【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2020年

11月

25日

鬼滅の刃

本作をT-Joy東広島1番シアターにて鑑賞してきました。人気漫画でもあり、ネットフリックスやアマゾンプライム・ビデオの配信もあり、大人気のアニメの続編です。

 

びっくりしたのは、その盛況ぶりです。柄にも合わずいつもの平日の夜ではなく日曜日に映画館に行ってしまったのも失敗でしたが、満員御礼のあまり10年ぶり以上に一番前列の席での鑑賞となりました。

 

映画自体の内容はほぼ完璧な出来前で、煉獄さんの男前さと勇気、明るさが大画面に色鮮やかに炸裂していました。本作の大ヒットについては、漫画自体も素晴らしいですが、本作の成功の最大要因は「アニプレックス」によるきめ細やかでいて大胆な色使いのアニメ映像化なのではないでしょうか?本当にうっとりするぐらいきれいでした。

 

そして内容的にも、快活で非の打ち所がない煉獄さんのキャラクターが出色です。その志と能力の高さゆえに、鬼にまで評価され永遠の命をえさに鬼にまで誘われながら、幼き頃の母親との約束を忘れずに鬼と戦い抜き潔く殉死していくその魂。

 

それはまるでディズニーのライオンキングでも感じた親子の絆の尊さの大正時代版であり、老若男女から拍手喝采を受けるのも納得です。いやはやまいりました。

 

できたら今度は10列以降の席からもう一度修行しようと思わせる作品でした。

 

2020年

11月

16日

青くて痛くて脆い

本作を秋の押し迫った夜長にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

タイトルが印象的な本作はあの「君の膵臓を食べたい」の住野よるさんの原作です。まったく前情報なしの鑑賞となりましたが、文句なしに楽しめる内容でした。

 

人とのコミュニケーションが苦手で人を避けてきた楓と、場の空気が読めず思ったままを行動に移す秋好が大学のキャンパスで偶然?出会ったことから物語は始まります。

 

「世界を変える」というモチーフを抱え、サークル「モアイ」を立ち上げるふたり。サークルが思惑以上に大きく拡大していくなかで、大義も風になびき、恋愛など個人的感情も複雑に絡み、徐々に流されていくふたり。そのなかで決定的に訪れる別れ。その過程で決定的に喪われた秋好。その秋好を取り戻すべく柄にもなく自発的に動き出す楓。彼自身の革命が始まる。そして訪れる意外な結末・・・。

 

大学時代は誰もが「世界を変えたい」というか「何かを変えたい」という想いを胸に抱きながらキャンパスライフを送る時期があるのではないでしょうか?わたしにもそんな時期があったような気がしますが、時は残酷に流れ去り、いまやしがない中年の町医者がひとりです(笑)。

 

そんな覚えがあるからかどうかはわかりませんが、本作はこころのどこかを激しくノックするものがあり、まるでかつての活動的だった魂をマッサージされたような気分で帰路に着きました。誰にでもおすすめはしませんが、個人的にはこころに深く突き刺さる一作でした。

2020年

11月

02日

ミッドナイトスワン

本作を秋の夜長にT-Joy東広島にて修行してきました。トランジェンダーを下敷きに、男女という枠を越えた愛の交流の物語です。

 

物語は故郷広島を離れてから自分の女性性に気づき、女性として東京で生きる凪沙の波乱万丈の生きざまです。

 

そんな彼(彼女?)が、実家のある東広島市(なんとわが街です)から姪っ子を預かることになり、物語が動いていきます。

 

ふたりとも周囲から浮いており、世間になじむこともできない孤独な魂を抱えています。

 

そんなふたりが冷酷な社会のなかでぎりぎりサバイバルしていながら、姪っ子のなかに潜む才能の光が徐々に顕れてきます。

 

それに気づいた彼が人生をかけて選択する行為・・・。これには賛否両論があることだと思います。わたしも正直なぜにそこまで・・?と思いながら、そうした選択をせざるを得ないほど、彼らは切実に懸命に真剣に生きてきたのだ・・・と理解しました。

 

ふたつの魂の交流を活写する本作。うーんとうなりながら堪能させてもらいました。

 

おそらく本作は、時を越えて永く評価されていく作品になっていくのだと思います。今夜は名作を鑑賞させてもらった夜となりました。

 

2020年

10月

20日

ミッドウェイ

本作をまだまだ続く秋の夜長にT-Joy東広島の一番シアターにて観てきました。太平洋戦争の分岐点となったミッドウェイ海戦を描く超大作です。

 

ミッドウェイ。以前映画「山本五十六」でも書いたと記憶していますが、歴史好きの日本人としては何とも重苦しい響きを持つ言葉であり、文字通り我が国の命運を分けた戦いの場所です。

 

また世界史的にも、世界一広い太平洋という海洋のなかの米粒のような小さな島をめぐって両国が命運をかけて一点で激突したという稀有な海戦であったような気がします。

 

本作はアメリカ側からの視点がもちろん中心ですが、日本側の内面もまずまず書かれています。

 

山本五十六の賢明すぎるゆえの諦観漂う戦略、南雲忠一の自国への誇りゆえに敵国を甘く見過ぎた油断、山口多聞の鋭利でありながら生かされなかった戦術眼なども軽くですが表現されています。

 

しかし何より本作の素晴らしさは、この複雑で深遠なる海戦を映像と音響を通してしっかりと迫力十分に表現していることではないでしょうか?

 

これまでミッドウェイや真珠湾を描いた映画を数々観てきましたが、これに関しては最高傑作であること間違いなしです。T-Joyの1番シアターにての鑑賞でわたしもすっかり圧倒されました。

 

いつもミッドウェイ海戦のことを考えると、世界一の技術を持ちながら、空母から飛び立つこともできずに海に散った数多くの優秀な零戦パイロットや艦とともに敢えて沈んだ山口多聞らのことを感傷的に考えてしまうわたしですが、本作により戦争の多面性、複雑さ、迫力と残酷さ、悲しさを今さらながらに思い出させてもらいました。

 

歴史的にこうした戦いを経験した子孫である我々は、未来永劫にこうした戦いを選択しなくてもいいように日頃から生きていきたいものです。

 

2020年

10月

10日

映像研には手を出すな!

本作を例によって月曜の真夜中にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。まずタイトルが懐かしい響きです。最近は「カメラを止めるな!」でも採用されましたが、こうした!の命令口調タイトルを聞いただけで、その命令に至るまでにどんな経過や内容があるのだろう?なんて想像してしまいます。かつて60年代末に制作されたニューシネマの邦題も「明日に向かって撃て!」とか「俺たちに明日はない!」とか!マーク入りで、はたまたどんな物語が待っているのだろうと思ったものです。

 

さて本作ですが、とても夢のある作品でした。想像力旺盛で、現実を大きく凌駕するアニメーション制作に命を懸ける?浅草みどり。一方では見知らぬ人との会話などになると、どうしていいかわからず卒倒してしまうほどの人見知り。まるでアスペルガー傾向の発達障害的女の子。こんな彼女が高校の部活を舞台に、共感できる友人を得ながら、学校での一番の権力機構・生徒会執行部の妨害を受けながら、自らの感性を爆発させ、親友らとこれまでの常識を覆すアニメーションを制作していく。高校生の物語なのですが、わたしはまるで小学校のときに過ごした夢いっぱいのハチャメチャで二度と戻れない輝いていた時間を懐かしく思い出しました。

 

本作はもともと漫画が原作で、アニメが先に制作され、待望の実写化ということですが、原作を読んでいたらまた印象が変わるのでは・・?いつか読んでみよう・・と思いながら、帰宅の途に就きました。