【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2017年

9月

03日

関ヶ原

やっと秋の風が吹き始め、夜もすっかり過ごしやすくなりましたね。わたしの映画修行もしばしの夏休みをとっておりました。この間、恒例の海水浴に行ったり、懐かしい友達と再会したり、いろいろと充実の夏を過ごさせてもらっていました。

 

さて久々映画修行の再開は司馬遼太郎原作の大作「関ヶ原」です。このテーマは歴史好きでなくとも日本人にはもっとも有名な戦でないでしょうか?最近多くなった戦国戦乱ものの大御所と言える本作の登場です。

 

さまざまな英雄が割拠するなかで、本作の映画化では石田三成に焦点をおいて物語が構成されていました。一見、人情に薄いと見られていた三成が実は情けも愛情もしっかり持っていたというエピソードを軸に、ライバル家康との関ヶ原での決戦を映像的にもまずまず破たん無く描き切っています。

 

いろいろな不満をあげればきりがないですが、エピソード満載のこの戦の起承転結をたった2時間半で描いたわけですから、これは大健闘と言えるのではないでしょうか?

石田三成がなぜ戦場で切腹を図らずに逃亡し、あげく捕えられ斬首されるという屈辱にまみえるという選択をしたかは歴史上謎が多い史実なのですが、そこを三成なりに、こうしたおおいくさを起こした首謀者としての矜持があったという物語にしていますが、これはこれでなるほど~こういう見方もあるか・・という感慨を持ちました。

 

本作の醍醐味はやはり実際には見る事のできない想像上の戦国武将を実際に映像化したことでないでしょうか?とくに島左近と大谷刑部の出で立ちと人となりは生き生きと描かれており、島ってこんな感じの武将だったんだという認識をいまさらながらに持ちました。

 

本作のテーマとして、正義=三成、野望=家康という構図で関ヶ原を描き切っていますが、もちろんそういう見方もできますが、史実を知っている後世に生きる我々としては、三成の豊臣への愛や正義よりも、家康の天下泰平の理想がその後の日本を作っていったことを知っているわけですから、三成の滅びというのが歴史の必然であったと、今更ながらに思いを新たにしました。だいたい主君である秀吉の晩年の横暴がこの戦に至った遠因でもあったわけですから。

 

いずれにせよ、この魅力的な物語をまた原作で再読しようという気持ちがふつふつとわいてきているわたしがいるということが本作が魅力的だった証拠だと言え、いい映画を観終ったあとの感慨を胸に気持ちのよい秋の夜風に吹かれながら真夜中に家路に着きました。

 

2017年

8月

11日

君の膵臓を食べたい

本作をクリニックのお盆休み直前の夏の夜にT-JOY東広島にて観てきました。

原作は昨年の本屋大賞第2位のベストセラー小説です。わたしは未読なので前情報まったくなしの鑑賞となりました。

 

さて本作ですが、主演の桜良(さくら)を演ずる浜辺美波さんが文句なくかわいく、死にゆく運命の下の儚く明るい彼女の笑顔だけで胸が締め付けられる作品です。

 

ただ物語的には北村匠海くん演ずる主人公の僕がありえないほど幸せすぎて、こんなことって実際にはありえないのでは?・・な~んておじさんとして当惑してしまいました。

 

だって、死の運命を背負っているとはいえ、こんなかわいい女の子に突然ある日を境に好かれまくり、さまざまなところに連れまわされて、あげくの果てにはふたりきりでホテルにお泊りまでさせてもらえる彼が、クラスではほとんど友達を持たない本だけが友達という孤独な、どちらかといえば暗めの男の子なのですから、まるで真夏の夜の夢のような話です。

 

そしてまたもや唐突な彼女の最後。病気で亡くなっていくと思わせておいて、この展開は意外を通り越して、偶然性が高すぎて物語の流れとしてはうーん?!そう来たの~?という感慨とともにあっけにとられた状態でのエンディングを迎えました。

ラストのエピソードもそれはそれで感動的なのですが、これもちょっと仕掛けすぎかな~という感慨をおじさんは持ってしまいそうです。

 

もっとも原作ではヒロインが僕に好意を寄せていく必然性がもう少ししっかり描きこまれている可能性があるわけで、物語に必然性や滑らかで自然な流れを想定してしまうわたしの感性が型にはまった窮屈なものであるともいえるかもしれず、うーーん、わたしなんかよりピュアでロマンチックな若い子らは本作をどう感じるのだろう?やはり悲しくて、せつない、青春時代のロストストーリーと感じるのかな~なんていろいろと妄想が膨らみました。それだけでも本作を観た甲斐があったことだけは間違いありません。

 

まあなんだかんだでいろいろ書きましたが、以前のブログでもお伝えしたように、こうした切なく哀しく美しい青春ものはわたしのストライクゾーンであり、物語の展開にぎこちなさや違和感を感じたものの、夏の夜の幻として本作はわたしのこころを十分に揺らせてくれたわけであり、感謝です。

これは確かに売れるわな・・なんて無粋な感慨とともに、汚れきったわたしのこころを少しだけ洗濯してもらったような感覚も得た、印象に残る作品となったことだけは間違いなさそうです。

 

 

2017年

7月

30日

パイレーツ・オブ・カリビアン Ⅴ

本作を夏真っ盛りの暑く寝苦しい深夜にT-JOY東広島にて鑑賞してきました。

 

気付けば大人気シリーズであった本シリーズもはや5作目です。最初の2作目までは文句なしの名作に数えられる本シリーズですが、ここ最近はやや停滞傾向にある感じがするだけに巻き返しを図りたいところです。

 

さてさて結果ですが、やや態勢を立て直したといったところでしょうか?作品的には本作だけ観ても十分に楽しめる構成になっており、自由奔放で鼻歌まじりに楽しく切ない海賊という人生を歩むジャックさえスクリーンで生きていれば、もう本作は永遠に続けていけるという確信を持たせてくれる出来栄えでした。要はジョニー・デップが嫌いでなければ観ておいて損はないという作品です。

 

本作のひそかな醍醐味は実は映像ではないでしょうか?海の上での船同士の夜の戦闘シーン、海に潜っての海賊同士の暗闇のなかでの戦闘シーンは実は今までなら難しかったのはないかと思われるのですが、本作では迫力十分で間近でそれが行われているかのようです。

映像技術の最新の進歩を堪能することができ、この映像のシャワーを浴びると理屈抜きに五感が喜ぶような気がするので、本作は最新の4Dシアターでの鑑賞にもっとも適しているのかもしれませんね。

 

2017年

7月

17日

忍びの国

本作をいよいよ梅雨あけを迎えた、からりと晴れた夏の夜にまたまたT-JOY東広島にて修行してきました。

 

最近、ヒット作連発の感のある、広島出身の和田竜原作の戦国時代ものです。忍者の生きる里・伊賀を攻略すべく戦をしかけた織田軍(といっても軽い知的障害があったのではと疑われる信長の次男・織田信雄が率いる織田軍なのですが)を大名も持たない忍者集団がなんとか一時的に勝利を収めるという実際にあった戦である「天正伊賀の乱」をもとに和田さんが例によって想像力の翼をはばたかせ、おもしろおかしく描いた物語です。

 

嵐の大野智くんはひょうひょうとして、コミカルとシリアスのバランスがよく、本作の主人公にはもってこいのキャラクターだと思いました。

 

わたしにとっては、準地元である三重県伊賀上野を舞台とした作品であり、子供のころよく訪れた伊賀上野城や本物の忍者屋敷に久々訪れたくなるような郷愁をそそる作品でした。

 

上野市は忍者の里でもありながら、日本の誇る俳人・松尾芭蕉の出身地でもあります。みなさんもいつか上野城を訪れた際は、お城の石垣を堪能されて下さい。忍者でさえ登ることが困難なぐらい険しい急角度の石垣を前にすると、当時本当に忍者がここに存在していたんだという感慨にふけること受けあいですよ。

 

2017年

7月

06日

花戦さ

本作をいよいよ夏の気配が近づいてきた夜に例によってメンズデイのT-JOY東広島で鑑賞してきました。

 

戦国時代に天下を獲った豊臣秀吉の横暴なやり方により、千利休をはじめとした気骨のある人々は死に追いやられた時代に、生け花を武器に天下人・秀吉に挑んだ池坊専好を描いた作品です。

 

芸に身を捧げたからには芸で身を削り、芸で身を助くるというテーマが儚くもなり、痛快でもあります。

 

本作はなんと言っても今が油の乗り切った、日本の誇る三人の男優の競演ではないでしょうか?

野村萬斎さん、市川猿之助さん、佐藤浩一さんらはその期待にしっかりと応えて、映画人としてのそれぞれの姿勢を歴史的偉人の古の姿を借りて競っているように見えました。

いま勢いのある邦画界ならではの華麗な絵心のある作品でしたよ。