【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2017年

1月

15日

平成29年、新年を迎えて

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

ぼーっとした正月気分も抜けて、このブログもやっと新年一回めの更新をすることができました。更新も気まぐれなブログですが、楽しみにされている方がいることはしっかり認識しているので、今年もまた覗いてやってください。

 

わたしはといえば、例によって年末年始は単身自家用車で愛知に帰省し、故郷の木曽川の雄大な流れのふもとで、深夜まで幼馴染らとお酒を飲んだり、初もうでに行ったり、温泉に入ったり、買い物をしたりと、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

実は、年末になるとこの正月の帰省(お盆は帰らないので一年一回です)をひたすら待っている自分がいます。でも楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、そしてまた来年を楽しみに、鋭気を養って広島に戻る自分を不思議に思うことも時々あります。

 

昨年からよく思うことは、若いころから、自分は理想の場所、完結した場所にいつかたどりつきたい・・なんて思っていたものですが、実はそんな場所はどこにもなく、自分も周囲もいつまでも完結することはなく生生流転し、常に決まったところには立っていられないのだ・・・ということです。

なので、今年の帰省時と来年の帰省時の自分は同じような行程をたどっても異なるわけで、出会う人々もたとえ同じ人に会ったとしても、前に会ったときと同じということはなくすでに来年は変わっているわけです。

すみません、わかっている方からしたら、当たり前すぎることかもしれません。

 

そんななかで、昨年も日々のやるべきことに追われていた自分ですが、常に物事は変遷・流転していくことを意識しながら、地域に貢献すべく、今年も積極的なこころを持って精進していこうと決意を新たにしております。

 

不束者ですが、今年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2016年

12月

30日

ローグ・ワン

本作を平成28年最後の映画作品としてT-Joy東広島で鑑賞してきました。

本作は「エピソードⅢシスの復讐」と「Ⅳ新たなる希望」の間に当たる時期の作品で、Ⅳ(SWシリーズの最初の作品です)の直前に起こった、最強兵器「デス・スター」の設計図がなぜ帝国軍から反乱軍に渡ったかというサイドストーリーとなっています。

恥ずかしながら、SWシリーズをところどころつまみ食い的にしか観ていないわたしからすれば、いやはやストーリーに入れるかな~と心配しての修行でしたが、まったく杞憂でした。

 

本作だけを観たとしても、娘と父親の絆をテーマ(SWシリーズの隠されたメインテーマって家族の絆と成長ですよね?)にした、愛と希望の作品をしっかり踏襲しており、単独の作品としても十分楽しめます。映像そのもののも、40年前の第一作である「Ⅳ 新たなる希望」と比較しても、雄大で自由自在な宇宙空間の表現は圧倒的で、単純に素晴らしいエンタテイメントになっていました。

 

思えば10代のころ、第一作が日本でも公開され、社会現象を引き起こしたことをわたしでも記憶している本作ですが、当時追随を許さない先進的な特撮技術、壮大なテーマ、豪奢な音楽に驚愕を覚え、コカコーラの王冠をめくりながら、こども心に「アメリカはすごい・・どこからこんな発想が出てくるのだろう?」と真剣に考えていたことを思い出します。あれからはや40年近くたちました。

 

今にして思えば、SWシリーズはアイザック・アシモフの「銀河帝国興亡史」やトールキンの「指輪物語」といったファンタジー大作からインスパイアされ作製されたことはさすがにわかるわけですが、そんなことに関係なく、それを圧倒的な作品として実際に表現し、40年の長きにわたって熱狂的な支持を世界中で受け続けることはやはり天才の所業であり、ジョージ・ルーカスという鬼才が生まれた時代に自分も生を受けたことはラッキーだったと考えながら、平成28年最後の映画修行を終えたのでした。

 

1 コメント

2016年

12月

23日

海賊と呼ばれた男

2013年度本屋大賞を受賞するほど大ヒットした小説の映像化である本作を年末になんとか鑑賞してきました。

 

日本が生み出した希有な大人物・出光佐三をモデルにした原作が素晴らしいだけに、あの世界を股にかけた大河ドラマにもできるような壮大な世界をどのように映像化するのだろう?と期待しての鑑賞となりました。

 

映画としては、すべての素敵なエピソードに深入りしていたら、たったの2時間で表現することなどできず、三部作ぐらいの長さが必要になるだけに、最初の妻との切ない別れとその後のエピソードと,イギリスによってなかば禁輸状態であった石油を輸入すべく、虎の子の巨大タンカー「日承丸」の中東決死行に思い切ってフォーカスを絞った作風にしたのかなと理解しました。

 

でもそれで十分だと思います。本作を観て物足らず、それでも出光佐三という人物に興味を持てば、すでに文庫化もされている原作に当たればいいのであり、本作の意義は、小説で想像された世界を実際に映像化してくれたことにあり、それだけでも十分に素晴らしいと思いました。

 

出光マークをモデルとした国岡商店のマークもチャーミングで良かったですよ。本作は映画だけで完結することは難しく、ぜひ原作の小説とともに楽しんでほしい作品です。

 

1 コメント

2016年

12月

16日

ミュージアム

慌ただしい年の瀬、そろそろ終映間近の本作をT-Joy東広島にて修行してきました。

 

秋頃から始まった予告編がおどろおどろしてグロテスクさが強烈なインパクトがあり、ぞくぞくするような恐怖や魔性を感じさせてくれる映画なのだろうなと感じ、チャンスがあれば修行しなければならないと思っていた作品です。

 

案の定、物語のなかでは、主人公のカエル男のマスク姿と身のこなしがたいそう不気味で、殺人アーティストを気取りながら、次々の残酷な殺人を繰り返していきます。それを追うはずの小栗旬演ずる刑事・澤村(焦燥感と正義感が交錯する表情が素晴らしかったです)が逆にカエル男に追い詰められていくありさまはスリル満点で、10代のころにこれを観ていたら、びびって逃げ出したくなるほどの迫力でした。映像そのものが終始痛快で歯切れがよく、テンポもよく、映画館の暗闇のなかで、適度なスリルとスピード感を感じながら、痛快グロテスク物語として胆嚢させていただきました。

 

しかし、物語の内容自体にはちょっぴり違和感を感じました。カエル男の幼少時の心的外傷体験は壮絶なものであったことは理解できるのですが、殺人の標的となった人々にはそれぞれ落ち度があるものの、直接カエル男とはなんのかかわりもなく、殺されるほどの罪ではなく、いわば八つ当たりの世界であり、犯行の動機とその結果に物語的には矛盾とずれを生じており、それらの整合性がもう少しあれば、もっと素晴らしい作品になったのでは?・・・なんて小難しいことを考えたりしましたが、こうした映画にそこまで求める事自体ナンセンスという意見もありそうで、ここら辺は観るものの価値観次第かもしれず、「孤独な観客」のわたしとしては、いつかどなたかと議論を交わしたいものです。

 

物語の構成自体は子供のころに親しんだ江戸川乱歩的な世界であり、最後の対決の舞台となった西洋館などはまさに乱歩的世界であり、いやはや懐かしさを覚えてしまいました。さきほど原作そのものについて、やや苦言のような物言いを呈してしまいましたが、映画自体は魅力にあふれたものに仕上がっており、素晴らしい監督の力技だと思いました。大友啓史監督にはぜひ今後、江戸川乱歩の「孤島の鬼」とか、横溝正史の「真珠郎」などグロテスクで怪しい原作の映画化に取り組んで欲しいな~なんてことを考えながら、師走の夜の帰路に着きました。

 

P.S. 本作の迫力満点のカエル男を演じたのはなんと妻夫木聡くんだったことにはまったく気が付かず、本作を観終えていました。作中、ラスト以外は顔をほとんど見せない役柄にもかかわらず、彼の醸し出すカエル男のオーラは格別であり、その俳優魂にはうなるものがありました。

1 コメント

2016年

12月

11日

この世界の片隅に

本作をいよいよ寒さが染み入るようになってきた12月の夜にT-Joy東広島にて観てきました。最近「君の名は」という大ヒット作を得て俄然元気がいいアニメ界の、それも広島を舞台にした新作です。

 

日本が戦争に向かう日々をしっかりあっさり素直に生きる、絵を描くのが上手な主人公のすず。

そんな彼女が時代や周囲の思惑に流されながら、素朴な風景のなかで淡々と生きていきます。

 

こんな素直であっさりとした気持ちのよい女性が当時の日本には普通にいたのだろうか?・・と当惑するわたしをよそに、牧歌的だった昭和の時代は徐々に戦争に向けて突き進み、日本は、日常的に人々が死んでいく敗戦へと向かっていきます。すずに容赦なく厳しかった兄も戦死し、幼馴染も戦地に赴き、やがて彼女とその嫁いだ先の家族が住む呉もアメリカ軍の爆撃を受けるようにになり、かわいい姪の晴美(この小さな女の子は、その母親と対照的に本当に素直で可愛く描かれていて、思い出すとキュンとなるほど映画のなかでは大きな存在となっています)を目の前で失い、彼女自身も絵を描く大事な右手を失うという悲劇に会いながらも、淡々とすずらしく生きていく姿には、自分もこうありたいと思うと同時に、こんな悲しくも切ない限界状況で自分はこんなに淡々と必死に生きれるだろうか?姪や兄を失った悲しみや恨みにこころは覆われてしまわないだろうか?という自問自答も生まれたりしました。

そして、なんやかんや言いながら、いま戦争のないこの平和なこの時代に生きていることのありがたみを本作を通して何よりも痛感しました。

 

もちろん「いまだって決して世界は平和な時代じゃあない!」という方もいるかもしれませんが、あの昭和初期の時代は、現実に明日、命が突然失われるかもしれないという恐怖や不安感を毎日背中に感じて、食べたいものも食べれず、行きたいところにも行けず、それでも人々は必死に生きつつも明日をも知れぬ時代であったわけで、それに比べればいま我々が生きる時代は、その気になればどこにでも行けるし、少々無理すれば食べたいものだって食べれるし、何より突然死ぬような危険性も限りなく低く、戦時下にあふれていた直接的な恐怖や不安や悲しみには全くと言っていいほどさらされていないのです。

 

わたしにも日々の生活のなかでいやなことや悲しいことがときにはあったりするのですが、戦争当時の日本で懸命に生きたご先祖様のことを思えば、なんと幸せな時代に生きているのだろうという認識とともに、自分でしっかりなんとかやればなんとかなるという時代のありがたさを感じ、泣き言など言っていられないという気持ちがわいてきます。

本作はそうした当たり前の事実をあらためて認識させてくれる作品でした。広島人だけでなく、現代に住む日本人すべてにすすめられる良作だと思いました。

 

P.S. 本作で声優デビューを飾ったのん(元:能年玲奈)さんの声も特筆ものでした。事務所との軋轢で本名であるはずの名前を使えず、新たな芸名「のん」になっての再起作ですが、素晴らしい表現でした。主人公・すずの淡くて、ややとぼけてコケティッシュで素直な人柄が自然にビブラートするような声を通して、素晴らしく表現されていて温かいものにつつまれるようなしびれを覚えました。

 

そしてもうひとつ、本作の挿入歌として使われた楽曲、コトリンゴの唄う「悲しくてやりきれない」(オリジナルはフォーク・クルセイダーズ)・・この唄はほんとよかったです。本作の底に流れるテーマがこれほど見事に表現されている歌は他にはなかなかないのではないのでしょうか?この唄を持ってくる監督のセンスの良さにも感服しました。そんな歌をあえて決まり過ぎる、最後のエンディング・ロールに持ってこず、前半部に何気なく挿入されているのもにくい演出で、その潔さが本作の「世界の片隅に」というつつましさに繋がっていたような気がしました。あえて最後にこの曲の流れる本作のエンディング・ロールを観てみたかった気もしましたが、これはいろいろ意見の分かれるところかもしれませんね。

いずれにせよこの先、本作を思い出すときはこの曲の調べがこころに浮かんでくることは間違いなさそうです。

 

2 コメント