【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019年

9月

06日

天気の子

本作を封切間近の梅雨の夜と夏の終わりに2回、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。さすがヒット作、2回とも大スクリーンのシアター、それぞれ1番と6番でした。

 

言うまでもなく前作「君の名は」が大ヒットした新海誠監督の最新作です。例によって精緻な絵柄ながら、見せるところは地球規模に豪快に描くという前作で切り開かれた新境地が映画館の大スクリーンにめいっぱい展開するのはもうそれだけで快感であり、しっかり堪能させてもらいました。

 

実はその映像の素晴らしさに一回目の鑑賞はしっかストーリーの良さが理解できておらず、月をおいて2回目の鑑賞となりました。一回目の鑑賞では、なぜ主人公の少年が家出するのか?という物語の根本的な部分が了解できず、単なる家出少年の都会遭難物語??なんて思い、共感しにくく、前作ほどの作りこみはされていないのかな?・・なんて感想を持っていました。

 

しかし、2回目の鑑賞でやっと気づきました。まだ高校に入ったばかりの主人公がなぜ故郷の島を飛び出してあてもなく東京にやってきた動機は、「ライ麦畑で捕まえて」のホールデン少年に同一化した結果だったのですね。よく見てみれば、さまざまなシーンで「ライ麦畑」が出てきています。それも村上春樹翻訳バージョンという念の入れようで・・。それに気づくとわたし的には物語の座りがよくなり、フィービーならぬヒロインとの出会いと別れ、そして再会という物語が、新海監督のデビュー作からの永遠のテーマである「喪われた分身(少女)をSEEK&FINDしていく」という主題においては、今回は偶然でなく、明確に意図して意識づけた再会を果たしており、前作をさらに推し進めたものなんだ。。・・という勝手な思い込みで観ながら、2回目の鑑賞を満足のうちに終えました。

 

さすが新海監督、監督にとってこの永遠の主題をどう推し進めていくのか、次作がまたまた楽しみになります。2回目を観終わって、前作と同様にまさかの3回目の修行かもしれないな~と思いながら、帰路に着きました。

 

2019年

8月

08日

パピヨン

広島市内に用事があったついでに、時間を作り、本作を八丁座にて鑑賞してきました。

 

最近は八丁座やサロンシネマも、わが街東広島でも上映されるようなメジャーな作品を上映することも多くなりましたが、本作などはやはりここでしか観られない作品であり、期待の一作でした。

 

無実の罪で地獄島と呼ばれる人権無視の孤島に収監され、その地獄から脱出すべく、運命的に出会った友人ドガの協力を得て、ついに自由の世界へ帰還を果たす物語です。びっくりするのはこれが実話であるということです。劇中には2年間も電灯もない暗い個室に隔離されるエピソードが出てきますが、もしこれを本当にされたら、普通の人間ならそれだけで発狂してしまいそうな状況です。それを乗り越えて、最後の海へと飛び込むシーン。やったーっと歓声を叫びそうになります。

 

まさに地獄というべき島からついに脱出を成功させ、その後その実話を基に小説家に転身したパピヨン。なんというタフガイでしょう。こうした人物がつい最近まで生きていたという事実を受けて、自分もしっかり貴重な人生を生き抜かなければならないという想いを強くしました。ドガを演じた、レミ・マレック(あのフレディ・マーキュリーを演じた男優さんです)もまたまた好演でした。

 

やはり遠くてもサロシネ修行にはたまには来なければ・・と思い出した佳作でした。

 

P.S. 脱獄&友情ものといえば、やはりスティーブンキング原作の「ショーシャンクの空に」に尽きるのではないでしょうか?これはもう最初からラストのエピソードまでほぼ完璧な作品であり、観終わった後には清涼感、痛快感の波に襲われ、気づけば心が温まり泣けてきます。まだ未体験の方がいたら、ぜひビデオでもいいので観てみてください。おそらく人生の一本になること請け合いです。しかし、物語の骨格はほぼ相似形であり、もしかして本作にインスパイアされたキングが修飾し創造した世界が「ショーシャンクの空に」だったのでは・・・と考えてしまった本作でした。

 

2019年

7月

23日

スパイダーマン・ファー・フロム

本作を梅雨明けが近づいた初夏の空気が漂う夜に修行してきました。

 

本作はタイトルどおり、母国アメリカから遠く離れたヨーロッパにおいて、研修旅行と思いきや、やはりそこはスパイダーマン。研修地においても、大いなる使命を課せられて悪としっかり戦うというエンターテインメントです。

 

摩天楼のないベネチアやロンドンにおいてもスパイダーマンはクモの糸をうまく使えるのだろうか?という余計な心配をはるかに超えて、少年らしい歯がゆい恋心も抱えながら、なんやかんやで痛快に悪と戦ってくれます。

 

わたしのような中高年にとっては、スパイダーマンという存在はかつてアメリカ漫画のなかから飛び出してきた、おそらくニューヨークでしか存在しえない葛藤の多いヒーローで、ややバットマンと似た性格を持ったヒーローでしたが、いまではマーベルのアベンジャーズシリーズの一員として世界をかけずりまわるM.I.P.のような存在であることを確認し、それはそれで水を中心としたCGアクションも素晴らしく、アメリカ映画の奥深さと痛快さを堪能させてもらったシンプルな夜となりました。

2019年

7月

05日

空母いぶき

本作をなかなか梅雨いりしない不思議な天候が続く、7月の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。 最近、きな臭い東シナ海の島を巡っての自衛隊、政府の葛藤を描いた作品です。

 

原作では明らかに尖閣諸島をめぐる中国との紛争なのですが、映画ではさすがに差しさわりがあるようで、そのあたりは婉曲的に表現されていました。

 

もちろんあくまでも映画なので、そのあたりにはあまり踏み込みすぎず、現在の日本の専守防衛だけで有事に対応できるのだろうか?といろいろ考えさせられる内容になっており、それはそれで楽しませてもらいました。

 

現在このように世界が混沌としつつあるなかで、日本にはいまだ空母といえる船はない現状であり、このことにも本作は異議を申し立てているようにも受け取りました。そして有事に際しての、洋上の空母内で緊迫した決断、空軍出身の艦長と海軍生粋の副艦長との戦争に対する考え方の相克が心の葛藤として静かに描かれています。

 

こういう映画を見るたびに、わたしにしても、平和がいいに決まっていますが、そのために武器を使用するか否かを含めて、平和をどうしたら実現できるかをときに考えたります。現状では隣国の侵攻から国土を守る最低限の武力は必要だと感じざるを得ません。しかし、本作のなかで起こったように、そうしたなかで必ず家族を支える貴重な人たちの命が奪われていくことが避けられず、それでも国と国とは戦わざるを得ないのだろうか・・と重い気持ちになって、映画館を後にしました。

 

P.S.本作のテーマとなった航空母艦ですが、航空母艦といえば、日本は歴史上、あのミッドウェー海戦においてほぼすべての空母が全滅してから、建造していないと思うのですが、あの日本にとって痛恨の戦いとなったミッドウェー海戦をもう一度映画的にうまく表現した作品を観てみたいものです。かって「山本五十六」という作品でなかなかいい感じで描かれていましたが、南雲中将の判断の是非、運命の6分間、山口多聞少将の飛竜の敢闘等々を含めてミッドウェー海戦というのはスケールが大きく日本の歴史上大きな意味を持った大敗北と喫した海戦であり、この戦いの全容を我々日本人がいつか直視できる日が来なければ、再び航空母艦建造への道は踏み出せないのではないだろうか?ということを考えざるを得ない気持ちにしてくれた本作でした。

2019年

6月

18日

アラジン

最近かつての定番アニメの実写化が盛んですが、そのなかでも期待の本作を上映開始間近にT-JOY東広島の大スクリーン6番シアターにて修行してきました。

 

ストーリーはアラビアンナイトの「アラジンと魔法のランプ」でもあり、概略はほとんどの人が知っているのではないでしょうか?

しかし、本作を観て感じたのはまずまず紆余曲折がある成年の成長物語として、しっかり地に足がついた作品だな~という印象を持ちました。

 

しかし、なんといっても見どころは主題歌をはじめとしたミュージカル仕立ての楽しい展開ではないでしょうか?ここ数年注目されているインド映画であるボリウッド的世界を推し進めており、ボリウッドに対するハリウッドからのアンサーソングのような印象を持ちました。

 

加えて、音楽を担当したチームはあの「ラ・ラ・ランド」の音楽を手掛けたチームでもあり、全編に楽しく眩いばかりの音楽がちりばめられており、ミュージカル好きのわたしなどからすれば、再度の修行に来てもいいな~という出来でした。

 

本作の素晴らしさからすると、今冬に公開される「アナ雪2」も今から楽しみですね。

 

P.S.結局、8月に入り、再度の修行に行ってきましたが、やはりいい映画は何度観てもいいという感じで話を追うことにとらわれず、ゆっくりひとつひとつのシーンを堪能してきました。とくに魔法の絨毯でふたり空をかけるシーンは素晴らしく、幼い頃によく夢でみた景色のようなデジャブ感のあるもので、何度でも観てみたいという気持ちになりました。