【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

 

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、ストレスの捉え方の工夫をはじめとした精神療法やストレスを克服する運動療法、ときには自律神経を整える呼吸法の指導等を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2021年

7月

12日

東京リベンジャーズ

本作をオリンピックの観客問題で揺れる梅雨明けしたばかりの7月の夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

本作は原作漫画が少年マガジンで連載され、累計発行部数1000万部を超えるという大ヒット漫画の映画化で、一言でいうとヤンキー&タイムリープものです。最近、この手のタイムスリップを利用したパラレルワールドの人生修正物語って多いような気がするのですが、時代の気風がそうさせるのでしょうか?

 

本作は物語がどうこうというよりは、ズバリさまざまな登場人物たちが少し怖いながらも純粋で痛快で魅力的で眩いばかりの光に溢れています。住む世界が違えど、久々モノホンの溢れるばかりの「つっぱり魂」(すみません。モノホンも含めて死語の連発です)のカッコよさを実感しました。

 

とくに敵役かつ最大の悪と思われていた東京卍會のマイキーとドラケンのコンビが光っています。決してどんなことがあっても道理を通し、後にひかない漢気と熱い友情が画面いっぱいに炸裂しており、すっかりおっさんになったわたしでさえもこころが震えました。

 

とくに吉沢亮君(NHK大河の渋沢栄一と同一人物とは思えない役者ぶりです)演ずるマイキーは反則と言えるほど強くクールでかっこよく、軽々しい口調の裏に芯の強さが隠れているという、観てて惚れ惚れするような男前ぶりで、いやはやまいりました。男性のわたしでも惚れてしまいそうです。原作漫画でもさぞかし魅力的に描かれていることが容易に想像つき、機会があれば挑戦してみようという気持ちになりました。

 

以前に本ブログでもとりあげた「今日から俺は」や「やくざと家族」にも言えることなのですが、ヤクザおよびヤンキー映画には世界を愚直に真っすぐな視点でシンプルに描くことができる一筆書きのような風情があり、本作の筆さばきも痛快でさすが出色の面白さでした。

 

こんな真っすぐでかっこいい人物たちにはなれなかった自分のことはさておき、鑑賞後はこころにさわやかな風が一陣巻き起こり、輝くばかりの漢気と友情がいつまでも仄かにこころに灯り続ける作品になりました。 

 

2021年

6月

24日

キャラクター

予告編が血だらけの死体が大画面に映し出され不気味であり、残酷な殺戮の天使が登場するようなストーリを想像させ、修行するかどうか迷っていた本作。それでも躊躇しながら、梅雨も後半に差し掛かったじめじめした夜にわが街の映画館T-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

怖そうな作品という一方で、いま役者として油が乗り切っている小栗旬、メキメキ実力をつけ成長著しい菅田将暉、そして映画初出演のsekai no owariのFukaseが共演するという魅力もあり、不安を感じながらも引き寄せられるように映画館へと足を運びました。

 

物語は菅田くん演じる、画力は一流であるものの、人の好さもあり性格的な弱さから、読者を引き込む強烈なキャラクターの登場する物語が作れない・・という山城。そんなアシスタント生活ばかりの彼が、ある日偶然に殺人事件の現場に遭遇し、犯人の顔を目撃したことを機に、その犯人をモデルに殺人鬼を主人公にした漫画を描いたところ、そのキャラクターが読者のこころを鷲づかみにし、ついに大ブレイクし人気作家、そして億万長者となり、長年心配をかけてきた恋人とも結婚し、超高層マンションのメゾネットに仕事場兼住居を構えるという生活を実現するものの、Fukase演じる本物の殺人鬼・両角がその漫画に気づき、漫画で描かれた残酷な殺人事件を再現しながら、山城に徐々に近づいてきて、最後に虚構と現実の一線を越えて、ついにコンタクトを果たした結果に待つものは・・・??というハラハラドキドキの痛快な物語でした。

 

このまま終わってしまうと、単なる恐怖サスペンスホラーものなのですが、なぜ両角のような殺人鬼が生まれたのか?・・のエピソードがしっかりラストにかけて挿入されており、最近流行りの伏線回収?もできており、圧倒的におもしろいながら、オチもしっかりつけているという力技の作品でした。心配していた殺人シーンの残酷さは、事件後の遺体という形でほぼすべてぼかされており、凄惨さよりも物語の面白さに目が行くようになっており、ここら辺は永井監督のうまさを感じました。

 

原作はあの「20世紀少年」「マスターキートン」「モンスター」を手掛けた長崎尚志さんであり、言われてみれば、視聴後のこころに繰り返す残響にはデ・ジャブ感があり、それはあの名作「モンスター」に近いものがありました。

 

おすすめの本作ですが、実は一番印象に残ったのは、山城が成功した後に、住んだ天井まで伸びる高い壁となっている本棚がそびえるモノトーンのスタイリッシュなアトリエです。これは、アートのように赤と黒と黄色の殺人現場の写真が世界の混沌を表現するように壁に貼ってある天井の低い両角の住処であるアパートときれいに対称となっており、永井監督の密やかな美学を感じました。

 

そして最後にセカオワのFukaseくんについて一言。わたしもその音楽については、名曲「ドラゴンナイト」のころからフォローさせてもらい、いつも楽しませてもらっています。そんな彼はかつては「映画には絶対に出ない」とインタビューで応えていましたものの、プロデューサーから粘り強く口説かれ、出演することになったそうですが、出る限りはとことんまでやりつくすという彼自身の音楽に対する姿勢と共通する美学を感じさせてくれ、いつかまた映画で再会したいと思わされる出来であり、才能はあるところには無尽蔵にあるものだ・・と妙に納得しながら、夜の闇の中帰路に着きました。

 

2021年

6月

03日

いのちの停車場

本作を紫陽花が色づき始めた梅雨空の夜に、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

本作は、在宅医療の6症例を中心に、いのちに関わる医療の在り方を描いた作品です。ある事件をきっかけに、大学病院救命救急科でのキャリアを捨てて、故郷の金沢に戻った女性医師が在宅医療専門の診療所「まほろば」(素敵な名前です)を引き継ぎ、悪戦苦闘しながら、患者さんらとの出会いと別れを繰り返す日常を通して、いのちとは?というテーマを照らし出してくる作品になっています。ほのぼのな展開と思いきや、物語の最期には、老いた肉親の安楽死という重いテーマが待ち構えており、本質的にはヘビーな作品でした。

 

しかし、わたし自身が惹かれたのは、金沢の古くも懐かしい街並です。なにげない川沿いの屋根付きのバス停や古い扉を開ける昭和の診療所の佇まい、狭い路地の末にある行きつけの食堂の風情などがこれでもかというぐらいに展開し、もうずいぶん埋もれてしまった過去のこころの領域に光を当てられるような感覚を覚え、幼き頃にまだ若かった母と小さな弟と家に帰るため夜のバス停で雨の中ずっとバスの光が訪れるのを待っていた時間の残照がこころの奥から甦ったりしました。

 

また往診患者さんが数人というささやかな地域の診療所を中心に、仕事が終われば夜は先代院長からの行きつけの食堂&バー「ステーション」で、マスターのモンゴル料理に舌鼓を打ちながら、お酒を嗜み、ときにはマスター(みなみらんぼうさんが演じています)自らの弾き語りを聞いたりする生活は、日々診療に追われ、たまの映画鑑賞やひとり読書などをささやかな楽しみとしている我が身からすれば、羨望の世界がそこに繰り広げられられていました。

 

そして、何といっても気になったのは、主人公が老いた父親と暮らす実家です。金沢の街を見下ろす高台の昔ながらの洋館。引き戸をあければ居間から雪の降りつもる金沢の街の様子や川の流れ、人々の行き交う通りを眼下に一望できるという格別なロケーションに存在する洋館。こんな素敵な家は金沢に実在するのか、完全に架空な建物なのか、とても気になりました。もし実在するのであれば、一度は訪れてみたいと思わせるぐらい素敵な家の風景でした。

 

本作のテーマとはまったく外れた部分にばかり興味をもってしまいましたが、なんやかんや言っても、白石先生のその後と温かな地域の診療所「まほろば」はこの先どうなってしまったのだろう?という気持ちがどうしても残ります。

 

おそらく野呂青年は晴れて医師国家試験を合格し、医者になり金沢の街に戻り、星野看護師とともに4代目院長として地域医療を担っていくという未来が理想なのでしょうが、野呂青年は大病院の御曹司でもあり、そう簡単にはことは運ばないような気もしますし、平和な診療所運営には山あり谷ありの道が待っているに違いなく、そんな未来ものぞいてみたくなる作品でした。

 

我が身を振り返れば、こんなロケーションもよく理想的な診療所で働くという状況ではないですが、親切で思いやりのあるスタッフとともにやさしく誠実な患者さんを迎えてささやかながらも温かく小さな診療所で日々働けているわけで、そのありがたさを噛み締めてまた日々の診療に戻ろうという想いを強くしながら、帰路に着きました。

 

2021年

5月

15日

ノマドランド

本作を新緑の眩しい5月の夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。本作はかなり静かで深い文芸的映画であり、通常広島市のサロンシネマ系でしか上映してもらえない作品タイプなのですが、本年度のアカデミー賞作品・監督賞・主演女優賞など主要3部門を獲得した影響で、わが街の映画館での短期間の上映がかないました。いまコロナ禍に騒がしいなかで、広島市内まで足を延ばすのは億劫なだけに、T-Joy東広島に感謝です。

 

毎年本ブログでもつぶやいているように、近年のアカデミー賞は、痛快エンタテインメントより、やや暗くしぶ~い社会批評もしくは文学的作品を好み、こうした作品群が大賞を受賞しており、本作も完全にこの流れと言えます。

 

本作は、アメリカにおいて、停年が近づき仕事を離れて、あえてノマド(放浪の民)となる高齢者たちを描いています。アメリカの現代社会のなかで着実に増えつつあるノマドランド。それはホームレスというより、ハウスレス。自らの意思で家を捨て、アメリカという大地を放浪しながら、バン(ワゴン車)で生活することを選択した高齢者たちのリアルな生活が活写されていました。

 

そして、これがなかなか含蓄のある味わい深い風情なのです。一定の場所にとらわれず、行きたい場所をめざし放浪しながら、定住生活者ともときに交流しながら、生活していくファー(主人公の女性です)。ときに定住しての共同生活を誘われながら、亡き夫への想いを秘めて、大地とともに暮らす女性が力強く描かれています。「さよなら」ではなく、「いつかまたこの路上で会おう」という言葉を交わしながら・・・。

 

こうした路上生活(まさにOn The Road)は言ってみれば、アメリカの歴史そのものであり、建国時の西部開拓者(Vanguard)に始まり、1940年代から50年代にかけて列車の屋根の上に乗り無賃旅をしたホーボー、60年代に自動車(motorcar)でアメリカンウェイを探し求めたビートジェネレーションなどもその系譜に繋がりますが、現在はノマドという生き方により伝承されているわけで、わたしも本作を観てあらためて、「アメリカは無理でもせめて日本のなかを放浪してみたい」との想いを喚起されました。

 

さらに本作においてはアメリカの素朴な大地、雄大で何とも言えない朱色に染まる夕焼け空などの風景がこれでもかというぐらい詩情豊かに表現され、ファーの営む質素かつ簡潔な生活との対称関係も素晴らしい文学的作品となっています。こうした世界は、個人的には完全にストライクゾーンであり、感涙作品なのですが、ほんの15年も前だったならば、知る人ぞ知るというニッチなマイナー作品であったような気がします。いずれにしても現代において本作がアカデミー賞作品賞はじめ主要3部門を獲得するという事態は、ここ数年来急速に進むアメリカ映画界のスモール化のなせるわざなのでは?なんてまたまた思ったりしました。

 

本作に刺激されて、いつかこんなノマドライフを送れたら・・なんて思ったりしますが、この生活様式を社会が許容するには、我が国土は狭すぎるきらいがあり、わたしの場合、将来できたとしても、せいぜい車中泊の温泉巡りという段に落ち着きそうです。そんな生活さえこれからずいぶん先のことであり、まだまだこの地で元気に働きつづける日々となりそうです。

 

P.S.もし本作の世界にはまり、アメリカの放浪・漂泊する魂たちに興味を持った人がおられたら、同じアメリカの2007年作品で、上映当時はまさに知る人ぞ知るという作品(なんとあのショーン・ペン監督作です)であった「イントゥ・ザ・ワイルド」をおすすめします。アメリカの名門大学を優秀な成績で卒業しながら、その直後に家族と連絡を絶ち、単身ひとひとりいないアラスカの深い森の中の生活に入っていった実在の若者を描いた映画ですが、アメリカ人の魂に流れる自然への共鳴、共生思想が本作と通底するように流れており、この作品を広島市内のサロンシネマで観た当時、名もなきアメリカ青年の魂にそっと触れたような感覚が訪れ、不覚にもわたしの目には一粒の涙がこぼれる傑作でした。おすすめですよ。

 

2021年

5月

05日

名探偵コナン 緋色の弾丸

本作を静かなGWを迎える少し前にT-Joy東広島にて修行してきました。

 

もうわたしが何かを語る必要のないぐらい有名かつ人気シリーズです。実は子どものころ、コナンドイルによるシャーロックホームズシリーズや江戸川乱歩先生、横溝正史先生らの世界にどっぷり浸かり、人の怨念や執念の恐ろしさ、どうにもならないドロドロした世界の強烈さに少年時代に一発かまされ、その後の人生観においても大きな影響を受けてしまった推理探偵小説マニアのわたしにとっては、ドイルや乱歩先生らの原作そのもののほうが、いまだに物語の設定、あっと驚くような恐るべき展開、深い人々の怨念や含蓄や教訓という点において、名探偵コナンはこれら名作の足元にも及ばないのではないかという想いが実はあります。

 

しかし、そうは言っても本作名探偵コナンシリーズは知名度や人気においては、それら過去の遺産を完璧に凌駕しており、世界的人気を博していることは間違いのないことであり、ここまで世界の人に愛されていることには、ホームズ、乱歩、横溝ファンとして、多少の嫉妬を覚えて観てしまいますが、所詮これも中年おやじのひがみかもしれません。

 

いろいろな複雑な思いを抱えての鑑賞となりましたが、本作の楽しみな点は何といっても、毎回変わる舞台です(007やM.I.P.シリーズなどスパイ・探偵ものの定石です)。さらに今回は我が故郷名古屋を舞台としているとのことであり、素直に喜ばしく、名古屋のどんな風景を切り取ってくれるかな~という楽しみを持っての修行に入りました。

 

観終わって、アニメながらの明快さ、スピード感、ハラハラ感満点の相変わらずの素晴らしい出来でした。名古屋については、名古屋城と名古屋港周辺をとくに取り挙げてくれていました。

 

とくに地元では「名港トリトン」と呼ばれる、現在は新名神高速道路の一部分となっている三連橋がかなりリアルに表現されており、思わずニヤリとしてしまいました。

 

思えばわたしにも若き時代があり、その頃この橋は「名港西大橋(めいこうにしおおはし)」と呼ばれ単独の橋として存在していました。当時はまだ現在のような三連橋にもなっておらず、もちろん高速道路でもなく、飛島埠頭と金城埠頭を繋ぐ役割があるもののすぐ北には国道23号線(通称:名四国道)も走っているため実用的ではなく、なんのためにこんな橋を建設したのだろう??という感じの橋(のちに新名神高速道路になることを知るのですが、当時はそんな計画があるとは露知らずまったく未知の橋だったのです)でした。その結果建設当時はひまを持て余す若者たちのナイトドライブコースもしくはデートスポットとして地元では知る人ぞ知るポイントとして機能しており、わたしなども橋上に車のエンジンを停めて、真夜中を越えて昇ってくる日の出を待ちながら朝を迎えたこともあるという、センチメンタルかつハートビートな世界を演出する目的不明の謎に満ちた真っ赤に塗られた不思議な橋でした。その橋に停めた車のフロントガラスから眼下に見える名港埠頭のやさしげなカクテルライトやコンテナキリンの群れをぼーっと眺めながら、付き合っていた女の子や親友らと、当時の熱い想いや好きだった音楽や文学、これからの進路や未来や人生論などを大いに語りあったりした経験(当時の名古屋人なら必ず一度はしてみた行為ではないでしょうか?)などもありました。まさにわたしにとっては青春のR&Rナイト大橋(by佐野元春)だったのです。

 

その橋が30年ほどたち、いまや名探偵コナンの舞台になり、それら思い出のつまった景色を背景にコナンくんが巨大な輝く銀幕のなか迫力満点にジェットボードを乗りこなしながら、目の前を暴れまわっているというだけでなぜかうれしく誇らしくワクワクしながら、青年期の記憶がオーバーラップし、映画上の物語と個人的体験の記憶が激しく錯綜し、映画館の暗闇のなか頭のなかがクラクラしてしまいました。いい歳してお恥ずかしい限りです。

 

結局、コナン少年に軽い嫉妬を覚えていながら、すっかりその作品世界に魅せられ、毎年本シリーズの映画体験をするたびに徐々にコナン世界のファンになっている自分を今回も認めてしまうコナン映画体験でした。来年も可愛く勇気や愛のあるコナンくんの大活躍に期待しています。