【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2020年

2月

10日

カツベン!

本作を2月に入った夜にT-JOY東広島にて修行してきました。独特な映画的創作世界を見せる周防監督の新作です。

 

本作は大正時代に実際にあった活動弁士という仕事を通して、刑事に追われながらも徐々に成長していく青年の物語になっています。

 

主演の成田凌さんが主人公の俊太郎に見事にシンクロしており、物語の最後には彼自身が見事なカツベンぶりを身に着け発揮するにつけ、拍手を送りたくなるような作品になっています。

 

その過程のなかで、幼馴染の初恋の女性も失い、劇場も火事で焼け、カツベンの仕事も失い、刑事にもしょっぴかれ、主人公は一旦全てを失いなにもなくなってしまいます。人生は甘い蜜もありながら現実はとても厳しい・・・ということをさりげなく銀幕を通して若者に喝を送っているところなどさすが周防監督だと思いました。

 

あわせて,大正時代、おそらくまだ国も貧しく誰もが未来に向けて不安を持ちながら、落ち着かない気持ちで必死にモボやモガたちが生きていた時代の空気感の映像化、音像化もさすがの周防監督の魔法がそこはかとなく漂っている作品でした。

 

観るものはゼロになった俊太郎が未来に向けて歩んでいくことを確信しており、「人間には大好きで賭けるものさえあれば、どこでだって生きていける」というような監督からの励ましをもらってような気がして、いい歳をとったわたしなどもいつもより少し元気になって、映画館を後にしました。

 

2020年

2月

01日

ドクター・スリープ

本作を例年より暖かな冬の夜に、わが街の映画館T-JOY東広島にて修行してきました。

 

あの言わずと知れた1980年上映の名作ホラー映画「シャイニング」の続編です。原作小説はスタンリー・キューブリックにより大胆に改編され、原作者スティーブン・キングからは「あの映画はホラーのなんたるかがまったくわかっていない」と大顰蹙と憤慨を買ったという前作ですが、それゆえにキューブリック印の複雑で痛快な恐怖作品ながら、主人公のジャック自体いったい何者なのかという、謎の多い、奥深い作品となり、映画好きなら知らぬ人がいないほどの金字塔となっています。

 

さて本作ですが、前作で残された遺児ダニーが成長して、あの忌まわしきオーバールックホテルを再訪し、そこで再び邪悪なものと対決するという物語になっています。本作の細部には、前作の構図の再現や隠し芸が多いということはなんとなく感じましたが、これは前作を見ていなければ、なかなか伝わりにくく、わたしにしても前作を見てから30年以上たってしまっており、DVDで前作を復習しておけばよかったという感慨を持ちました。

 

しかし前作を忘れていても、大人になったダニーの過去のトラウマの克服および魂の再生物語とみれば、十分に楽しめるようになっており、邪悪なものとの闘いはスリルたっぷりの手に汗握る展開となっており、ホラーというよりは痛快活劇を観たような気分になりました。あえて言えば、ジャックニコルソン演ずるジャックの再登場が欲しかったですが、おそらくその出演料は映画の制作予算にかなり響くので難しいかな~なんて思いながら、ダニーの魂の再生を見届けて、心晴れやか気分で帰路に着きました。

 

2020年

1月

15日

マチネの終わりに

大変遅まきながら、そろそろ上映終了となるような時期にやっと本作との迎合がかないました。

 

元々小説として傑作であることをわたしの古い友人から聞いており、小説もすでに買っていたのですが、この間私的有事が重なり、原作もなかなか読めず、結局映画体験も終映間近にやっと間に合ったという状況になってしまいました。

 

いま役者としても油が乗り切った福山雅治さんと石田ゆり子さんのダブル主演というのも楽しみな本作です。

 

見終わって感じたのは、本作は映画だけでは完結しないのだろう・・・という確信に近い想いでした。映画だけでは、蒔野が洋子にたった一度の迎合であそこまでの想いに陥るとは思えず、婚約者がいた洋子がそれを捨て蒔野に走るという心情もおそらく原作の文章では、その心象が精緻に描写され、読むものに説得力を与えているのだろうと思ったからです。(実際にその後原作を読んだのですが、ほぼ予測は当たっており、ふたりをはじめとする登場人物の心象描写の洪水のような作品でした)

 

人間の運命というのは不思議なもので、本来ともに交わり人生を歩んでいくはずのふたりが、ほんのささいな横やりやすれ違いによって離れていくことは、実際の人生でもよくあることです。わたしにも、ここまでドラマチックな出会いと別れではないにせよ、少し覚えのある体験です。おそらく原作の大ヒットは誰もが体験するかもしれない運命の人たちのすれ違いや別れ、喪失感に対する魂の共鳴が多くの要因だったのでは・・・?なんて思いました。

 

いい映画は自分のこころの奥にしまわれたさまざまな記憶や想いに光を当て賦活してくれます。そのことを久々思い出させてもらった作品でした。

 

最後に本作の救われるところは、この先の時間のなかで蒔野と洋子がすれ違いの時間を乗り越えて、新たな未来を紡いでいくのでは・・という想いを抱かせるところであり、現実の人生もこうであったら、なんと魅惑的で素晴らしいことだろうなんて、祈りのような厳かな気持ちで映画館を後にしました。

 

2020年

1月

08日

令和2年を迎えて

新年明けましておめでとうごさいます。

 

わたしの方は、今年も年末31日から新年3日まで無事地元愛知への帰省を楽しんできました。毎年のことながら単独での帰省なので、この時期はまるで故郷に単身帰省する大学生の頃に戻った気分になります。

 

長躯450キロほどの道のりをゆうらりドライブして帰ると、そこではとても楽しみな会が待っています。それはすでに学生時代から足掛け20年以上も毎年続いている、元日の深夜遅くまで飲み続けた挙句にそのまま初もうでにでかけるという小中学校時代の仲良しが集まる正月会です。その会では一年に一度しか会えない友人らと今年も元日の深夜に無事年を越えて出会えたという安心感や労いの笑顔が弾みながら、とりとめもない話を美味しい食事とお酒をいただきながら、あっという間に時間が過ぎ去ります。

 

年末年始のこの期間には正月会の他にも、地元の長島スパーランドやなばなの里イルミネーション(口絵の写真)や地元イオンやアウトレットモールなどの初売り、寿がきやラーメンをはじめとする地元グルメ巡りなどを家族と回りながらゆっくりと過ごします。毎年同じようなことをしており、よく飽きないものだ・・と我ながら思いますが、この4日間を通して実は人生の楽しい時間の縮図を濃厚時短で過ごし、魂の浄化を図っているのではないだろうか・・と最近は思ったりしています。

 

友達との会話、未来への祈り、美味しい食事、癒される空間、懐かしい目に馴染んだ風景、楽しい移動の時間、お得な買い物・・等々が実質3日余りの時間のなかにぎっしり詰まっているのです。

 

そんな濃厚な年末年始を過ごして、1月3日には再び自家用車で6時間ほどかけて広島に戻り、翌1月4日から今年の初診察を行いました。土曜日であり、この土曜日という日は仕事をされている方が多く受診され、いつも忙しく、診察が終わった後には疲れを感じることがときにあるのですが、この日はほとんど疲れなく、すっきりした気持ちで診察を終えることができました。おそらく正月における心のデトックスのおかげだと思い、ありがたく濃厚な時間とともに友人らの顔、馴染んだ街や国道、駅前の風景、柔らかな冬の陽光、きりりとした冬の空気の感触を思い出したりしました。

 

そして新たなる令和2年が始まりましたが、今年は何と言っても我が国にとっては56年ぶりのビッグイベント東京五輪もあります。それらもしっかり楽しみではありますが、何よりも来年正月に笑顔で故郷の友人らと再会できるよう、何事にも積極的な心で取り組み、魂の成長と深化を図りながら、日々生活や仕事を通じて精進していく決意を新たにしています。

 

今年も四季の心クリニックともどもよろしくお願い申しあげます。

 

2019年

12月

27日

アンドレア・ボチェッリ 

本作を年の押し迫った寒い夜に、T-JOY東広島にて鑑賞してきました。実在する全盲の歌手アンドレア・ボチェッリのライフストーリーです。

 

こういった芸術家の人生を表現する作品は、広島市内にあるサロシネが得意とする分野であり、わが東広島にて本作が上映されるというのは、結構世界的にヒットしており、かなりポピュラーな作品なんだろうな~という憶測をもとにしての修行となりました。

 

幼いころに体質と事故が重なり、ほぼ全盲になってしまったボチェッリ。しかし、彼自身の眠る才能と音楽への強い憧れと想いが彼を素晴らしいオペラ歌手に導くまでの物語となっています。途中あきらめかけたときに、妻をはじめとする家族の励まし、彼の才能を信じる厳しい声楽の先生らが、アンドレアを後押しし、結局彼は大きなチャンス(イタリアのロックスターにチャンスを与えられるというのが嘘のようなホントの話です)をつかんでいきます。現存するレジェンドの半生を描いた佳作となっています。まるで作り話のような本当の話であり、素晴らしいオペラのコンサートシーンもあり、世界的にも受け入れられるのも当然の作品でした。

 

個人的にさすがだな~と感じたのは、幼少時からの全盲にも関わらず、大学法学部を卒業し、法律家として一時期働いていたことです。目が見えないというのは、おそらく手足がないことよりもハンデとしては大きく、わが国でこうした人の存在を寡聞にして知りません。これは本人の努力もですが、家族の支え、社会の理解協力がなければ、なかなかできないことです。イタリア・トスカーナ地方の素朴な自然のなかに流れる美しい音楽とともに、奥深い社会的資源の存在も感じたりし、寒い季節にこころを温めて帰宅することができた作品でした。

 

ジャンルを問わず、美しい音楽やイタリア好きには必見の作品でした。