【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

2月

15日

キングスマン ゴールデン・サークル

本作を2月の凍えるような寒い夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。こうしたマニアックな作品が地元東広島の映画館で観れるのは素晴らしく本当にありがたいことです。

 

前作「キングスマン」も痛快この上ない作品に仕上がっており、続編である本作にも否が応でも期待が高まっての映画館入りとなりました。

 

こうした映画の内容についてあれこれコメントするのは野暮でありやめときますが、一言で言っていやはや痛快かつギャグ満載のコンパクトな佳作となっていました。物語の展開のスピード感といい、ナンセンスな悪党の趣味やアクションのド迫力といい、十分満足な作品となっていました。さすがあの偉大な佳作映画「キックアス」を撮ったマシュー・ヴォーン監督です。素晴らしい抱腹絶倒の佳作となっていました。

それにしても人間までミンチにしてしまうあの恐るべきハンバーガー製造マシーンには入りたくないものですね(笑)。

 

P.S.本作を上映してくださって、T-Joy東広島のスタッフの方々に感謝です。こうした映画好きにはたまらない佳作映画を地元のT-Joy東広島で観ることができたら言うことありません。

今後、オンタイムのロードショーでなくても、時期の遅れたリバイバルでもいいので、映画好きなら絶対にはせ参じること間違いない、世界的大佳作「キックアス」、最近ならケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」や広島出身の名監督・大林信彦監督の最新作「花筐」といった作品を日に一回上映でもいいのでこれらの素晴らしい作品を日常的に鑑賞できる街に東広島市が発展できたらな~と考えてしまいます。

わたしも労をいとわずに広島市内まで観に行けばいいのですが、時間や都合という壁に阻まれて、観たくて観たくてたまらなくても見逃してしまう作品が多々あります。残念で情けない思いが、こうした映画を見逃すたびに心のなかを駆け抜けていきます。

広島大学をはじめとして数多くの大学が本拠地を置く、アカデミックな若い街である東広島で、いつの日か広島市内まで出かけることもなく、上記のような素敵な作品群が日常的に気軽に観に行けるようになる・・・なんて考えるわたしはやはり夢想家でしょうか?

 

2018年

2月

07日

祈りの幕が下りる時

本作を今年の冬らしい零下の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。

 

阿部寛さん(普段は阿部ちゃんと呼んでいます)は個人的に応援している俳優であり、常に彼の出演する作品は観ておきたいという俳優ですから、当然、封切間もない大画面1番シアターでの修行となりました。

 

もともとはテレビドラマであった新参者シリーズの最終作ということでしたが、わたしはチェックしておらず、特に思い入れのない状態での鑑賞となりましたが、登場人物たちのキャラが憎らしいほど立っており、見ごたえ十分の内容となっていました。

 

過去と現代を行ったり来たりする主人公加賀恭一郎を演ずる阿部ちゃんも本領発揮しており、それを取り巻く人々の過去の恩讐の深さ、人々の営みの儚さ、愚かな欲望が複雑に混在しており、観ているとじんわりとこころの奥に響く作品となっています。東野圭吾の原作としては「容疑者Xの献身」のあの切なく胸をつかまれる感触を思い出させる作品です。

 

ひとつだけ気にかかったのは、物語のラストにかけて、加賀の母親の失踪の原因がうつ病であったというように解題されていたことです。しかし、もし彼女が真正のうつ病であれば、失踪していきなり誰も知らない街で仕事をしながら、恋人まで作ってしたたかに生きていけることができるだろうか?という・・こころの医者としては素朴な疑問が残るものの、それに疑問を呈するのは野暮であり、シンプルに物語全体の謎解きの爽快さと人間の恩讐の深さを楽しむべき作品なのだと思いながら、寒すぎる夜空の下、いつものように夜の闇のなかに車を滑り込ませました。

 

2018年

1月

25日

オトトキ

1月の寒い雪が降りしきる冬らしい夜にT-Joy東広島にて本作の修行に行ってきました。

 

本作はイエローモンキーの再結成ツアーのドキュメンタリー映画です。わたしは特にイエモンのファンというわけではないのですが、世代的には普通に耳にしており、大学時代にカラオケなどに行くと、誰かが必ず彼らの曲を歌うという経験を普通にしており、身近なバンドでした。加えて、わたしは一音楽ファンとしてロックバンドなどのドキュメンタリーフィルムを見ることは大好きで、楽しみな修行となりました。

 

かつてはビートルズはもちろん、日本の音楽家だけに限っても、佐野元春、浜田省吾、エコーズ、ユニコーン、ブルーハーツなど素晴らしいライブドキュメントがありますが、なかなかロードショーとして、全国公開までされる作品は少なく、さすが根強いファンが多いイエモンというわけです。

 

イエモンといえば、やはりJAMという名曲の印象が強いのですが、本作を見たら、それにとどまらない素晴らしい楽曲が数多くあることをいまさらながらに思い出したりしました。

 

本作で印象的だったのは、吉井和哉自身が語る、旅芸人をしていた父親の早逝は初めて知るエピソードであり、他のメンバーにしても、失礼ながら意外に中央大学や日本大学卒などインテリなのだということも初めて知ったりし、イエモンというバンドの再び興味を持つには十分な作品になっていました。

 

そしてなんといっても、彼ら自身のバンドとしての楽曲を聞きながらの映像体験はとても気持ちよく、普段からの彼らの佇まいもじんわりと表現され、しっかりロックな映画となっていました。

本作を観て、名盤の誉れ高い「SICKS」を再び聴いてみたいという気持ちになり、そのうちにチェックしようと思いながら、雪の轍を踏みしめながら帰路に着きました。

2018年

1月

10日

広島大学クラス会

前回のブログで書いた広島大学医学部のクラス会が1月の土曜の夜、広島市内のホテルで開催され、参加してきました。

 

わたしははっきり言ってこうした華やかな会に参加するのは柄ではないし苦手なのですが、友人の教授就任祝いも兼ねていたので最初で最後と思い、なんとか行ってきました。

 

20年以上ぶりの再会なので、いったいみんなどんな変わり方をしているんだろう・・・?という疑問への答えを唯一の楽しみに行ってきましたが、意外や意外、みんな見かけは驚くほど変わっておらず、逆の意味で少々驚かされました。

 

わたしの場合、小学校のクラス会はだいたい5年おきに開催されているのですが、この点はまったく違います。小学校の同窓生たちの面影の変化は、あなたはいったい誰?・・といった衝撃的変化が普通にあるのです。

 

いろいろ考えてみましたが、これらの要因としては、やはり大学の同窓生というのは、もう大人になってほぼ完成された容貌と人格で過ごしていることが大きいと思います。もうひとつは、やはり社会の荒波から受けるストレスの度合いが医学部卒業生の場合、社会的にまずまず恵まれており、その結果受けるストレスが比較的少ないことが影響しているのでは?・・なんて考えたりしました。

 

これらは、小学校や大学、両方の同窓会などへの参加経験のある方からしたら、当たり前の事実なのでしょうが、わたしとしてはそんな事実をこの目でしっかりと確認したわけで、目からうろこの貴重な体験でした。

 

もうひとつこころに残ったことしては、同窓生たちが卒業後いろいろな過程を経て全国にちらばり、それぞれの医療現場で重要な役割を得て、現在までいい仕事をしながら、しっかりと頑張っていることを直接確認できたことでした。こうしたことはもちろん頭では想像できていたのですが、想像するのと実際に彼らの姿を見てその言葉を耳にすると、実感もわき感慨深いものがありました。

 

わたしもいまこの東広島の地でささやかな心療内科クリニックを営み日々診療にいそしんでいますが、これからもこの地において全国で活躍する同窓生たちの姿を時々は思い出しながら、しっかり研鑽を積み、地域社会に貢献していかなければ・・という思いを新たにしました。

 

 

2018年

1月

03日

平成30年を迎えて

明けましておめでとうございます。皆さんはよい正月を迎えられましたか?

 

早いもので、平成もついに30年目を迎えましたね。昭和天皇の病状がテレビ画面の下にテロップで常に出ていた頃から30年もたったということですから、月日のたつのは恐ろしく早いことを感じたりします。

 

わたしのほうは例年通り、愛知へ帰省して温泉(近くに長島温泉という巨大遊園地を備えた温泉があるのです)に行ったり、イルミネーション(長島温泉の近くになばなの里という日本屈指の光の名所もあるのです)を観に行ったり、買い物に行ったり、地元の親友らと正月から新年会を開いたり、深夜の初もうで(これまた近くに日本三大稲荷を自称するお千代保稲荷という立派な神社があったりするのです)に出かけたりと楽しくも充実した正月を迎えさせてもらっていました。

 

そんなこんなであっという間に楽しい正月も過ぎ、平成30年も始まりましたが、年初はいきなり広大医学部医学科卒業生のクラス会というものがあり、億劫ながら参加してきます。わたしは不遜なことに卒業後、母校の同窓会活動にはまったく参加しておらず(大学レベルでは普通はそうですよね。でも医学部においては卒業後も仕事でリンクすることが多いせいか、同窓会活動は通常結構盛んなのです)、正直そういう華やかな場面に行くことは柄ではないのですが、卒業後も親しくしている友人の医学部教授就任祝いも兼ねているので、やはりここはいかざるをえません。この間、大学レベルでのそうした類の会はなく、卒業後20年以上ほとんど会っていない顔が多く集まる会なので、少しドキドキのイベントになりそうです。

 

今年はほかにもクリニックははや満五年を迎える年でもあります。おかげ様で地域に根差したクリニックとして、明るく楽しいスタッフとともに、元気に診療させてもらっています。

昨年の診療でもいつも感じていたことなのですが、人のこころの世界は奥深く、その探求と鍛錬への努力の必要性はとどまるところを知りません。

今年もまたしっかりと地に足をつけながら、ときには空も見上げられるような心持ちで精進していくつもりです。本ブログも今年は映画ネタにとどまらず、その時々の想いや所感をつづっていこうと考えたりしています。

 

本年も何卒よろしくお願いいたします。