【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2021年

4月

01日

シンエヴァンゲリオン

申し訳ありません・・・。映画のコメントについては、普段はその映画を観たことのない方を想定して、なるだけディープな内容は避け、あっさりとその映画の良さに言及するよう心がけているのですが、今回のブログはわたしの25年間の積み重なった魂の欠片の暴発となってしまっています。なので、今まで一度もエヴァンゲリオンを観たことのない人にとっては、一体何のことを書いているのだろう???・・・ということになること必定なので、本稿は読み飛ばすか、無視してくださいね。それにしても四半世紀にわたったとはさすが新世紀(しはんせいき)エヴァンゲリオンと名付けられただけあります(笑)。

 

 

コロナのおかげで、一年近くも上映が遅れた本作をT-Joy東広島にてついに鑑賞してきました。思えば、本作の最初のアニメはまだ20世紀の1990年代でもあり、かれこれ25年の付き合いになります。わたしを含めてエヴァを追いかけてきた人たちもこの間等しく年を重ねたわけであり、今回の終幕は感慨深いものがあります。

 

実は1997年発表(いまからもう24年前です)の前回の劇場版「Air まごころを、君に」も当時としては発想(「地球幼年期の終わり」的センスをアニメで大々的に表現したことはいま思い出しても素晴らしい偉業です)は並はずれ、示唆に富んだ素晴らしい出来であり、悪くない結末であったものの、やはりあのアスカの「気持ちワルイ・・」という拒絶的終幕では庵野秀明監督も納得いかなかったのか、2007年から新劇場版が開始され、今年2021年(当初の予定ではキリの良い2020年でしたが)、本作はついにフィナーレを迎えました。

 

わたしもなんやかんや言って、まだ若いころからのいろいろと思い入れのある作品でもあり、語りだしたらきりがないのですが、観終わって思ったことは、この終わり方しかないのでは?というぐらい納得のいく素晴らしい結末でした。

 

本作の映像や音楽、物語の展開はすべてが強烈で鮮明であるのですが、やはり一番印象に残ったのは、永遠の子どもとして終わりそうだったシンジが、映画終幕間際で大人になり、庵野監督の故郷である宇部駅をガールフレンド(なんと相手は同じくエヴァの呪縛を脱し、成長を再開したマリ・・・彼女は元々はシンジの父親、碇ゲンドウと京大冬月教室での同窓と推測され、一世代降りてのシンジとの関わりであり、なかなか興味深い存在ですが、彼女への論考だけでひとつの長文ができてしまうので、本稿ではあえてスルーします)とともにまるで庵野監督の分身のように飛び出していくというラストです。

 

我々観るものにとっては否応なしにさまざまな想像(妄想?)を膨らませてしまいます。

 

今さら言うまでもないのかもしれませんが、本作は監督自身のこころの成長の物語であり、終幕に至り、ついに25年続いたエヴァからの旅立ちとなるのですが、監督自身、1997年の劇場版終幕において「もしや自分はシンジのように永遠の少年であり続け、大人にならずに、アスカのような厳しく現実と向き合っている女の子からは”気持ちワルイ”と罵倒されながらも、人生という河を少年のこころのまま孤高の存在として流れていくのかもしれない」という想いから、その後監督自身、日本全国を放浪したり、実写映画を撮ったり、俳優として他監督の作品に出演したりするなかで、「心身ともに大人への成長を遂げていく」という体験をした結果、本作が出来上がったのでは?という印象を抱きました。

 

ひとつの例として、エヴァは宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムというSFアニメの系譜としては第三世代であり、メカニックアクションを中心にあくまでもSFという空想科学の範疇の物語であったわけですが、最終幕となる本作では、かつての級友(トウジやケンスケ、ヒカリら)との14年ぶりの再会とその後の共同生活が強くこころに残ります。

 

ニアーサードインパクト後の避難生活(この間現実世界で実際に起こった東北大震災後の避難地域を連想させます)のなかで苦難を乗り越え、現実と向き合いながらリアルに生活している中学時代の級友たちとのこの再会はシンジにもアスカにも大きなこころの再生と成長を促します。そんななかで、なんとレイはそこで赤ん坊を抱きかかえあやしたり、田んぼに入り田植えまでするという従来のSFとはかけ離れた現実的な生業も出てきます。こうした体験を通して彼らが徐々に再生していくという下りは,軽い驚きを最初は伴ったものの、エヴァの世界がSFというフィールドを越えて、実在の世界にもコミットしシンクロしていくという、視聴する我々にとっても感慨深い体験となりました。

 

シンジもアスカもレイも常に科学の最先端であるエヴァのパイロットとネルフでの無機質な生活(特にレイは究極でした)にスマートに取り囲まれていましたが、日本の田舎という有機的な生活にもまれるなかで、再生を果たしていく。さすが庵野監督と思わず唸りました。

 

監督は、この間に日本で起こった災害も含めたさまざまな事象や放浪経験(監督はエヴァのテレビ版制作を終えた直後、しばらくの間、まるで廃人のように国内放浪したそうです)を経て、地に足のついた大人という心性を持つに至り、このたび、こうしたリアルな土地に根差した生活のなかに、自ら生み出したキャラクターを投げ込み、自身の行動が引き起こした事態の大きさにショックのあまりほぼ失語症に陥っていたシンジはそこから再生して、自分が信じ希望を持てる世界の扉(結局A-Tフィールドを取り去った自己と他者の区別も肉体も持たない永遠の世界でなく、他者との葛藤をあえて残し、肉体も捨てない境界のある世界)を開けていくというこころの物語をメタファーとして、本作をラストまで運んだような気がしてしまいました。

 

かく言うこのわたしもエヴァシリーズが始まったころは子どもの心性しか持たない無茶な若者でしたが、いまや少しだけ大人の分別とこころを持つ人物(これがいいことなのか否かはわかりませんが)になったような気さえしています。

 

そして今までエヴァを観ながら成長してきた我々にも、本作は、現実のリアルな世界での旅立ちを求めているようにわたしは感じました。

 

上記の想いは今までエヴァを観てきた一ファンとして、感じたこころのメインテーマのようなものであり、本作はそないな小難しい心象的次元だけではなく、もっと直接的かつ圧倒的に素晴らしい魅力に満ち満ちています。

 

例えば、アニメならではの映像の構図、鮮やかな色彩と大胆なカット割り、初見では目で追えないほどのスピード感、思わず魂が踊りだす軽快なメカの動きとテンポ、劇場を揺るがす効果音、情景に忍び寄るはっとするような挿入音楽(とくに童謡や昔の歌謡曲の挿入のセンスは舌を巻きます)、どこかで見たような懐かしい直筆手書きの絵、わたしたちが日常なにげなく目にする実写等々・・の膨大な情報をこれでもかというぐらい豊かに提供してくれています。これら圧倒的な情報が絶妙なバランスをとりながら物語として破綻することなく統合していることは意外にすごいことだと思われます。これら情報の集積のバランス感こそがエヴァであり、庵野監督の真骨頂であるように思います。

 

こうしたわけで、例によっていつものエヴァと同様にまたまた情報過多の本作もこれまでのエヴァと同じく、映画館に3回ほどは通わないととても自分のからだやこころにしっくりと入りそうもありません。

 

こんな長い駄文を書き連ねても、実はエヴァに対する夢想の十分の一も表現できていないのですが(特に加持リョウジ、渚カオル・・については、言及しだしたらこの長文をはるかに超えてしまいそうです)、きりがないのでもうここら辺で筆を置くこととさせてください。いつかエヴァ好きの友と心ゆくまで語り合いたいものですが、その日が来るのも夢想しておくこととします(笑)。

 

いずれにせよ、本作は少し時間をおいて、また映画館の暗闇へ修行にでかけることになりそうです。

そしてなんやかんや言っても、庵野秀明監督をはじめとしてエヴァの制作に関わられたすべての人たちに感謝です。しばらく今回終幕を迎えたエヴァへの夢想(妄想?)だけで楽しい日々が続きそうです。その一方で、人生にはこころの旅とも言える現実に向き合った大切な日々が待っています。本作はそんな旅の輝く道標という存在です。素晴らしい終幕まで導いてくださり、ありがとうございました。

 

庵野監督におかれましては、次作「シン・ウルトラマン」を期待しております。

わたしも明日からまたA-Tフィールドという境界の存在する人生という旅の道程に戻りますが、本作をこころの奥に携えながら歩いていく所存です。

 

P.S.本文を書いてから実はすでに3回目の修行を終えました。まさかの4回目もあるかもしれません。3回目の予告編で知ったのですが、なんと「シン・仮面ライダー」も制作されるとのこと。わたしももちろんライダー世代であり、どんな作品になるか期待しています。

2021年

3月

15日

すばらしき世界

本作を春の訪れを感じる月曜の夜に、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。広島出身の西川美和監督の作品です。常にハズレなしの作品群であり、今回も大いに期待しての鑑賞となりました。

 

偶然にも前ブログでもヤクザ映画へのコメントでしたが、今回もヤクザという生き方になってしまったひとりの男が、旭川刑務所で刑期を終えるところから映画は始まります。これから二度と服役などしなくても済む人生を歩むことを心に誓った三上という男の生きざまが彼の人生の終幕まで素晴らしいタッチで描かれています。

 

前回の「ヤクザと家族」でもそうだったのですが、犯してしまった過ちを背負いながら、人生をやり直していけるかというメインテーマに、観る人それぞれ歩んできた人生によって、さまざまな見方が生まれる多角的な作品になっていました。いつもの西川監督の作品どおりです。

 

しかし、今回は西川監督の創作ではなく、実話を基にした作品というところが重いです。本作の主人公の三上は実際に存在して、懸命に生きて死んでいきます。三上の目を通しても、世界にはさまざまな価値観を持つ人であふれており、よき人もいれば悪しき人もいます。その人々が罪を犯した人物の社会復帰というフィルターを通して彼と出会い、そして別れていく。

 

わたしも日々、さまざまな人生や想いと触れ合う仕事をしていますが、人々を取り囲む世界や束の間の時に棲む人生というのはいったいどのように構成されているのだろう・・?とあらためて考えさせられる作品となっていました。

 

三上が死ぬ最後の日に、彼が懸命に選びとった行動にはそれまでの彼らしくないところがありながら、さまざまな人からの薫陶を経て、あえてとった行動であり、新たな可能性を感じさせるものでした。その結果には是非もないのですが、言いようのない複雑で深い想念が生まれたことだけは確かであり、これだから西川監督の作品は必見だなと確認した夜となりました。

 

P.S. 西川監督の最初期の作品「ゆれる」は邦画史上5本の指に入る傑作であり、まだ未見の方はビデオでいいので、一度鑑賞されることをお勧めします。

2021年

3月

04日

ヤクザと家族

本作を2月末の春の気配漂う月曜の夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。これは観とかないと勿体ない・・との評判を聞きつけ、なんとか間に合いました。

 

観終わって、いやはやなんというカタルシスの強烈さでしょう。自分がまるで映画の登場人物になったかのような錯覚を久々起こしました。

 

かつての漢気を磨くという昔ながらのヤクザの世界から、暴対法という時代の風を受けて、変質していくヤクザ世界。そのなかで、ヤクザの世界から足を洗っても、付きまとってくるヤクザであったという過去の穢れ。

 

ヤクザの世界を求めたわけではなく、こころの通う家族の世界をそこに見つけ、彼なりに懸命に生きてきた山本。その山本が求めた世界は14年の刑務所生活のなかで、消えかかっており、父親と慕った親分(舘ひろしが演じていますが、これがまた渋くて素晴らしいです)も癌に侵され、命も風前の灯火。その親分からもヤクザの世界から足を洗うことを諭され、かたぎの世界で懸命に生きていこうとする山本。

 

しかし彼を待っていたのは容赦のない社会の鉄槌。かつての仲間からの裏切りや支援を受けながら、なんとか仕事にもつき、かつての恋人と娘との再会を果たしながら、思わぬところから崩れていく温かくも砂のような家族の楼閣。

 

過去のしがらみや因習に彼なりのけじめをつけながら、どこにも行けない山本。そして衝撃のラストシーンが訪れます。問題のラストシーン・・・。(実は映画のファーストシーンにも繋がっているのですが)わたしも「まじですか、そう来ましたか~」と唸り、その後さまざまな回想シーンへこころが運ばれていくような作品でした。

 

見どころの多い作品ですが、本作の一番の肝は主人公・山本を演ずる綾野剛の目です。彼の目がセリフなしでも思いを雄弁に物語っており、怒りや優しさ、無念さ、悟りなどさまざまなシーンで彼の目が積極的に物語を動かしており、わかってはいたことですが、いまさらながらに、すごい俳優だな~と感心しました。

 

そして物語の暗転に、意外に大きな要因となるSNSという現代における凶器の存在です。すべてをやり直し、幸せに生きていこうとする山本や仲間たちの生活を崩していくその狂暴性は切ないほど強力で無慈悲です。かつて物理的な暴力を武器に社会を蹂躙していたヤクザが、新たな時代の代名詞というべきSNSという暴力によって人生を破壊されていくわけであり、なにかの啓示のように重くのしかかるテーマも内包していました。

 

さまざまなテーマを抱える本作は評判どおりの傑作であり、もっと話題にされてもいいと言える作品でした。綾野剛さん、藤井道人監督には今後も注目せざるを得ないなとこころに決めて春の近づく真夜中の風を感じながら帰路に着きました。

 

2021年

2月

23日

ファーストラブ

本作を偶然みかけた印象的な予告編につられて、春遠からじの2月中旬にT-Joy東広島にて修行してきました。「動機はそちらで見つけてください」と語った、父親殺しのアナウンサー志望の女子大生の娘の投げやりなセリフ。このセリフだけでいったい何が本作には隠されているのだろう?という気持ちになり、広告コピーとしても出色の出来だと感じていました。

 

物語は、公認心理士の主人公とその義弟となるイケメン弁護士の過去にも遡りながら、徐々に事件の真相を暴いていきます。ラストはなるほどそう来たか~という終幕を迎えますが、事件の発端となった女子大生のトラウマはかなり独特のものであり、「人はそれぞれのこころとからだと価値観をもつ」というのは、わたしのような仕事に従ずるものにとっては、常に心掛けなければならない命題ですが、まさに本作はそれを表現していたような気がします。

 

有り体の家族ではないが故の、母親による、夫に対するひけめを伴った娘への無理解、傲慢さがこの物語の多くを占めていましたが、謎を追う心理士の過去にも親に対する重大な闇があり、それらが事件の犯人?の女子大生の心象とかぶってきます。

 

上出来の心理サスペンスを観させてもらいました。それにしても、親の不用意かつ身勝手な言動というのは、いかに子どもに影響をもたらし、ときには子どもたちの未来さえ変えてしまうことを本作は警告しており、わたしもしっかりそのメッセージを受け取らねば・・なんて思いながら春の気配が匂いつつある闇のなかを家路に向かいました。

2021年

2月

12日

花束のような恋をした

本作を2月に入った月曜の夜に体験してきました。テレビドラマの傑作「カルテット」(テレビドラマを普段見ることのないわたしも偶然人から勧められ見させてもらいました)の土井裕泰監督と脚本家の坂元裕さんのタッグによる恋愛映画です。

 

大学生時代のある夜、偶然終電に同時に乗り遅れたことから知り合ってお酒でも飲みながら話してみたら、好みや考え方、価値観が驚くほど一致して、必然的に恋に落ち、多摩川を見下ろす古いお洒落なマンションでの同棲生活に突入するふたり。

その後、大学を卒業したものの、ともに過ごす時間を大切にするため、定職につかずフリーター的生活を実行したふたり。

しかし、世間体を重んずる親や周囲からの圧力もあり、ともに寄り添う生活をいつまでも末永く続けるために、あえてお互い定職に就くことを選択したふたり。

その後の帰結として、就職を機に互いに仕事の多忙さに絡まれていくなかで、互いにすれ違う時間が多くなり、まだまだ愛し理解しあいながら、それゆえに自分たちの立ち位置を十分に了解し、別れていくふたりを時系列に描くという物語です。

 

偶然の出会いから別れまでの5年間の軌跡を時系列に沿いながら淡々とどちらかと言えば穏やかな空気感で描いた作品なのですが、そのときどきのお互いのセリフや態度の変遷からふたりのこころ、興味の方向や生活スタイル、人生の行方が微妙にずれていく様や心の遷り変わりを落ち着いた筆致で一筆書きのように描かれています。

 

また本作は隠し味として、ふたりの好きなサブカルチャーが劇中にふんだんに登場します。「押井守」(本人が出演していたのもちょっとしたサプライズ)をはじめとして、かなり具体的にマニアックに提示されており、これがまたリアリティを高めており、わたしのようなものでも、サブカルやこれらの若き日に出会う記号を通して、人生の若き日の一時期にこのふたりの関係と相似形のような関係を持った覚えがあり、若き日のひとつの典型的心象風景として、本作は出色の出来だと思いました。

 

ふたりで訪れた老夫婦が営む手作りパン屋さん、疲れ果てながら勉強したり語り合ったりした深夜のファミレス、便利が悪いながらも目の前には公園のような河川敷をのぞめる絶景のベランダを持つマンション・・・。どれもいつかどこかで自分も似たような体験をした温かさ、懐かしさの感触がありました。

 

観ていて、なんだか訳もなくほろりと涙が落ちてくるような、こころの奥にしまった倉庫のドアをノックしてくれた本作は、こころにそっとしまっておく大事な一品となりました。