【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019年

12月

10日

蜜蜂と遠雷

12月初旬の寒い夜に本作を修行してきました。最近ときどき見られるギフト(才能)ものです。

 

テーマは音楽。そしてピアノ。わたしも個人的にはモーツァルトやショパン、ドビュッシー、サティ、エヴァンスらのピアノ作品を日頃から仕事の合間に愛聴しており、とても楽しみな作品でした。

 

それぞれ背景や境遇、天才の要素が異なる4人がひとつのピアノコンクールという舞台を通して、そこで迎合し、なにかをスパークさせ、その才能をさらなる高みへと昇華させていく過程が実際の音と映像を通して適格に、かつ気持ちよく表現されており、こんな映画を日本は作れるようになったのだ・・と感嘆しながら見終えました。

 

実際に本作のために作曲された「春と修羅」と4人のそれぞれのキャラクターの違いにしっかり寄り添い作曲され演奏された4種類の異なるカデンツァももちろん素晴らしいのですが、何といっても主人公と少年が夜誰も知らないピアノ修理工場で奏でる連弾・ドビュッシーの「月光」のシーンにうっとりさせられました。

 

もうこれらを音と映像で表現していただいただけで大満足の本作なのですが、主人公の母親の死に伴う葛藤を交えながらこのコンクールの結末までを淀みなく素晴らしい音楽と映像を交えて表現されており、ひとつの映画作品として原作を知らなくても十分に完結しているという点が素晴らしく、劇場ではわたしを含め10人ぐらいの観客だったのですが、もっとたくさんの人の目に触れるべき作品だという想いを持ち、映画館を後にしました。

 

P.S.本作は音楽表現を映像にした傑作ですが、音楽表現をテーマにした個人的に思い入れの深い傑作音楽漫画があります。それは「のだめカンタービレ」と言いたいところですが、「変奏曲」(竹宮恵子作)です。これは同じ時系列的出来事をそれぞれの登場人物の視点から、まさに変奏曲のようにさまざまに異なる複数の表現を呈しており、「革命と運命という十字架を背負いながら人生という列車のなかを流れ消えていく音楽と情熱」を素晴らしく深く表現している金字塔だと思います。これが今から40年近く前にすでに表現されていることに脅威と感嘆を覚えます。10代後半で本作と出会ったわたしは即座に本作に完全にノックアウトされ、その後何十回も繰り返し読みながら、・・芸術や表現で魂を磨いていくという世界があるのだ・・ということを知り、その世界にあこがれ、現在のような仕事に繋がっていくきっかけを作ってくれたといえるような、感謝すべき作品です。でも残念ながらあまり知られていません。もし音楽の映像もしくは漫画的表現、魂の探求、旅としての人生に興味を持つ方がいましたら、チェックされることをお勧めします。

 

 

2019年

11月

30日

宴の後に

5年に一度、オリンピックより頻度の少ない小学校のクラス会が終わってはやひと月ほどたちます。

 

わたしのクリニックブログは意外に古い友人らも読んでくださっていて、前回のクラス会についてのブログアップのあと、それを読んでくれた広島ゆかりの友人から、いつかわたしが故郷に戻りたいと念願しているのでは・・?との感想を持ったとメールにていただきました。

 

それについて今日は徒然なるがままに書いてみようと思います。

 

まずは結論から書くと、わたしは二度と愛知に戻って定住することはないです。もちろん正月ぐらいはさすがに帰省したり、5年に一度のクラス会に歓んで出席しますが、それだけです。

 

いくつか理由があるのですが、最も大きな理由は広島という土地や風土や人たちが、かけがえのないものとして、30年間にわたしの魂に沁みついてしまったからです。30年以上前に最初広島に住み始めたときは、千田町の下宿で黄色く光る裸電球の下、薄いふとん(最初の一か月は寝袋でした)にくるまれて木の天井の年輪や染みを見つめながら、「早く医者になって名古屋に帰りたい」と毎晩のように涙を流さんばかりに願っていたのだから不思議なものです。

 

大きかったのは、何と言っても人との出会いでした。いろいろな広島人が医学生であるだけの何の資格もなく何者でもない夢だけを抱えた小さな存在をあたたかく受け入れ助けてくれました。愛知にいたときは、常に背後に家や親戚や地縁、血縁というしがらみに近いものを感じながら、高い生産力を持つ風土独特の競争原理の下、それなりに努力し切磋琢磨しなんとかサバイバルしていた自分は、(周りの人にはそう見えてなかったとは思いますが)笑顔の下で傷だらけでボロボロになった魂と大きな不安で満たされた心を抱えてやっと広島に辿り着きました。文字通り仕送りゼロの広島生活の始まりでした。

 

そんな何もなく裸同然の自分なのに、下宿(なんと家賃1万2千円でした)の大家さんらをはじめ、あまりにも多くてここではあげきれない人たちが助けてくださり、そんな人らの物心両面にわたるサポートがなければ、すぐにでも広島での生活は破綻しており、いまの自分はなかったはずです。

 

その間、そんな温かい支援や心配をよそに音楽や漫画や映画、文学、思想、哲学といったサブカルチャーや友との冒険・恋・旅にうつつを抜かしまくりました。そんなわたしが大学をやっとこさ卒業して「はい、さようなら~」とはいかないほど多くの人の恩や糧、エネルギーを広島という風土や人からいただきすぎました。少しはこの広島の地に恩を返さないとということで、医者になり数年は広島に残ろうという選択を当時したような記憶があります。(もちろん母校の広島大学傘下の病院での研修のほうがなにかとやりやすいという要因もありました)

 

こうして医者になった後もさまざまな縁は続き、さまざまな出会いを得て素晴らしい先輩医師(すべてではないですが、ときにレアメタルのように素晴らしい先生がおられました)の方々の背中を追いかけて一人前の医者になっていき、いま東広島市の片隅で心療内科クリニックを営むに至ったわけですが、もうこの風土と人なくしては成り立たないほどの魂となってしまっており、この数十年間も一年に一度の帰省のなかで、故郷・愛知に戻るたびに、風土の違い、人の違いを感じ、自分がゆったり自分らしく生きていけるのは愛知でなく、広島だと自然に感じるようになったのだと思います。

 

加えて、先日のクラス会で最後まで飲み明かしたふたりの竹馬の友にしても、現在はふたりとも故郷・愛知を離れ、それぞれ東京や神戸で会うことが中心であり、愛知に帰ってもそこには10代までの自分の影と古い町並みと過去という時間しか存在していません。もちろんそれをたまに帰省して感じることはいい刺激にはなっています。まさに故郷は遠くにありて思うもの・・です。

 

そんなこんなで、わたしの故郷はいまや広島であり、一番安らぐ場所もこの街です。瀬戸内の温暖な気候も素晴らしいし、よそ者にも優しい中立性の高い優しい人の気風、穏やかな海もあり雪山もありそこそこ街文化のある土地の中庸さも大好きです。(愛知は寒暖差は激しく、よそ者には結構警戒心が強く人見知り強い土地柄であり、これらの点ではほぼ反対と言えます。)

 

しかし、最初の故郷・愛知はその豊富な生産力(世界に冠するトヨタを生み出した力はいまも健在です)や革新的な創造性(織田信長、豊臣秀吉をはじめ、日本の歴史に革命的変革をもたらした創造の魂を生んだ風土です)は、わたしのこころのなかでは常に生き生きと存在しており、10代の頃人生の初期にそこで生まれ育ったことには今も感謝しており、そこで培った想いやものを考えたり観たりしたことが、今も価値観の物差しとしてこころの基盤となっており、魂の最初の形成は愛知から始まったことは間違いなく、その愛知に加えて現在の故郷・広島での人や土地との出会いを得て、自分は本当に運が良かったとつくづく考え、そのありがたさを噛みしめながら日々を過ごしてるわけです。

 

長々と書いた割にはまだ言い足りないことばかりなのですが、たまには過去をこんな風に振り返ってみるほどに時間は残酷にも積み重ねられ、わたしもすっかりいい中年おじさんになってしまったのだと笑ってやってください。

 

そんなこんなで明日からも感謝の気持ちをもって愛知と広島とイタリア?(行ったことはないのですが、憧れの場所です)の間に魂を漂わせ行き交いながら、物理的にはたまの宴を愛知でしつつ、こころとからだはこの広島で生きて精進していこう・・・なんて思っています。まだまだ今も魂ははるかな道の途上であり、努力し勉強し達成したいことはヤマとあるのですから(笑)。

 

P.S.写真はクラス会後に愛知から来てくれた友達とともにドライブがてら訪れた野呂山展望台からの夕景です。箱庭のような瀬戸内の多島美と穏やかな海の風景と静寂が素晴らしく、広島の風土の素晴らしさを表現する有数の場所ではないか・・と常々思っています。

 

 

2019年

11月

10日

桜小学校クラス会

11月3日、名古屋市内のホテルにおいて、わが母校桜小学校の同窓会に行ってきました。

 

このブログにも以前に書きましたが、2年ほど前に広大医学部の同窓会に参加して以来の同窓会です。以前書きましたように大学同窓会は久々に会ってもあまり容貌や境遇に変化なく驚きという点ではやや面白みに欠ける面があるのですが、その点小学校時代の同級生はさまざまな異なる人生を送っており、驚きの変化や成長を遂げている級友もいてとても刺激になり、5年に一度の開催なのですが、今年の最大級のビッグイベントと言えるぐらい楽しみにしていた会です。

 

当日は正午から始まって、一次会、二次会と順調に進み、三次会では仲のいい野郎のみ6人となり、名駅の地下街にある名古屋人のソウルフードである寿がきやラーメンを食べて、それから近鉄に乗ってわが故郷・弥富に戻って、我々にとっては母なる河川である木曽川のほとりで、川の流れと近鉄とJRが並行して走る電車の列と木曽川にかかる鉄橋が奏でるあの耳に慣れたガタンゴトンガタンゴトン・・・・という独特の金属音を酒の肴に、小学校時代から途切れることなく付き合っている竹馬の友ふたりと三人でワインとチーズ片手に堤防をテーブル代わりに尾張大橋を眺めながらの4次会(写真がその会場です)と相成りました。ここでの歓談にも飽き足らず、地元にある居酒屋「昭和食堂」に繰り出し5次会を行い、散会したころには日付を超えていました。

 

ここまでほぼ12時間かかっており、さぞ堪能したと思われるでしょうが、わたしにとってはあっという間であり、参加していた50人弱の同級生たちの数人としか話もできなかったことに加えて、小学校時代のマドンナであった女の子とはなんと一言も言葉を交わすこともなく終わってしまい、これでまた5年後か~という感慨が残るものになりました。

 

しかし一方では、前回、前々回と違い、温かい満足感もあります。会話は交わさなくても元気な顔を拝めただけでも十分で、今属する世界は想像を絶するほど互いに異なっているはずで、その穴埋めというかお互いの境遇の理解は5年ぶりの短い時間の会話ぐらいではできるはずもないこともこころの片隅では承知しており、小学校の同窓会も3回めとなり(恥ずかしながら、一回目の同窓会ではそうした時間の壁や境遇の違いなんぞ会って顔を突き合せれば軽く乗り越えられるぐらいの幻想を持っていました)、そういう同級生らとの距離感みたいなものが定着というか現存していることを是非もなく実感しました。

 

実は参加する前は、現在、仕事的にクリニックの受付スタッフふたりがほぼ同時に産休に入ったりして、総替えという状態でありなにかと事務的な次元で調整や苦労が多いことなど・・そんな日頃の仕事の話もうだうだできたら・・・なんて思っていましたが、そもそも医療関係に属している級友もほんの数人であり、そんな世界には興味のないのが当たり前であり、そうした話はのどの奥深くにひっそりと飲み込みました。

 

いずれにせよ、この故郷のなかで同級生らとの迎合を通して、幼かったわたしは運よく道を大きく踏み外さず育ち、それなりの成長もして、さまざまな時間と経験と紆余曲折を経ながら今の場所に辿り着いているわけで、木曽川の流れや故郷弥富の金魚池(いまはそれらはずいぶん住宅地に変わりはてましたが)が多い、見通しが良い水郷の風景は常に心の底にあり、広島にいてもアイデンティティはかの地にあり、そこで出会った級友たちには今も感謝の気持ちしかありません。

 

そんなこんなでさまざまな想いを抱えながら、名残惜しくも、翌朝にはとんぼ返りで自家用車で広島に戻り、また翌日からこの東広島の地で日々の診療に全力を尽くしていく道がわたしには続いています。同窓会でのかつての級友たちの笑顔や姿はわたしにとっては心の栄養・・というか光のきらめくプリズム・・・のようなものであり、今後もその光の粒を胸に秘めながら、いま目の前に続くこの道を駆け抜けていく決意を新たにさせてもらいました。5年後も楽しみです。

 

P.S.束の間のセンチメンタルジャーニーを5年ぶりに経験したばかりなのですが、いつか同窓会という立派な会でなく、ざっくばらんな飲み会を地元で気の置けない小学校の級友らとしたいものです。

 

2019年

10月

30日

ジョーカー

本作を11月が近い秋の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。あのバットマンシリーズ(とくに「ダークナイト」は映画史上に燦然と輝く傑作ではないでしょうか)に登場する複雑で奇怪で観るものに不快感と恐怖を与える希代の悪漢、ジョーカー。普通のお笑い芸人を目指していたアーサー青年がどうやってあのような奇妙奇天烈な人物ジョーカーになったのかという物語です。

 

ゴッサムシティで、母親から「どんなときでも人を笑顔で楽しませなさい」という訓示を幼いころから与えられ、それを実現しようと日々悪戦苦闘するアーサー。しかし、そんな彼に世の中や周囲は容赦なく悪意を振りまき、結果、拳銃を手にしてしまうアーサー。

 

そんな不条理な世界を相手に奮闘しながら、出生の謎にも突き当たり、最後はさまざまな悪意と不条理にブチ切れてしまい、あのジョーカーになってしまうという物語が2時間と少しの時間にぎっしり詰め込まれています。ここ最近のアメリカ社会の不条理に対する抗議も入っている一連の作品のひとつでもあります。

 

本作を観ていてどうもデ・ジャブ感があるな~と思っていましたが、ラストに明らかになりました。あの70年代の名作「タクシードライバー」です。このことは本作の製作者側もかなり意識していると見えて、ラストシーンでジョーカーの標的になるベテランコメディアンを演ずるのは、なんと「タクシードライバー」で名優の仲間入りをしたロバート・デ・ニーロその人なのです。ベトナム戦争の不条理に苦悩していたタクシードライバーを殺して、あの悪漢、ジョーカーは生まれたというわけです。これは偶然でもなんでもなくて、最初から本作を21世紀の「タクシードライバー」的社会的不条理批判作品として制作しようとしたものなのでしょう。

 

わたしとしては、アーサーが拳銃を手に入れたくだりがやや不自然かな~なんて思ったりはしましたが、そんな些末なことより、あの希代の悪漢ジョーカーがこうした経緯をもって生まれたということを知っておくことはこの先のバットマンシリーズを観るためのいい肴となりそうで、やはりこれは映画ファンなら必見の作品だなと思いながら、秋のさわやかな風を受けて帰路に着きました。

 

2019年

10月

20日

人間失格

本作を10月も押し迫り、秋も深まりつつある月曜の夜にT-Joy東広島にて修行してきました。あの蜷川幸雄舞台監督の娘さんで、写真家という面も持ち色彩の表現に独特のこだわりと才を見せる蜷川実花監督作品です。

 

本作は「人間失格」という小説原作の映画化ではなく、人間失格を描くに至った太宰治自身の生と死の世界を切なく美しく表現した映画です。

 

破天荒でふしだらな生活もあり、文壇から疎んじられながらも、ぎりぎりの狭間でヒット作を連発していながら、三人の子供を持ちながら、愛人とまたまた子供まで作り、それでいながら、そこからまたヒット作「斜陽」を生み出し、ついには結核まで患い、正妻からの叱咤激励&罵倒をまた「人間失格」という作品に昇華させていった時期の彼を鮮やかな色彩で彩りながら、堂々と表現しています。

 

本作も、愛と孤独、虚構と実像、生への執着と死への憧憬という相反する引き裂かれた二つの極を行ったり来たりしながら、それらが作品に昇華していくスパークするようなパワーを感じさせる時期の太宰の人生の一部が活写されています。しかし実は一方で、太宰が主人公と思わせて、太宰を翻弄し生のエネルギー、芸術のパワーを注いでいるのは3人の美しく才気煥発な女性であり、彼女らから見ると、太宰はこの世に素晴らしい文学を生み出すための単なる触媒のようであり、彼女らのほとばしるパワーとエネルギーの存在こそが、この映画の主要なテーマであり、監督の表現したかった主題のような気がしました。

 

そんなこんなで、本作はその映像美も含めて久々文句なしに痛快な邦画を観させていただいたような気がしました。大画面で観れてご馳走様でした・・・という感じを観終わったあとに自然に頭に浮かびました。蜷川監督の次回作にも期待です。

 

P.S.こうした世界にやや相似した生活を送る友人を実は知っています。残念ながら彼は太宰のような素晴らしい作品を公的には生み出していませんので、是非とも太宰まではいかなくとも素晴らしい芸術にその思いを昇華してほしいものです(笑)。