【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

6月

01日

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ

本作を例によって、仕事の終わった深夜にまだまだ肌寒い風を感じながら、T-JOY東広島にて修行してきました。

 

本作は「専業主婦への賛歌」がテーマというだけあって、笑と涙をふりかけにように振りまきながら、しっかりを社会問題を考えされられる映画的醍醐味のある作品となっていました。

 

山田洋二監督の落語的諧謔性というフィルターを通して、現代社会における矛盾や理不尽に対して軽やかに光を当てる作品になっており、映画好きなら文句なしの、笑あり涙ありという、まとまりの良さやおさまりの美学を貫いた、素敵な小品になっていました。

 

この作品はまだまだ続きそうで、どうやら「家族はつらいよ」は「男はつらいよ」に続く、山田監督のライフワークになりつつあるようですが、本シリーズの源泉というべき傑作「東京家族」(名作「東京物語」のリメイク)は本シリーズには数えられていません。このあたりについては、小津安二郎監督へのリスペクトとともに山田監督なりの矜恃があると感じているのはわたしだけでしょうか?

 

P,S.本作では橋爪功演ずる平田家の家長の実家として、広島県の大崎上島が出てきますが、江田島、蒲刈島と並んで、大崎島も最近よく映画の舞台となっており、広島県民としては喜ばしい限りです。

2018年

5月

26日

のみとり侍

本作を初夏の気配が漂いつつある5月の夜に、T-JOY東広島にて修行してきました。いつも仕事が終わってからなので、またまた深夜の修行です。

 

敬愛する阿部寛(阿部ちゃんと愛をこめて以後はよばさせていただきます)さんの作品でもあり、なんとか観ておきたい作品でした。ちなみに阿部ちゃんの作品についていこうと思った最初の作品は「青い鳥」であり、これはまいったな~と感嘆させられたのは「歩いても歩いても」です。両作品ともいろいろと後を引く作品でした。

 

一方で、本作はいろいろ熱く語ることは野暮であり、阿部ちゃんのもう一方の魅力であるギャグ満載の「テルマエ・ロマエ」系の諧謔的作品であり、気負いなく笑いとおかしみを感じながら、ちょっと映画で一服というときにちょうどよい佳作でした。

 

本作は、さっそうと中年男の魅力と男気を振りまく豊川悦司の男ぶりや淫乱女の怖さも堪能できるし、阿部ちゃんや江戸時代の諧謔性に関心のある人はぜひ鑑賞されて損はない作品でした。

 

P.S.そういえば、本作でも失脚する老中・田沼意次は歴史的にはいつも悪役扱いですが、歴史好きならば実像はそうでもないことを知っており、いつか田沼の時代を本格的に描く映像作品ができればいいのにと思ってしまいました。

 

2018年

5月

18日

孤狼の血

5月の中旬、さわやかな夜風が吹く気持ちのいい夜に、封切間もなくの本作をT-JOY東広島にて修行してきました。舞台は広島だけにやはりここはしっかり早めの修行です。

 

かつて「仁義なき戦い」シリーズを生んだ東映アウトローシリーズの再来を予感させる東映気合い入りまくりの作品です。封切間近でもあり、当然東映系の映画館T-JOYでもあり、自慢の大スクリーンの1番シアターです。

 

本作はかなりきついバイオレンスものという覚悟をもって修行に向かったのですが、意外や意外そういう要素ももちろんあるものの、印象に残ったのは中盤から終盤にかけて涙が出てくるような情緒的展開でした。役所広司演ずる大上刑事の運命と若手刑事ヒロダイを演ずる松坂桃李くんの孤独な魂のバトン受け渡しのようなテーマとなっており、なんだか見終わってしんみりしてしまいました。

 

それにしても「凶悪」でも感じたのですが、白石和彌監督の迫力ある圧倒的なリアリティのある作風は誰かに似ていると思っていましたが、あの若松孝二監督(傑作「実録・浅間山荘」は今でもわたしの心に突き刺さっている衝撃作です)でした。調べてみたら、なんと若き日に白石監督は若松監督に師事していたことがあることを知り、妙に納得してしまいました。

 

なぜ「孤狼の血」というタイトルなのか?も誰にも腑に落ちるラストシーンも小気味よく、広島に住む大人(さすがに本作は子供にはまだ早いです)には超お勧めの作品になっており、おまけに、広島の街角のシーンにおいても懐かしい鷹野橋のサロンシネマのあの健康階段もでてきたりで、細部にも広島の映画好き人間ならばニンマリと楽しませてくれる仕掛けもてんこ盛りでした。

 

今後の広大卒の刑事ヒロダイの活躍が楽しみになりながら、満足感をこころに満たしながらの帰路になりました。

 

P.S.実は本作は物語と同様に印象に残るのが、リンチの道具として使われる豚の糞。このエピソードは強烈な印象を残すだけに、原作でも出てくるのか?と思いきや小説を読んだ人に伺ったら、まったく出て来ないと・・・。これはどうやら白石監督のセンスのようでした。実は偶然ですが、知り合いに白石監督の高校(旭川にあります)時代の同級生がいまして、その彼から聞いた、白石監督(実はこの名前は芸名だそうです)の高校時代のエピソードからするととても合点がいくものでしたが、それをここでは明かす事はできないので、もし個人的に本作の映画談議になった人にだけいつか酒の肴に語りたいものです。

 

2018年

5月

08日

君の名前で僕を呼んで

本作をGWに入ったばかりの昼間に久々広島市内まで出かけ、広島の誇る映画の殿堂、八丁座にて修行してきました。

 

いわゆる大手映画館ではなかなかやってくれない、アート系映画です。舞台は1980年代のイタリア北部の田舎町。17歳の少年エリオと24歳のアメリカ人青年オリヴァーが出会い、夏の訪れとともに恋に落ち、夏の終わりとともに夢のように去っていく。そんな夏の輝きと微妙な心の動きを初々しい主演・ティモシー・シャラメが画面いっぱいに切なく、穏やかに演じています。

 

ふたりの切ないふたりの切ない恋の情景もいいのですが、個人的には本作の魅力はふたりを包み込む自然と街並ではないかと思いました。

 

ふたりを上から見つめる様に抜けるような深く青い空、歴史を物語る土色レンガの街並、緑葉が映える深く清らかな泉、どこまでも続く麦色の田舎道、罪のない夏の風に漂うシャツ、夏の強い陽光を受けながら軽やかに流れるふたりの自転車の影・・・。

 

これらの情景は常にどんな時代でもきらめく、普遍的な絵柄であり、恥ずかしながら、もうここ最近の日常ではあまり目にすることがなくなったものたちが、「かつて君もこういう風景や時間を経験したことがあったんじゃない?」・・・と問いかけてくるようでした。そうした風景の誘惑のなか、2時間と少しだけ本作の描く情景のなかにどっぷり浸かり、束の間日常を忘れる貴重な時間を過ごさせてもらいました。

 

本作は同性愛映画というよりは、そういう愛の形にとらわれず、ふたりの魂が自然に魅かれあった、切なくて穏やかで、季節とともに消え去った恋と季節と自然の物語でした。さらにおまけとして、ラストの主人公の父親の含蓄のある言葉はちょっとやりすぎかな~と思えるほど理想的なセリフであり、こんな親が自分にいれば・・とも思ってしまうほどの出来栄えでした。

 

本作を観ていると、わたしは日本人ですが、こんな素敵な風景や時間のなかで一瞬を過ごす人生に強烈に憧れます。こういう風景や時間のなかで光と緑に包まれて蒼く切ない淡い時間を若い一時期に経験すれば、幸運な人生と言えることは間違いなさそうです。でも人それぞれ与えられた環境と時間のなかで何を感じ、何を得て何を失っていくかを懸命に味わっていくのが人生なんだろうな~・・と、そんな当たり前のことを思い出させてくれた素敵な佳作であり、個人的にはまた時々見てみたくなる小さな作品でした。

 

2018年

4月

28日

レディー・プレイヤー1

本作をGW直前のウィークデイの夜、運よく封切直後の大画面にてT-Joy東広島にて観てきました。

 

スティーブン・スピルバーグ監督による正真正銘のエンターテイメント作品です。いわゆる「E.T.」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「インディージョーンズ」「ジュラシックワールド」といったその時代時代に、度肝を抜くように新たな映画の可能性と夢を示してきた、監督の王道系譜の上に位置するスリル&ファンタジー作品です。

 

本作では現実とVR(バーチャル・リアリティ)の世界「OASIS」を並立して生きる少年の物語です。冴えない悲惨な現実の裏で、なりたい自分になれる、豊かでスリルあふれた冒険世界が待っている「OASIS」。そんな世界を通して知り合った仲間とバーチャルな世界で友情をはぐくみ、圧倒的に難解な3つの謎を解いていく。そしてそこで芽生えた友情や恋愛が現実さえも豊かにしていき、お待ちかねのハッピーエンド。

 

こう書くとなんだか普通のSFものなのですが、そこはスピルバーグ。

 

つたない言葉などでは表現できない、映画でしか体験できない表現をこれでもかというばかりにスクリーンのなかで展開しています。本作は映画館の大画面と大音響(本作の音の迫力がまたばかでかく張り裂けんばかりなのです)で味わうべき作品で、おそらくお茶の間での鑑賞ではその醍醐味の半分も味わえないと思われるので、みなさん!ぜひとも映画館で鑑賞してみてください。

 

最後に特筆すべきことは、スピルバーグ監督自身が「これは日本のために作った」と語っているように、日本の誇るべき想像物がキラ星のごとく、バーチャルな世界で活躍していることです。覚えているだけでも、「メカゴジラ」「ガンダム」「AKIRA・カネダのバイク」等々。「AKIRA」のバイクなどはリアルタイムで経験した世代にはマニアックなツールだと思っていたのですがこうして普通に表現されると、「うーん、AKIRAってこんなにインターナショナルだったのね~」と感慨に襲われ、うれしくて泣けてきます。これら日本発祥の素敵なキャラがスピルバーグ指揮のもと縦横無尽に活躍します。まあ「ファーストガンダム」の実写の素晴らしさと言ったらうっとりです。この映像を観て、もう現代の技術なら「機動戦士ガンダム」の実写化も完全にできるということに気付かされました。

 

大満足で帰路についたわたしでしたが、これを3Dで観たらさらにすごいのかもとも想像してしまいました。チャンスがあれば観てみます。

いずれにせよ老いも若きも日本人ならみておくべき完璧なエンターテイメント作品でした。