【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2017年

5月

15日

キングコング 髑髏島の巨神

本作をGWの余韻冷めやらぬ月曜日の夜更けに修行してきました。わたしが生まれる前からゴジラとともに巨大なスターであるキングコングのリメイクものです。

 

思えば、わたしが保育園のころ昼寝の時間というのがあったのですが、そのときわたしの小さきからだをくるんでいたタオルケットに書かれていた絵がなんとキングコングと橋(たぶんマンハッタンブリッジ?)の絵だったことが5歳の記憶に残っているので、懐かしい迎合です。

 

昨年は日本でも「シン・ゴジラ」が制作され、アメリカでは「ジュラシックワールド」が制作され、巨大生物ものは時代の要請のようにその制作が続いています。これは閉塞し停滞し先が見えなくなりつつある時代の空気を一気に打ち抜いてくれる巨大な存在を人々が求めている兆候なのだ・・・なーんて、わたしなどは例によって妄想してしまっています(笑)。

 

さて本作はさすがアメリカン・エンタテイメント。観衆をじらすことなく物語のはじめからこれでもかというぐらい期待の巨神・キングコングが暴れまくります。わるーい巨大生物をちぎっては投げちぎっては投げという感じで、胸がすくぐらいの活躍が物語終盤までを覆い、キングコング好きにはたまりません。わたしも幼少期からキングコングにくるまれて育っているぐらいですから十分に堪能させてもらいました。SF巨人アクションものが好きな方ならはまること請け合いです。

 

個人的に少し興味深かったのは、本作でキングコングを取り巻く世界観です。これはジュラシックワールドでもいえることなのですが、本作の世界観のほとんどがあのシャーロックホームズ・シリーズで有名なコナン・ドイルの「ロストワールド」の焼き直しだと思われるのです。世界のどこかに人類から忘れられた陸の孤島があり、そこにはなんと想像を絶する生物たちが太古の昔から生息していたというあれです。

 

そこで思うのですが、そうであればいっそコナン・ドイル原作そのものの映像化を現代の素晴らしい技術をもってして制作してくれればこんなに素敵なことはないと思うのです。

 

意外に知られていないのですが、コナン・ドイルの冒険ものはいいですよ。小学校のときのわたしにとって、コナン・ドイルという作家はシャーロックホームズを産んだ探偵作家などではなく、チャレンジャー博士を産んだSF冒険作家でした。彼の筆で描かれた冒険のめくるめく世界は、子どもだったわたしのこころを毎晩のように冒険の山や海やジャングルにいざなってそれこそワクワクドキドキの想像の翼を与えてくれました。世界のどこかに人類に忘れられた世界があり、そこではいまも謎の巨大生物や恐竜が待っている・・・なんて毎晩のように想像していたころがつい昨日のようです。

 

わたしの密かな冒険的な性格と生活歴(あまり普段明かす機会はないのですが、結構冒険的ですよ)はコナン・ドイルが生んだチャレンジャー博士シリーズの影響ではないか?と思うほどです。もしコナン・ドイルの冒険物語を読んだことがなければ、いまも探せば出版されていますので、ぜひ読んでみてください。シャーロック・シリーズよりこちらのほうが個人的にはおすすめですよ。(ドイル自身もシャーロックホームズという人格はあまり好きではなく、彼をとっとと早く殺して、自らの興味の向くままに冒険ものや神秘ものばかりを描きたいのだ、なんて語っていたというエピソードもあります)

 

そんなわけで本作は、そんなわたしの幼き日に培った冒険心を刺激し、また久々わが冒険ごころの師匠コナン・ドイル(なんと彼はもともと医師でもあり、そういう意味では先輩でもあります)の産んだチャレンジャー博士に会いにこころの世界を旅しよう(現実の世界は仕事も忙しくなかなか物理的な冒険とはいきません)という気にさせてくれ、ありがたい一作になりました。

 

2017年

5月

01日

ジャッキー

春の終わり、初夏の気配のする頃、本作を広島市内の八丁座にて鑑賞してきました。

 

じつは白状しますと、JFKにまつわる物語は小学校のころからなぜかいつも気になり、その伝記や暗殺前後の物語や彼の家族にまつわる物語や映像を結構大量に幼少期から経験しており、本作もそういう自分からすればやはり観ておかなければならないという作品でした。(とくに80年代末期にイギリスのグラナダTVが編集制作した、実在の映像で綴ったケネディ家の物語の連続シリーズものには度肝を抜かれたものでした)

 

さて本作ですが、もちろんJFKの妻ジャックリーヌを主人公に、JFK暗殺後から主に国葬に至るまでを史実に沿って、ジャッキー自身がジャーナリストに回顧するという風に物語は進んでいきます。

 

夫をあのように国民が見守る前で悪意に満ちたひどい殺され方をしたあとにもかかわらず、屹然とした態度と表情を保ち、国葬が無事終了するまでみだらに泣き崩れることなかったジャッキー。まるでそれが故JFKの遺志であるかのように、公衆の面前では威厳に満ち凛とした姿勢を保ち続けた姿には清々しさとともに、ケネディ家の跡継ぎであり大統領でもあったJFKの夫人であった彼女のプライドの強さと同時に言いようもない寂しさが画面に溢れていました。

 

彼女の判断が正しかったかか間違っていたかはともかく、翻弄されそうな時代を吹き付ける激しい風のなかで、ひとつの確固たる意志をもったひとりの女性の生きざまが本作には表現されており、わたしはそれはそれで時代のなかのひとつの意志のきらめきを感じながら、エンドマークを迎えました。

 

ただ本作についてすこしだけ心配するのは,わたしのようなJFK好きにはひとつの佳作として十分に満足のいくものでしたが、JFKにあまり興味のない方にはあまり楽しめなかったのではないでしょうか?

 

ジャックリーヌを含めて、ケネディ家の人々(アメリカの王道のW.A.S.Pのセレブと思われがちですが、実はマイノリティのアイルランド系のたたき上げの人たちということも意外に知られていません)の物語はJFK,弟のロバート、兄のジャックといった面々がキラ星のようにきらめき、奥が深く、本作の表現世界はその長い悠久の流れのほんの一瞬間を切り取ったものであり、本作を観ただけではなかなか理解しがたく、そこらあたりが心配ではありました。

 

本作の監督にはその後のジャッキーの生きざま(ふたりの子供たちがいながら、ギリシャの海運王と再婚したり、これもまた興味深いです)をぜひフィルムに表現して欲しいと思い、映画館を後にしました。

 

P.S.主演のナタリー・ポートマンは熱演でまったく非の打ちどころがないのですが、いかんせん似ていない。本物のジャックリーヌ・ケネディはもっとかわいらしく小悪魔ちゃんのようなキュートな印象がするだけに、大人の風格が漂いまさに堂々小悪魔どころか悪魔の雰囲気を纏うポートマンが演ずるには少し無理があったのではないか?なんて思ったのはわたしだけでしょうか?

 

ついでにもうひとつ蛇足を。アメリカの歴史もしくは世界の歴史にとって、JFKの殺害よりもさらに痛かったのは、政治家としての才能および理想の高さ、意志の強さという点でJFKより恵まれていた、弟のロバートの殺害ではなかったでしょうか?もしロバートが生きていれば、その後間違いなく大統領になっていたでしょうし、そうであったならその後のアメリカの物語は変わり、現代世界はもう少しはまともなで哀しみの少ない世界(特に現代のアラビアの混乱はなかった気がします)になっていたのでは?などとわたしなどはよく想像するのですが、そんなわたしはやはり夢想家なのかもしれませんね。

 

2017年

4月

20日

ソードアート・オンライン

本作を4月の晴れた日の夜にひとり修行してきました。

なんでも本作は書籍のみでも国内累計1300万部、全世界では2000万部を売っているライトノベルであるとのこと。なんと日本国内に限っても10人に1人の割合。まあもちろん累計なので、ひとりで全巻10冊ぐらいは買っているでしょうから、それでもざっと実数100万人ですから、大したものです。

 

そんな本作ですが、率直に語るとすれば、オンラインゲームが現実と仮想の世界を行ったり来たりするという設定自体はスリルに溢れるものの、どうもその設定世界にはかなりの感情移入がないと入り込みにくく、なんだかそうしたバーチャルとリアルな世界を背景にした若者のラブコメみたいに観てしまいました。

 

それだけわたしの感性がもう年をとってしまったのだろう?との自戒の念を抱きながらの修行となりました。

 

でも続編があったなら、また修行したいという気持ちにさせてくれる作品でしたよ。

2017年

4月

08日

開院5年目を迎えて

毎年桜の季節を迎えると、四季の心クリニックも開院日を迎えます。お陰さまで当院は平成25年4月8日に産声をあげて以来、満4歳になりました。

 

最近知りましたが、4月8日というのはお釈迦様の誕生日だそうです。縁起の良い日に開院したことに驚きとともに、四季の心クリニックの幸運を今更ながらに感じつつある今日この頃です。

 

この間、実はつらいことや悲しいことなどいろいろなことがありましたが、うれしいことが多かった気がするので、クリニックはおおむね幸せな航路を歩かせてもらっているのかなと思います。

それでも日々、さまざまな面においてまだまだ勉強しなければならないと感じることが多く、開院5年目を迎え、スタッフともども襟を正して、研鑽を積み日々の診療に力をそそぎ、地域の役に立てるよう精進していくつもりです。

 

引き続いての今後のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

P.S. 4周年を迎えて、心配りをしてくださった方にはこの場を借りてお礼を言わせてください。いつも気にかけてくださり、本当にありがとうございます。

 

2017年

3月

22日

サバイバルファミリー

本作を上映終了間近のT-Joy東広島にて鑑賞してきました。矢口史靖監督は過去に「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」といったコミカルながらも一本芯の通った作品群を生み出しており、本作においてもやはりそうした作風を期待しつつの修行となりました。

 

本作はかつてアメリカで起こった大規模停電事件をヒントに、日本でもありうる物語が展開します。

 

退屈な日常を営むどこにでもありそうな家族にふってわいた、突然電気ガス水道全てが停止するという非日常の世界。

スマホも紙幣も車も飛行機も一切の機械文明のシステムがダウンという状態に、さえないお父さんは郷里である鹿児島に向かう決断をします。その間にいろいろな物語が起こるのですが、それをシリアスになりすぎることなく、明るくけなげに家族の実相の変遷を伝えていきます。

 

彼らが西へ西へと向かうなかで、楽しくも泣けるエピソードを通して、ときに笑わされながら、こんな疑問が観る者には自然に頭に湧いてきます。

 

「現代において、電気をはじめとした文明の進化により我々の生活はコンビニエンスかつスピーディーになったものの、文明が未発達だった時代と比較して本当に幸せになったのか?もしや幸せという点では退化しているのではないか?」

 

もちろんこの疑問には答えはありません。

 

しかし、本作を通して、文明という名の便利さや幻の万能感に踊らされず、自分の人生を手探りでしっかり踏みしめていくしかないのだ・・・という気持ちには辿り着きます。

 

日常のなかで、なにげなく頭の片隅に存在するこうした疑問を、映像を通して、明るく楽しく提示してくれた矢口史靖監督のセンスの良さに感謝の気持ちを感じながらの帰路となりました。

 

0 コメント