞してきました。

 

1960年代のロンドンを中心にし、爆発するがごとくに当時革新的な若者文化を形成していったスウィンギン・ロンドンをドキュメンタリー風に当時の映像と当事者たちのインタビューを交えて再構成し、描写した作品です。わたしも当然この時代発祥のビートルズに小学生時分からがつんと衝撃を受け、その後の人生にも影響を与えてもらったことは間違いなく、そんな素晴らしくきらめいた時代の映像的遺産として、楽しく堪能させてもらいました。

 

タイトルはTHE WHOの楽曲からとられているのですが、最初の挿入歌はやはりキンクスであり、この時代のロンドンの雰囲気をもっとも伝えるのはキンクスの楽曲群であると日頃から思っているわたしとしてはにんまりと笑みがこぼれる冒頭を皮切りに、徐々にその色彩豊かで弾けるようなポップな文化が60年代終焉に近づくにつれて、LSDや大麻などのドラッグの渦とともに急速に収束していく様を実際の映像と当事者たちのコメントを通して活写されてしました。今は大御所や伝説になってしまった、ポールやジョン、ロジャーやミックらが若く生意気盛りの表情で当時の文化にコメントしているのもほほえましかったです。

 

しかし、わたしのような偏狂的にこの時代が好きな人間には十分満足できる作品でしたが、すべての人におすすめという作品ではありませんでした。

 

それでも本作の美点はやはり60年代が生んだ、魅力に満ち溢れたキャラクターたちが実際の映像と音声を通して銀幕のなかで立ち振る舞い、語り、歌い踊っている姿が映画として掘り起こされ、映画館の一観客として大きな画面と音声を浴びながら追体験できたことだと思います。

 

ところで実のところ、素晴らしき60年代にはまだまだ眠っている映像作品が宝の山のようにあります。たとえば、ビートルズの傑作伝記作品「Complete Beatles」やディランの「Eat The Document」、あの誰もが知る有名な「Let It Be」でさえも映像的にはお蔵入りになっている状況なのです。本作を観て、そうした埋もれてしまっている作品を映画館の大画面という銀幕で追体験したいと思ってしまったのはわたしだけでしょうか? かなわぬ夢かもしれませんが、そうした20世紀の宝石のような映像作品をいつか映画館という大きな箱で体験してみたい・・・そんなことを夢想してしまった作品でした。