【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019年

1月

03日

平成最後の新年に

 明けましておめでとうございます。

 わたしは例年どおり実家に帰省し、めでたく新年を迎えました。早いもので、平成31年になり、30回目(平成元年は一月途中から始まったので正確な意味での新年はありませんでした)の新年(正月)です。

 

 実は平成になったばかりのころ、つまり30年前がつい昨日のことのように感じることがよくあります。

 

 個人的にはちょうど広島での生活が始まり、1年がたとうとしていたときで、なにかもがこれからどうなっていくのだろうという時代でした。新しい友達ができて、街にも慣れ、未来は無限に広がっていました。

 

 その荒野の果てにはまだ何が待っているのだろうとわくわくする希望を持つまだ何者にもなっていない自分がいたものです。 あれから30年、思えば幾多の胸躍る冒険や危険な挑戦もしたりしました。人に言えることもあれば、言えないこともあるし、永遠にこころに温めておくべきことも少なからずあります。

 

 そんなこんなの経過を経て、わたし自身、少しは大人になり何ものかになったかどうかはわからないけれど、可能性はだいぶ有限になった中年おやじが日々、小さなクリニックで診療を行っているという現実にたどり着いているわけです。もちろんこれはこれでやりがいのある仕事であり、やりたかった仕事をしているわけで、日々自分は運がよくついてるとは思いますが、まだまだ老けこむ年でもないし、まだまだ勉強や修行も足りていないと日々思っていますので、今年も自分なりに全力で物事に集中し、勉強や研鑽を積みながら地域社会や地域の方々に貢献していく所存です。

 

 今年もよろしくお願い申し上げます。

 

2018年

12月

08日

ボヘミアン・ラプソディ

本作を封切間もない時期にT-Joy東広島の大スクリーン1番シアターにて観てきました。

 

クイーンはわたしが中学時代にリアルタイムで流行っていたバンドであり思い入れも強くあります。

当時は、好きなレコードを買うことができる中学生(当時のLPレコードはおよそ2500円前後もし、いまの貨幣価値にするとおそらくは一枚5000円ぐらいの感覚であり、とても中学生にはおいそれと手を出すことができない代物でした)は限られていました。なので彼らは、どちらかといえば裕福な家庭の、アンテナの鋭い、進んだ女の子らのものだったという印象のあるバンドです。当時は小学生高学年から流行っていたベイシティローラーズにそろそろ飽きた音楽好きたちがクイーンの高い音楽性をかぎ取り、食いついていた感じでした。

 

わたしなどはやっとFMラジオを中心に彼らの楽曲をエアチェック(この言葉自体もう意味がわからない若い方もいそうですね)し、なんとかカセットテープで繰り返し聴いていたものです。当時土曜日の昼2時からのFM愛知(広島ではFM広島だと思います)の「ポップス・ベストヒット10」という1時間番組にかかる彼らのヒット曲は、当時ビートルズバカだったわたしからしても、勢いとリアルタイムの艶があり、ポップでありながらも壮大で、いつも楽曲ごとに曲想ががらりと変わるクイーンの新曲には常に畏怖と興味を覚えていたものです。「セイブ・ミー」「地獄へ道連れ」「愛という名の欲望」などはリアルタイムで聴いた彼らのヒット曲群の一部ですが、今聴いても楽想は豊かで斬新です。

 

申し訳ありません。前口上が長くなりすぎました。さて本作ですが、もう一言で言って、大満足の作品でした。本作で描かれた世界は、別にクイーンの音楽を今まで聴いたことがなくても圧倒的に胸に響くものだったのではないでしょうか。

 

今さらですが、彼らの音楽自体の素晴らしさ、ライブにおけるパフォーマンスの迫力がよくわかる構成になっています。そのうえで、ボーカルかつ楽曲作成の中心であった、フレディ・マーキュリーがさまざまなコンプレックスを抱えながら、音楽の力でそれを乗り越えていく姿が感動的に描かれています。

 

HIV感染に至った同性愛についてはさすがに知っていましたが、生まれつき歯数過剰症であったこと(外観的にはコンプレックスを抱えながら、それを逆手にとって、歯数の多い広大な口蓋だからこそのあの大声量と素晴らしい高音を含む広い音域を誇る奇跡的な発声が生まれた皮肉)、ペルシャ系インド人のゾロアスター教徒である両親を持つ移民の子であったこと(それゆえにボヘミアンラプソディーをはじめとした死と生と愛の葛藤を抱えた内省力の強い哲学的な詩の世界を生み出した事実)などは本作で初めて知りました。しかし、そういった出自をバネに圧倒的に豊かな音楽とパフォーマンスを生み出していった過程がとてもドラマティックに描かれているわけですから悪いわけがありません。

 

またクライマックスであるライブエイドでの彼らのライブ当時、もう大学生になっていたわたしはブラウン管を通してその雄姿を観た記憶がありますが、こうした裏話があったとは恐れ入りました。残念ながらわたしは彼らの生のライブを経験はしていないのですが、この時期にはもう洋楽のライブには行っていただけに彼らの日本ツアーを一度体験しておけばよかったという悔いを覚えるほどよかった映画作品になりました。白状すると、本作を大画面と大音響でせめてしっかり心に刻んでおこうと思い、同じ映画館で3回もクイーン体験してしまいました。久々の心の大ヒット作品になりました。

 

映画のテーマでもあり、フレディのことばかり書いてしまいましたが、テクニカルでありながらポップセンス抜群の七色の音色を奏でるギターをつま弾きながら、「ハンマー・トゥ・フォール」(これってブルーハーツの名曲「ハンマー」の原曲といえますよね)「フラッシュゴードンのテーマ」などの名曲を書いたブライアン・メイ、歯科医への道をあっさり捨ててワイルドなドラムをたたき続け、ときには「レディオ・ガ・ガ」(映画では字幕で訳詞されておりその素敵な歌詞内容も一目瞭然となりましたね)のような名曲を書いたロジャー・テイラーらが同じ時代に同じ場所で出会い同じバンドに属し、音楽という形の激しい化学反応を起こした結果、クイーンの素晴らしい作品群が生まれたことも添えておきます。

 

最後に、彼は晩年に「Hard Life」という作品を発表していますが、まさに日々ハードライフのなかから、切なく素晴らしい作品群が生み出されていったことを知った今はなんだかありがたく日々聴いている自分がいます。まさにマイブームです。

 

最後の最後に、いろいろと書いてしまいましたが、クイーンの音楽はそうしたゴタクなど必要ないぐらい音楽として豊かで素晴らしいものであり、その後わたしもいろいろな音楽を経験しましたが、彼らの奏でるような音楽はその後もなく、まさにクイーンミュージックと言っていい、時代を超えた、人類へのギフトと言っていいほどのジャンルを超えた音楽の金字塔になっています。それらを思い出させてもらっただけでもありがたい作品になりました。映画というメディアの可能性を深く感じる本作でした。

みなさんも是非とも鑑賞されてください。

 

 

P.S.  本作のパンフレットによると、フレディは日本の「ファイブ・リングス」にも興味を持っており、それについての質問を日本スタッフに問いかけるも、日本人スタッフの誰も対応できなかったというエピソードが載っていますが、あの宮本武蔵の魂でもある「五輪の書」にも傾倒していたとはさすがフレディと、こんなささやかなエピソードひとつとっても感嘆させられました。同時代にこういう才人がいて、それを少しでも感じられたことにはほんと感謝です。わたしもフレディが心酔していた日本文化への造詣をさらに深めねば・・・なんて思ったりしました。 

2018年

11月

23日

止められるか、俺たちを

待望の本作を「華氏119」とはしごでサロンシネマにて鑑賞してきました。

 

本作はまだ若かった故・若松孝二監督を取り巻いた若者たちのなかで、助監督にまでなり原因不明の死を遂げた女性を主人公に描いた、ほぼ実録に近い物語です。音楽が曾我部恵一というのがまたふるっています。

 

若松孝二監督は大好きな監督であり、傑作「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」は今もわたしの映画体験に輝く金字塔を打ち立てています。ラストは膝ががくがく震え、胸が締め付けられました。ピアノの単音を中心として大音響とともに、破れ行く若い彼らの心の叫びが響きわたるなか、あさま山荘という幻想城が崩れていくシーンは、驚愕と畏怖を伴い、今も思い出すと胸が熱くなります。

 

若松監督という無鉄砲で強引で火の玉のような映画的才能の塊という存在を中心に多様な才能が集まりまた散っていくさまが青春の光と影といいたくなるような素敵なエピソードを中心に、彼の晩年の弟子・白石和彌監督により綴られていきます。登場人物たちのほぼ全員が実在の人物であり、彼らがその後何ものになったかを調べるだけでわくわくするような作品です。

 

しかし何といっても素晴らしいのは、本作のスクリーンに映し出される映像自体の色合いや登場人物の醸し出す空気感が、亡き若松監督の撮った映像そのものであるかのような錯覚を思い起こさせるほど、監督へのオマージュとして成り立っている点ではないでしょうか?

 

ベタベタしながらカラッとしている、コダックカラーの青年たちのシャツやセピア色で罪のない昭和の空が素敵な映像でした。こういう作品が普通に街のシネコンでも見れるようになればいいのにな~といういつもないものねだりの気持ちが湧いてきながら、足早に広島市内からわが街東広島への帰路に着きました。

2018年

11月

16日

華氏119

本作を秋の深まったクリニックの休日の午後に、広島市内にて広島映画界の至宝・サロンシネマにて修行してきました。

 

あのマイケル・ムーアがついにトランプ・アメリカ大統領の黒い内幕をすべて実際の映像を使って暴くという実録ドキュメントです。かつてブッシュ大統領を同じ手法で描いて痛快大ヒットを出したことは今も記憶に新しく期待を抱いての鑑賞となりました。

 

予想通りというか、かなり痛快な作品になっています。これはもう実際に見て、抱腹絶倒に笑うか、怒り心頭となって顔を真っ赤にさせるかしかなさそうです。

 

個人的に衝撃だったのは、なんと実は民主党候補選においてあのサンダース候補のほうが各地で圧倒的にクリントン女史の得票数を上回っていたのにかかわらず、それが党の幹部らに打ち消されていたという下りです。

 

わたしからしても、大統領選挙においては、民主党候補のクリントン女史はその長いキャリアのなかで、さまざまな金と権力にまみれ、富裕層や権力側と癒着しておりあまりにも敵が多く(トランプも好きでないが、クリントンが大統領になるぐらいならトランプに入れたという話もアメリカ人から直接この耳で聞きました)、これは負けても仕方ないという印象を持たざるを得なかったのですが、もしこの下りが本当なら話は変わってきます。

 

クリントン女史よりはサンダースのほうが国民、とくに黒人、学生、労働者、貧民層の支持を強く得ていただけに、もしや現大統領はトランプの全く反対の主張を掲げるサンダース大統領が誕生していたかもしれないと考えることは痛快な想像でした。

 

しかしよく考えてみると、アメリカという超絶資本主義の弱肉強食の国で、コミュニストに近い主張の大統領が誕生していたら、それはそれでまた別の混沌を導き出していた可能性があり、世界にとってはどちらがよかったんだろう?という決して答えの出ない問いがぐるぐる回るようになった一作でした。

2018年

11月

14日

カメラを止めるな!

本作を公開終了寸前に、T-Joy東広島にて修行してきました。

 

正直に告白すると、本作は絶対に見なければと思っていた若松監督の若い頃を描いた作品「止められるか、俺たちを」とタイトルが似ているため、恥ずかしながら、本作をそれと勘違いして鑑賞開始しました。

 

なので途中まで、若い頃の若松監督はこんなワンカットにこだわる映画作りをしていて(確かに若松監督ならやりそうなのです)、それをドキュメンタリ風映画として再現フィルムのごとく撮影していんだという感覚で観ていました。

 

しかし、物語は若松監督の若いころどころか、そのワンカットそのものを表と裏のシーンをぎりぎりの技巧と策略をもって撮影していくことがこれでもかというほどに連続し、最後にそのシーンづくりの裏側を解題していくという構成になっていくことに至り、中盤ぐらいになってやっと自分の見ている映画は「止められるか、俺たちを!」ではないということに気づきました。

 

いやはやお恥ずかしい限りです('◇')ゞ

 

しかし、ワンカットフィルムの創作映画として、スピード感といい、スリリングなネタばらしといい、映画好きにはグーの音も出ないほど素敵な佳作になっており、低予算映画でありながら、好評を得て全国ロードショウに出世したことをこれでもかというぐらいグイグイ教えられました。

 

こういう映画づくりもあるんだと教えられた夜になりました。映画というのはほんと奥深いとつくづく思わせれた作品となりました。