【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2018年

3月

18日

北の桜守

本作を封切間もないT-Joy東広島6番シアターで修行してきました。

 

T-Joyを運営する東映作品でもあり、吉永小百合の旧作も再上映したりして、T-Joyも気合いが入っているので、当然のように大スクリーンでの修行となりました。

 

吉永さん通算出演120作めという節目の作品であり、劇中では30代から70代ぐらいまでをひとりで演じているという渾身の作品です。

 

物語では、かつて終戦のどさくさまぎれに、日ソ不可侵条約を一方的に破って侵略してきた南樺太での家族の悲劇と再生が描かれており、戦後の貧困のなかから苦難を乗り越えて成功した次男と老いた母親の物語です。

 

劇中に最初しか登場しない、父親や長男の消息はそうした歴史を知るものなら、簡単に予測でき、物語自体は驚きはない展開なのですが、ソ連によるシベリア抑留やアメリカやソ連による民間船(対馬丸などの悲劇はいまも思い出されています)への無差別攻撃という戦争中においても、国際法的にルール違反である蛮行を受けての家族の運命の物語は数多く表現されており(劇団四季によるミュージカル「異国の丘」も泣けました)、やはり何度みても悔しく痛ましい想いがふつふつと湧いてきます。本作は創作なのですが、これとよく似た話はおそらく日本の北でも南でも当時は結構あったのではないでしょうか・・・?

 

そうした悲劇を経て、懸命に高度成長の時代を生き抜いた母と息子が桜の下である境地に達する・・というシンプルな話なのですが、戦争と絡めなくとも逆境から這い上がっていく家族や母親と子どもの話は、大げさかもしれませんが、わたし自身にもそうした感触には少し心当たりがあり、いろいろなことを思い出し、ややセンチメンタルな心境になったりもしました。

 

それにしても、こうした悲劇を生みださないためにも、戦争は避けたいものです。戦争を避けるには、戦争をしないという庶民の決意だけでは難しく、政治による外交という手腕・技術が必要なのですが、ここ最近の日本政府の右往左往を観ているとやや心配になってしまうのはわたしだけでしょうか? 本作を観終わって、やはり戦争だけはいやだな~という感慨をもって、真夜中の帰路に着きました。

 

P.S. 本作はふつうの映画構成でなく、ところどころに舞台演出を入れているというややアバンギャルドな構成だったのですが、舞台演出のクレジットにはケラリーノ・サンドロヴィッチという名が。どこかの東欧系外国人と思い興味をもって調べてみると、なんと元・有頂天のケラではないですか!わたしは青年期に雑誌「宝島」文化の洗礼を受けた世代であり、ナゴムレコードやキャプテンレーベルといったインディーズ系のロックバンドを愛聴していた時期がありました。有頂天もそうしたバンドのひとつであり、そのボーカル兼リーダーだったケラがいまも、舞台演出家として活躍していたことを知ったことは望外の発見であり、なんだか古い友人の活躍を予想外の場所で知ったようでこころがちょっとだけ舞い上がってしまいました。それと同時に自分もケラとは居る場所や部門は違えど、いい仕事をしなくてはいけんという気持ちを新たにしました。

 

2018年

3月

09日

15時17分、パリ行き

本作をやっと寒さが緩み、春の到来を感じられる夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

御年87才になったクリント・イーストウッド御大の最新作です。グラントリノ(素晴らしい傑作でしたね)以降はもうフィクション(創作話)など撮っている暇はない、自分に残された時間はすべてアメリカ人が実際に体験し関わったTrue Storyだけを描きたいんだ・・・と監督が呟いているように妄想してしまうほど、近年は徹底的にアメリカ人の実際の生き様を描く監督。

 

本作ももちろんその潮流に逆らうものではなく、実際にフランスで発生した、一人の中東人による列車テロに偶然居合わせた三人のアメリカの若者が勇敢にもテロリストに立ち向かい、予想される悲惨な被害を未然に防いだという実話を詳細に描いた作品です。

 

特筆すべきは、三人の若者はもちろん、当日の乗客も実際の事件の当事者が映画のなかで、再び再現フィルムのように演じていることです。(これで犯人も同一人物ならおもしろかったでしょうが、さすがに犯人はまだ牢屋のなかです。)

 

本作においても、イーストウッドが近年こだわる、世界のなかで悩み活躍するアメリカ人が描かれています。いろいろな挫折を経て、偶然のように集まり、束の間悪ふざけをしながらヨーロッパ旅行をしていた、どこにでもいそうな典型的なアメリカの若者が、勇敢にも異郷の地で素晴らしい人命救助を行い、地元の英雄になったという実在した物語。

 

観る者としては、ほぼ物語の顛末が見えており、意外性もなくやや退屈なぐらいあっけなく終幕を迎えた作品でしたが、イーストウッド監督がアメリカの若者に対して、「君たちはいつだってこの若者たちのように世界に貢献できるんだよ」と語りかけているような印象を持ちました。

 

かつては世界に君臨する軍隊を持ち、現代のローマ帝国のように振る舞い、「世界の警察官」とも称されたアメリカですが、最近はややかつての自信も失い、自閉的になりつつあり、オバマ政権からトランプ政権にかけて、その役割を自ら降りてしまいました。以後世界は、一見すると混沌に陥っているように見えます。

 

そうした世界のなかで、監督は作品を通して「まだまだアメリカには世界のために何かをやれる可能性があるんだよ、自信を取り戻そう、アメリカの同志よ!」と励ましているではないだろうか?・・・というような、またまたいつものたくましい妄想を抱きながら、帰路についたわたしです。

 

暗闇のなか車のステアリングを握りしめながら、監督のアメリカを表現する映画の旅はいったいどこにたどり着くのだろう?という不安と興味とともに、彼が走り続ける限り、自分もその辿りつく終着点を観るべく、最後まで付き合っていくぞという気持ちを新たに噛みしめた作品になりました。

 

 

2018年

2月

28日

グレイテスト・ショーマン

2月の終わりのまだまだ寒い夜に本作をT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

なんでもあの名作「ラ・ラ・ランド」のスタッフが集結して作ったという触れ込み(ただし監督は異なります)だったので、運よく大シアターの1番シアターでもあり、期待も高まっての修行となりました。

 

本作は、アメリカにおけるショービジネスの世界の基礎を実際に築いたと言われるP.T.ボーナムの半生記を描いた作品です。劇中歌の「This Is Me」も素敵な曲ですし、他の楽曲もなかなかいい感じでした。ミュージカル映画好きとしてはもちろん及第点に到達していました。

 

物語としては、社会からあぶれがちだった、さまざまなフリークスを集めて、見世物ショーにとどまらず、彼らに唄って踊ってもらうことによって、痛快なエンタテイメント(アメリカ流サーカス)にしてしまうという素晴らしい着想を得て成功していくボーナムを音楽を交え、カラフルに描いています。

 

そんな先進的なボーナムの発想も芸術評論家たちには評価されず、社会的評価を求めて、ヨーロッパの歌姫のアメリカ公演を演出するのものの、本来の劇場の経営がおろそかになり、苦境にたたされていく苦境のなか家族との絆に気付き、劇場を再興し、最後は劇場の運営から身を引き、後輩のフィリップに任せ、家族に戻っていく、かっこいいボーナム。

 

本作を鑑賞するにあたっては、音楽と登場人物らのショーマンシップを単純に楽しめばいいのでしょうが、どうも不思議な違和感・・。本作は実話ということですが、ボーナムはこんな潔く一線を引いたのだろうか・・?という素朴な疑問を持ってしまいました。

 

蛇足ですが、ボーナムのグレイテストショーの構成世界にはどこかでかつて見た覚えが・・と感じいろいろ思案した結果、ふと思い出したのが、いまも日常的に愛聴し敬愛するボブ・ディランのアルバム「地下室」の裏ジャケットです。

 

まさに本作で観たショーの世界と「地下室」の裏ジャケットの世界はシンクロしており、ディランがジャケットに採用するほど、ボーナムの作った世界は確かにアメリカのショービズに影響を与えたことを妙に実感し、なんだか演劇と音楽が繋がったかな~という感慨を覚えながらの帰路となりました。

 

2018年

2月

15日

キングスマン ゴールデン・サークル

本作を2月の凍えるような寒い夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。こうしたマニアックな作品が地元東広島の映画館で観れるのは素晴らしく本当にありがたいことです。

 

前作「キングスマン」も痛快この上ない作品に仕上がっており、続編である本作にも否が応でも期待が高まっての映画館入りとなりました。

 

こうした映画の内容についてあれこれコメントするのは野暮でありやめときますが、一言で言っていやはやスピード感あふれる痛快かつギャグ満載のコンパクトな佳作となっていました。物語の展開のスピード感といい、ナンセンスな悪党の趣味やアクションのド迫力といい、十分満足な作品となっていました。さすがあの偉大な佳作映画「キックアス」を撮ったマシュー・ヴォーン監督です。素晴らしい抱腹絶倒の佳作となっていました。

それにしても人間までミンチにしてしまうあの恐るべきハンバーガー製造マシーンには入りたくないものですね(笑)。

 

P.S.本作を上映してくださって、T-Joy東広島のスタッフの方々に感謝です。こうした映画好きにはたまらない佳作映画を地元のT-Joy東広島で観ることができたら言うことありません。

今後、オンタイムのロードショーでなくても、時期の遅れたリバイバルでもいいので、映画好きなら絶対にはせ参じること間違いない、世界的大佳作「キックアス」、最近ならケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」や広島出身の名監督・大林宣彦監督の最新作「花筐」といった作品を日に一回上映でもいいのでこれらの素晴らしい作品を日常的に鑑賞できる街に東広島市が発展できたらな~と考えてしまいます。

わたしも労をいとわずに広島市内まで観に行けばいいのですが、時間や都合という壁に阻まれて、観たくて観たくてたまらなくても見逃してしまう作品が多々あります。残念で切ない思いが、こうした映画を見逃すたびに心のなかを駆け抜けていきます。

広島大学をはじめとして数多くの大学が本拠地を置き、アカデミックで、若者が多いこの街・東広島で、いつの日か30キロも先の広島市内まで出かけることもなく、上記のような素敵な作品群が日常的に気軽に観に行けるようになる・・・なんて考えるわたしはやはり夢想家でしょうか?

 

2018年

2月

07日

祈りの幕が下りる時

本作を今年の冬らしい零下の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。

 

阿部寛さん(普段は阿部ちゃんと呼んでいます)は個人的に応援している俳優であり、常に彼の出演する作品は観ておきたいという俳優ですから、当然、封切間もない大画面1番シアターでの修行となりました。

 

もともとはテレビドラマであった新参者シリーズの最終作ということでしたが、わたしはチェックしておらず、特に思い入れのない状態での鑑賞となりましたが、登場人物たちのキャラが憎らしいほど立っており、見ごたえ十分の内容となっていました。

 

過去と現代を行ったり来たりする主人公加賀恭一郎を演ずる阿部ちゃんも本領発揮しており、それを取り巻く人々の過去の恩讐の深さ、人々の営みの儚さ、愚かな欲望が複雑に混在しており、観ているとじんわりとこころの奥に響く作品となっています。東野圭吾の原作としては「容疑者Xの献身」のあの切なく胸をつかまれる感触を思い出させる作品です。

 

ひとつだけ気にかかったのは、物語のラストにかけて、加賀の母親(なんと伊藤蘭が阿部ちゃんの母親役を演じています)の失踪の原因がうつ病であったというように解題されていたことです。しかし、もし彼女が真正のうつ病であれば、失踪していきなり誰も知らない街で仕事をしながら、恋人まで作ってしたたかに生きていけることができるだろうか?という・・こころの医者としては素朴な疑問が残るものの、それに疑問を呈するのは野暮であり、シンプルに物語全体の謎解きの爽快さと人間の恩讐の深さを楽しむべき作品なのだと思いながら、寒すぎる夜空の下、いつものように夜の闇のなかに車を滑り込ませました。