【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2022年

9月

01日

キングダム2 遥かなる大地へ

本作を夏の終わりを感じさせる涼しい昼下がりに、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。あの壮大な歴史絵巻キングダムの実写第二弾です。

 

今回は魏との蛇甘平原での戦いのなかで、成長していく信を描いています。何と言っても実写映画の醍醐味として第一に挙げられるのは、漫画(わたしはまだアニメは残念ながら観ていません)でイメージしていた戦場やお城の風景が実写で観れるわけで、なるほど実際の雰囲気としてこんな感じになるのかと感心しきりでした。これらの映像は、漫画を読むときにも適度なフィードバックとなり、さらに原作を再読するときの楽しみとなります。なのでこの先映画もしっかりフォローしていくことになりそうです。

 

実写映画においては、原作の登場人物を誰が演じて実写ならではのリアルな画像を通してキングダム世界を堪能させてくれるかが重要なのですが、どのキャラクターも最初は違和感を感じても観ているうちにだんだん慣れてくるという感じで、実写版もすっかり楽しませてもらいました。

 

例えば王騎などは最初小柄過ぎて違和感あったのですが、すっかり慣れて違和感なく楽しめていますし、今回のひょう公としての豊川悦司はあのごついイメージにひょう公とは、大丈夫かな~と思っていたのですが、スクリーンを通してみれば、意外ながら結構似合ってました。それでも呂不韋としての佐藤浩市は、始皇帝の父親かもしれない存在であり、大柄で身も心もビッグマンという印象の割には小柄過ぎの感があり、今作ではまだ違和感ありますが、だんだん慣れていくと思います。

 

それにしても、原作は現在60巻を数えており、今回の第2作でやっと原作の10巻近くというところであり、このペースの映画化で原作を追っていくと、「キングダム12」となりそうです。それどころか、原作自体が秦による中華統一まで今までどおり丁寧に詳細に描かれるとしたら、軽く100巻越えになるはずで、映画にすると「キングダム20」ぐらいは軽くいきそうです。かつて映画の続き物で20作品以上も続く作品があったでしょうか?このままいけば途方もない長い道になりそうですが、ぜひそれを達成してほしいものです。

 

そのためにもとくに原作の原泰久先生におかれましてはしっかり健康に留意して「キングダム」の世界をこのまま詳細にエンタテインメントを交えながら描ききってほしいものです。

 

もちろんわたしもしっかりついていく所存ですが、よく考えてみれば他にもいろいろフォローすべき世界が、漫画にも小説にも音楽にも映画にもスポーツにも、もちろん医学の世界にも大量にありすぎて「実は時間に猶予はない」ことを本作の雄大さと悠久の時を描いた世界を通してあらためて痛感せざるを得ず、日々精進していく決意を新たにさせてもらいました。

 原作においても映画においても大作の「キングダム」ですが、この先の壮大なる展開を楽しみにわたしも日々の営みに誠心誠意励んでいく所存です。

 

 

2022年

8月

14日

ジュラシック・ワールド新たなる支配者

本作を夏の暑い日の昼下がりにT-Joy東広島にて鑑賞してきました。いつも映画はひとりで観ることが多いのですが、人気作品でもあり珍しく複数で、しかも日曜日の鑑賞となったことで、字幕版も吹き替え版も満員御礼のため、比較的空いていた3D版での修行となりました。

 

ジュラシックパークからワールドへと続く大きな流れの最期の作品ということで、否が応でも期待に胸を膨らませての鑑賞です。

 

あっという間に楽しい時間は過ぎ去りました。映画としては、ラプトル、チラノザウルスなど強く素早い恐竜が画面いっぱいにスピード感満点の大活躍で人間をまったく凌駕する活躍で、襲われる人間の恐怖や不安は途方もなく恐竜アクション映画としては文句なしの作品となっていました。

 

しかし一方で、最終回としての物語自体としては、これで終わりで本当にいいのだろうか?・・・なんて思ったりもしました。確かにジュラシックパークおよびワールドの両作品を越えて迎合を果たしたレジェンド登場人物たちが互いに協力して、恐竜を利用して世界の支配をたくらむ悪の組織「バイオシン」を倒し首領を殺し、恐竜を開放するという勧善懲悪作品となっていましたが、それはそれで恐竜を悪用する秘密組織の本部のなかで、巡り合ったレジェンドたちが七転八倒してなんとかその襲撃をかわし、悪の首領を倒し、ついに恐竜を開放するというのもありなのかもしれません。

 

それでもおそらく多くのジュラシック世界のファンや観客の方々は、「現代に甦った恐竜とエンタテインメントのために神の領域に手を出てしまった人間が本当にこの地球で恐竜と共生できるのだろうか?」という壮大なテーマの終焉を観に行ったのではないか・・・?と思ったりするのです。

 

そのためには悪の組織は要りませんし、世界を混沌に陥れる大型バッタ繁殖作戦なども無用であり、例えば、なんの落ち度もない無辜の市民の住むロサンゼルスやニューヨーク辺り、つまりアメリカを代表する都市に恐竜たちが侵攻し、彼らの残虐で血も涙もない無制限の大暴れにより崩壊していく人間世界を描き出し、それでも犯した罪の大きさに悩み、圧倒的な恐怖や恐竜が迫りくる不安に襲われながら、大災害に抗い続ける人間たちの知恵や立ち上がった市民たちの活躍を得て格闘奮戦しながら、その末に訪れる黙示録的世界・・・。 神の領域、いわばバベルの塔建築に手を出した人間たちに降りる鉄槌、それに抗う弱く愚かな人間たちのレジスタンス・・・なーんていう、恐竜との対峙をフィルターにて人間の業を表現するなよう壮大かつ哲学的な物語を観たかったのはわたしだけでしょうか?

 

もちろん上記は個人的妄想に近い期待であり、ほんの期待の欠片の一片であり、本作を体験した観客のみなさんにはおそらく百科百様の期待やイメージがあり、本作にはそんな期待に応える素晴らしい材料が有り余るほど満ちていたのにそれらをほとんど使わずに終幕を迎えたようにわたしには思われてしまい少し残念感が残ってしまいました。

 

加えて、チラノザウルスやラプトルをはじめとした攻撃的恐竜も魅力なのですが、ジュラシックパーク時代に観られた水辺に遊ぶプラキオザウルスやブロントザウルスのような巨大ながら気の優しい草食恐竜がほとんど見られなくなったのも少し残念でした。

 

まあそうは言っても、本作は恐竜が甦ったらという夢のような発想を基に恐竜が現代に大活躍する世界を精緻かつ迫力満点の素晴らしい映像で我々に示し続けてくれた本作は偉大であり、この間、全世界の子どもたちはもちろん、かつて子どもであった大人たちにも多くの夢とイメージを見せ続けてくれたことは間違いなく、やはり感謝の気持ちしかありません。

 

難しいことでしょうが、せめて泣きのもう一作の追加制作により、気持ちがストンと落ちる最終回を観てみたいものですが、こうしていろいろと思いを巡らし夢想できてしまうこと自体が偉大な作品の証しなわけであり、素晴らしい時間と夢を与えてもらった作品となりました。

2022年

7月

14日

トップガン マーヴェリック

本作を遅ればせながら、もう夏が訪れる季節になり、ようやくT-Joy東広島にて体験してきました。前作からはや35年がたち、主演のトムクルーズも同じ年をとっているはずであり、前作のような華麗なスカイアクションができるかどうかが注目の本作になりました。

 

前作「トップガン」については言うまでもないかもしれませんが、未鑑賞の若い方のためにあえて綴ると、まだソ連とアメリカとの冷戦時代のさなか、アメリカ海軍のエリート飛行隊をモデルにした作品でした。

 

 迫力ある飛行影像、壮麗でロックな劇中歌、アメリカを背負うエリートの矜持、劇的で切ない恋、かけがえのない友人の死・・・等々80年代にアメリカができる戦闘エンタテインメントのエッセンスをすべて詰め込んだような作品であり、映画とともに音楽も大ヒットし、全世界で社会現象にもなった作品であり、もしやソビエト連邦の崩壊を早めたのではないか?・・と妄想さえしてしまう伝説の名作であり、その続編となると、こけるわけにはいかないので、トムクルーズ自身が映画続編の権利を買い取り、満を持して制作に入ったといういわくつきの作品です。

 

また個人的には小学高学年から中学時代にかけてジェット戦闘機のプラモデル制作にはまった経験があり、プラ塗装のために狭い部屋にてラッカーやシンナー塗れになり、アメリカ空軍のファントム艦載機、スカイホーク、F14、F15、F16、英国の誇る垂直離着陸機ホーカー・シドレーハリアー(この機体はとくに個人的愛着がありました)、ソ連のミグ25なども制作していたのです。当時子供心にも戦闘機の空を滑空するための無駄のない形状、それゆえの比類のない美しさに魅せられていたものでした。

 

もちろん戦闘機は戦争に使われることも多々あり、今となっては不謹慎の誹りを免れないのですが、当時の子供心としては戦争に対する反発もさることながら、機体そのものの造形の美しさへの興味と憧れが上回っていたような気がします。

前作はそれらがまさに現役の時代であり、画面いっぱいに大活躍するのですからわくわくドキドキの作品であり、今回の続編は少しそんな過去のイノセントな少年時代の郷愁を誘うものもあります。

 

続編の本作はもうソ連はないものの、いまだロシアをはじめとした戦争により領土を広げようとする国は存在しており、コロナ禍で2020年に完成していたものの、2年待ったらしいですが、その間、ロシアによるウクライナ侵攻が現実のものとなり、ある意味絶妙のタイミングでの公開となりました。

 

この続編は、トム自ら企画しただけあって、映像は前作より進化しており、実際の飛行シーンは大迫力でした。音楽については前作の主題歌が素晴らしかったので、今回はそれには届かないものの、作品全体に寄り添い、いい感じでムードを盛り上げていました。物語としても、前作の続編という形で、喪った親友の息子との交流が印象的です。最初は敵対と反目から激しい訓練や困難なミッションを通して理解と信頼へ拡がっていく様がドラマティックに表現されていました。

 

そして主人公のマーベリックのお約束の恋もつまみに添えて、物語は順調に終局に向かい現代の飛行機乗り達のミッションはとりあえず一段落に向かいます。

 

やや気になったのは、今作の劇中の飛行機は最新鋭のものでなく、あえて旧式のF18(いろいろ事情があり、最新鋭機での撮影は難しかったとのことですが)でした。しかしあえて旧式の戦闘機で、敵の最新鋭機を倒すというのもヒーロー物語としては十分にはまっており、結果オーライとも考えられました。 

 

それでも前作の主力機F14トムキャットは大きな可変翼を持つ人を包み込むような大きくて優美な機体であり、それが物語をさらに美しくかたどっていた記憶もあります。その点、F18ホーネットはもちろん悪くはないのですが、F14よりはやや小型でありお世辞にも優美とは言い難い機体であり、飛行機好きには評価が分かれるところではあります。(ちなみに同時代のF15Aイーグルも抜群の美しさでしたね)

 

もし気になる方は前作での飛行シーンを鑑賞して機種の違いを味わってみることをおすすめします。

 

映画のラスト、お約束のラストシーン、夕陽を浴びてのバイクでのノーヘル・恋人を乗せたタンデム走行は前作同様格別にいかしており、かつてバイク乗りであったわたしも一度はしたいもののいまだ実現していないシチュエーションであり、惚れ惚れします。

 

結局、飛行機の恰好良さはやや衰えたものの、トムクルーズの格好良さは35年の時を経ても衰えることなく永遠なのだということを再認識しての帰路となりました。いずれにせよ素晴らしいエンタテインメント作品でした。そして現実には世界ではまだ戦争をしている地域があり、我が国だって隣の半島や南の島の問題をきっかけにいつ戦禍に巻き込まれるかわかったものではありません。そんな切ない微妙な時代をわたしたちはなんとか不安を抱きながら生き抜いているのですが、いつの日にか「国と国が戦っていた愚かな時代があったんだよ」などと笑って話せる時代がいつの日か来ることを祈願して筆を置こうと思います。

2022年

6月

10日

シン・ウルトラマン

梅雨が近づきつつある夜の帳のなか、本作をわが街の映画館T-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

ただし今回のブログはシン・エヴァンゲリオンの回と同様狭く深い話になってしまっており、ウルトラマンを当時のテレビ放映で経験していない方にとっては、まったく何のことを話しているのだろう?という内容になっており、スルーしてやってください。いずれにせよ幼い頃にウルトラマンや仮面ライダーといったヒーロー物語の洗礼を受けた世代のひとりの戯れ言です。

 

言わずと知れた庵野秀明監督プロデュース(本作では監督はしていません)による、シン・ゴジラ、シン・エヴァンゲリオンに続く「シン」シリーズ3作目。シン・ゴジラでは、ゴジラが主役であるものの、それに対抗する自衛隊や政府のシステムを独特の音響を交えながら、科学的考証を基にかなりリアルに活写されており、観ていて「そう来たか~」としびれるほどの作品になっていました。さらに庵野監督自身、漫画「アオイホノオ」(庵野監督の大阪芸大時代に同級生だった漫画家島本和彦さんが当時をリアルに振り返る青春漫画グラフィティ)によると、リアルタイムでかなりのウルトラマンフリークであり、大学時代の自作フィルムでも自らウルトラマン役を演じていたというエピソードも載っていることから、かなりのマニアであることは容易に推測ができ、本作にも自然に期待のボルテージが上がっての修行と相成りました。

 

無事観終わってこの文章を綴っているわけですが、さすがの作品となっていました。

庵野監督らしく「禍威獣(カイジュウ)」や「禍特対(カトクタイ)」などの漢字の造語にも凝っており、もし現代にウルトラマンが登場したなら・・という仮定を基に科学的考証を駆使してぎりぎり矛盾のないウルトラ世界を表現していました。

 

また映画のなかでのウルトラマン初登場シーンやゼットンの宇宙空間での待機シーンなどは、まるでエヴァンゲリオンでかつて観たシーンと完全に相似となっているので、そのデジャブ感に思わずニヤリと口元が緩んでしまいました。

 

ウルトラマン登場からメフィラス星人の来訪を経て、ゼットンとの最終決戦に至るウルトラマン世界をたったの2時間で表現したのですから、すごい力技です。

 

とくにメフィラス星人に関しては、ウルトラセブンで登場するメトロン星人のセンス(さすがにちゃぶ台返しは登場しませんでしたが)が加味されており、メフィラスを演じた山本耕史さんが「人間に扮する宇宙人キャラ」として最適化し表情にしても演技にしもはまりまくっており「ウルトラマン、ここは割り勘でいいよな」という居酒屋でのセリフなどは、日常と諧謔が入り混じるウルトラマンワールドの本質を見事なまでに表現していたように思われました。

 

ゼットンエピソードについては、意表をついてなんと仲間のはずのゾフィーが最大の敵ゼットンを連れてくるというアクロバティックな発想でしたが、結局ウルトラマン自身が地球人への友情の表現として自己犠牲的に命を投げ出す(まるで仏教に通じる利他のこころ)という原作に帰結する方向でしっかり収束しており、これも観る者を絶妙の間合いでぎりぎり納得させる展開に落ち着かせており、さすがだな~と感心しきりでした。

 

しかしこの終わり方だと、「シン・ウルトラセブン」につなげるには難しすぎ、続きはさすがにないかな~と思ってしまいました。個人的に、ウルトラマンは小学校に上がる前の放映であり、なんとなく観ていたような感覚はあるものの、ほぼ再放送という追体験でなんとか理解した世代であり、ウルトラセブンについては小学校低学年でなんとかリアルタイムでハラハラドキドキした世代(まあそれでもセブンの深淵かつ不条理のあまり涙が出るような悲しき世界を子どもとして当時はまったく理解していなかったのですが)なので、いつか「シン・ウルトラセブン」も観たいと思ったりもしました。

 

本作で惜しむらくは、例によってかなりの情報や蘊蓄を2時間にぎゅーっと凝縮しており、おそらくさまざまなしがらみがあり仕方がないのでしょうが、「シン・エヴァ」のように思い切って3時間作品ぐらいに拡大して、もっとさまざまな素敵なエピソード(ジャミラとかシーボーズとかいいですよね)を庵野監督の表現で観たいと痛切に思いました。

 

まあいずれにせよ、今回も豊富な情報や蘊蓄を一回では味わいきれないので、また何回も映画館へ修行に行かなければならない羽目になりそうです。それもまた楽しみのひとつではあり、そんな素敵な作品をいつもありがとうございます。

 

庵野監督、いよいよ次の「シン・仮面ライダー」も期待しています。さらに「シン・ガッチャマン」「シン・キカイダー」「シン・マジンガーZ]「シン・ゲッターロボ」「シン・イナズマン」なども妄想しながら待っています(笑)。

2022年

5月

20日

死刑に至る病

本作を春の終わりの夜更けにT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

この世の中の人間の狂気、凶悪さを映像で表現させたら、おそらく現在日本一であろう白石和彌監督の最新作です。

 

いやはや本作においても残酷で狂気に溢れた世界がこれでもかというほど開示されておりましたが、白石監督もメジャーになってきており、残酷無比な実際の主人公による子供たちへの虐殺拷問という残虐シーンを冷酷にありのまま表現することはかなり抑制されており、こんな怖い人物が現実にいるかもしれないというあくまで観る者の想像力を刺激する形での表現であり、映像としては少しずつマイルドになってきているのかな?と少し安心?しての修行となりました。

 

こころの医者として本作を観て感じたのは、阿部サダヲ演ずる犯人の心性です。幼いころから、乳児院に入れられ、そこで虐待されるような生い立ちを経て、育っていくなかで、どうしようもなく肥大化してしまった「他者への操作性」のことです。この操作性の究極の形が誘拐、殺害という形となるのでしょうが、それらの凶悪さが画面いっぱいに繰り広げられるのですが、日常の診療でも人が抱える大きなストレス要因の主な原因は対人関係であり、その関係のなかでも他者をどうしても操ろうとする操作性が大きな問題となることがよくあるのです。

 

この他者への操作性という欲望から人は離れて、自分の仕事と他者の仕事を区別し、人の仕事には立ち入らずに生きていくということが対人ストレスを貯めない重要な方策のひとつなのですが、本作の主人公は他者への操作性に執着し、その終わりなき救われない営みにより、人に自らの価値や存在感を他者に知らしめることでしか自己の存在の実感を得られないという無限ループに陥っており、ラストシーンでそのことを監督はダメを押すように告げており、最後にがつーんと頭を殴られる、白石監督らしいひとひねりのある作品でした。作品全体としては、本主人公が人生を原因論的に捉えすぎているような印象を受けましたが、人生の不条理が画面いっぱいに大きく展開されていました。

 

結局、マイルドどころか、深いところでさらに白石監督の作品世界はますます凶悪で先鋭的になっているのかもしれません。さあ白石監督、次はどう来るかな~なんて考えながら、夏が近づきつつある春の終わりの気配漂うなか、夜の街を駆け抜け帰宅の途に就きました。