【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

5月

08日

君の名前で僕を呼んで

本作をGWに入ったばかりの昼間に久々広島市内まで出かけ、広島の誇る映画の殿堂、八丁座にて修行してきました。

 

いわゆる大手映画館ではなかなかやってくれない、アート系映画です。舞台は1980年代のイタリア北部の田舎町。17歳の少年エリオと24歳のアメリカ人青年オリヴァーが出会い、夏の訪れとともに恋に落ち、夏の終わりとともに夢のように去っていく。そんな夏の輝きと微妙な心の動きを初々しい主演・ティモシー・シャラメが画面いっぱいに切なく、穏やかに演じています。

 

ふたりの切ないふたりの切ない恋の情景もいいのですが、個人的には本作の魅力はふたりを包み込む自然と街並ではないかと思いました。

 

ふたりを上から見つめる様に抜けるような深く青い空、歴史を物語る土色レンガの街並、緑葉が映える深く清らかな泉、どこまでも続く麦色の田舎道、罪のない夏の風に漂うシャツ、夏の強い陽光を受けながら軽やかに流れるふたりの自転車の影・・・。

 

これらの情景は常にどんな時代でもきらめく、普遍的な絵柄であり、恥ずかしながら、もうここ最近の日常ではあまり目にすることがなくなったものたちが、「かつて君もこういう風景や時間を経験したことがあったんじゃない?」・・・と問いかけてくるようでした。そうした風景の誘惑のなか、2時間と少しだけ本作の描く情景のなかにどっぷり浸かり、束の間日常を忘れる貴重な時間を過ごさせてもらいました。

 

本作は同性愛映画というよりは、そういう愛の形にとらわれず、ふたりの魂が自然に魅かれあった、切なくて穏やかで、季節とともに消え去った恋と季節と自然の物語でした。さらにおまけとして、ラストの主人公の父親の含蓄のある言葉はちょっとやりすぎかな~と思えるほど理想的なセリフであり、こんな親が自分にいれば・・とも思ってしまうほどの出来栄えでした。

 

本作を観ていると、わたしは日本人ですが、こんな素敵な風景や時間のなかで一瞬を過ごす人生に強烈に憧れます。こういう風景や時間のなかで光と緑に包まれて蒼く切ない淡い時間を若い一時期に経験すれば、幸運な人生と言えることは間違いなさそうです。でも人それぞれ与えられた環境と時間のなかで何を感じ、何を得て何を失っていくかを懸命に味わっていくのが人生なんだろうな~・・と、そんな当たり前のことを思い出させてくれた素敵な佳作であり、個人的にはまた時々見てみたくなる小さな作品でした。

 

2018年

4月

28日

レディー・プレイヤー1

本作をGW直前のウィークデイの夜、運よく封切直後の大画面にてT-Joy東広島にて観てきました。

 

スティーブン・スピルバーグ監督による正真正銘のエンターテイメント作品です。いわゆる「E.T.」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「インディージョーンズ」「ジュラシックワールド」といったその時代時代に、度肝を抜くように新たな映画の可能性と夢を示してきた、監督の王道系譜の上に位置するスリル&ファンタジー作品です。

 

本作では現実とVR(バーチャル・リアリティ)の世界「OASIS」を並立して生きる少年の物語です。冴えない悲惨な現実の裏で、なりたい自分になれる、豊かでスリルあふれた冒険世界が待っている「OASIS」。そんな世界を通して知り合った仲間とバーチャルな世界で友情をはぐくみ、圧倒的に難解な3つの謎を解いていく。そしてそこで芽生えた友情や恋愛が現実さえも豊かにしていき、お待ちかねのハッピーエンド。

 

こう書くとなんだか普通のSFものなのですが、そこはスピルバーグ。

 

つたない言葉などでは表現できない、映画でしか体験できない表現をこれでもかというばかりにスクリーンのなかで展開しています。本作は映画館の大画面と大音響(本作の音の迫力がまたばかでかく張り裂けんばかりなのです)で味わうべき作品で、おそらくお茶の間での鑑賞ではその醍醐味の半分も味わえないと思われるので、みなさん!ぜひとも映画館で鑑賞してみてください。

 

最後に特筆すべきことは、スピルバーグ監督自身が「これは日本のために作った」と語っているように、日本の誇るべき想像物がキラ星のごとく、バーチャルな世界で活躍していることです。覚えているだけでも、「メカゴジラ」「ガンダム」「AKIRA・カネダのバイク」等々。「AKIRA」のバイクなどはリアルタイムで経験した世代にはマニアックなツールだと思っていたのですがこうして普通に表現されると、「うーん、AKIRAってこんなにインターナショナルだったのね~」と感慨に襲われ、うれしくて泣けてきます。これら日本発祥の素敵なキャラがスピルバーグ指揮のもと縦横無尽に活躍します。まあ「ファーストガンダム」の実写の素晴らしさと言ったらうっとりです。この映像を観て、もう現代の技術なら「機動戦士ガンダム」の実写化も完全にできるということに気付かされました。

 

大満足で帰路についたわたしでしたが、これを3Dで観たらさらにすごいのかもとも想像してしまいました。チャンスがあれば観てみます。

いずれにせよ老いも若きも日本人ならみておくべき完璧なエンターテイメント作品でした。

 

2018年

4月

19日

リメンバー・ミー

本作をGWが近づく夜にT-Joy東広島にて修行してきました。

 

ディズニーによる、含蓄のある心暖かになるハートフルストーリーです。

 

死者の国に、かつてギター一本でスターになるため、家族を捨て失踪したおじいちゃんを探しに行く、メキシコのギター少年ミゲル。当初のあてがはずれたものの、結局意外な形で再会を果たした祖父と孫、そしてミゲル一族のハッピーエンド。

 

物語はちょっとした意外性も含みシンプルに楽しめる作品です。

 

しかし特筆すべきは、アニメならではの・・というべきか、アニメを超えたというべきか、素晴らしい色彩の表現です。とくに死者の国は驚くほどの青を基調にしたきらびやかな世界で、青という色が好きなわたしも大満足の絵の表現にうっとりするほどでした。

 

本語で山椒のようにピリッと効いていたスパイスがありました。

死者の国では「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という宿命なのですが、ミゲルのおじいちゃんを消さずにすんでいたのは、家庭を捨てた夫の失踪をきっかけに音楽さえも憎み続けながらずっと忘れずにいたミゲルのおばあちゃんであったこと。このエピソードが本作をより含蓄の深いものにしていたような気がしました。

 

また「ペンタゴン・ペーパーズ」もそうですが、本作もいまの現代アメリカへの警鐘を鳴らす裏のテーマがあったような気がしました。

 

アメリカ白人を中心とするアメリカ・ファーストを掲げ、移民を排斥する強い方針のトランプ大統領。彼だってかつては移民としてアメリカに上陸し、先住民アメリカインディアンを滅亡寸前にまで虐殺したアメリカ白人の末裔なのに・・・。そんな過去を顧みない現職大統領により露骨に排除されようとしているメキシコ移民。

 

しかし、彼らがこんな素敵な文化を持っていて、これらの要素はもともと移民の国であるアメリカにはこれからも必要で、それらとの融合がわたしたちの国を豊かにするんだよ・・・と本作の製作者がひっそりと語りかけてくるように思えてしまったのは、またまた妄想的なわたしだけだったのでしょうか?(笑)

 

2018年

4月

12日

ペンタゴン・ペーパーズ

本作を4月に入った月曜日の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。スピルバーグ監督は最近、エンタテイメントと実録ものを並行して製作していますが、これはもちろん後者に該当する作品です。

 

スティーブン・スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクスというスタッフの顔ぶれだけで、これが特別なテンションで作られた作品であるという予測がつく作品です。アメリカを代表するこのふたりの共演は意外と初めてとのことです。

 

アメリカの苦悩を深め、泥沼化したベトナム戦争。こんな悲惨なベトナム戦争について、状況を冷静に分析し、この戦争に駄目だしをしていた、国防省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在とそれを探しだし、新聞というメディアでその内容を発表するか否かの葛藤と発表までの過程をめぐる物語です。

 

本作は、以前にこのブログでもとり上げた2年前のアカデミー賞作品賞「スポットライト」と共通の臭いのする作品です。

 

とんでもない政府文書を獲得して、真実を知らせるべきか、政府の事情を忖度して、その事実を知らぬふりをしてやり過ごし、新聞社の安泰を図るべきか・・・の選択を迫られながら、勇気をもってその公開に踏み切った結果、それが意外にも司法にも国民にも熱烈に支持されていく。

 

一言で言って、どこかで観たことのある、アメリカ的映画ではありました。

 

昨年、トランプ大統領がアメリカ大統領に就任し、自らに都合の悪いニュースをフェイクニュースとかなんとか言いながら、何が真実で何が虚偽だか判然としない現代。

そんな世界のなかで、「真実はつねに誠実で勇気あるメディアによって明らかにされなければならないんだよ」と監督が世界に叫ぶ姿が思い浮かぶような作品。一方で「映画というメディアには何が正しいかを人々に思い出させる力もあるんだ。だからぼくは映画を作り続けるんだよ」と穏やかに耳元でつぶやく監督の本音もちらほらする作品になっていました。

 

良くも悪くも、今のアメリカ、そして現代の日本にも当てはまる、「政府とメディアとの正しい関係」をやんわり主張する佳作的作品でした。

 

2018年

4月

08日

四季のこころクリニック満5歳

お蔭様でお釈迦様の生まれた日というありがたい日の4月8日に四季のこころクリニックは満5歳を無事迎えました。

 

思えばあっという間の5年でしたが、みなさまの温かい支持や支援もあって、クリニックはゆっくりゆったりとその歩みを進めて5歳を迎えることができ、日々少しずつ成長しています。

 

この間3千人近い患者様と出会い、こころの治療を通して出会ってきました。そのなかには今も通われている患者様もおられますし、症状が軽快し治療を終えた方もおられますし、残念ながら症状の軽快芳しくなく治療を中断された方もいます。こうしたさまざまな形でクリニックの扉をノックしてくださった方々がいまも同じ空の下、元気でされているだろうか?と考えることもあります。そんなときはいつも、うれしい気持ち、懐かしい気持ちや歯がゆい気持ちなどさまざまな感情に襲われます。こうしたとき、こころの医学はまだまだ発展途上であり、自分もそのなかでまだ道半ばであり、これからも日々怠ることなく最新の知見や過去の蓄積を積み重ねながらしっかり勉強し精進していこうと思います。

 

また以前も本ブログで書きましたが、クリニックを開いた結果、想定していなかったほどの多くの人と出会うことができました。患者様もそうですし、関係業者の方、地域の方もそうですし、懐かしい旧友やずいぶん御無沙汰していた古い知り合いも含まれます。そのなかには望外の出会いや懐かしい再会があったり、せっかくこころが触れ合ったのに、さまざまな事情で宿命的に別れざるを得ないこともあったりしました。人生は一期一会でもあります。

 

この春も、仕事上のつきあいのなかで、人間的にとても深く共鳴しあえた方との別れも経験しました。またクリニックには学生さんの患者様も多く、すっかり症状がよくなって進学したり、就職したりといった前向きの別れも今年はとくに多かった気がします。

 

そんなこんなで季節は今日この瞬間も歩みを止めず巡り巡っています。こころの医療を通して、またたくさんの方々と笑顔で会えるよう、これからもこの場所でこの四季のなかで、わたしを含めクリニックスタッフ(ありがたいことに5年前のスターティングスタッフ5人のうち今も4人が現役です)は笑顔で一生懸命に頑張っていく所存ですので、四季のこころクリニックともどもこれからもよろしくお願い致します。

 

 

P.S. クリニックの5周年を迎えるにあたり、複数の方からさまざまな形で祝っていただきました。誠にありがとうごいました。この場を借りてお礼を言わせてください。

とくにKさん、Mさん、いつも物理的に距離が離れていてなかなかお会いできませんが、こころの距離はいつも近くに感じながら働いています。いつかまた笑顔と音楽の濃密な時間を過ごせることを楽しみにしながら、また日々ここで頑張って行こうと思っています。お互いにこれからもがんばっていきましょう。