【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2017年

4月

08日

開院5年目を迎えて

毎年桜の季節を迎えると、四季の心クリニックも開院日を迎えます。お陰さまで当院は平成25年4月に開院して以来、満4歳になりました。

 

この間、つらいことや悲しいことなどいろいろなことがありましたが、うれしいことが一番多かった気がするので、クリニックはおおむね幸せな航路を歩かせてもらっているのかなと思います。

それでも日々、さまざまな面においてまだまだ勉強しなければならないと感じることが多く、開院5年目を迎え、スタッフともども襟を正して日々の診療に力をそそぎ、地域の役に立てるよう精進していくつもりです。

 

引き続いての今後のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

2017年

3月

22日

サバイバルファミリー

本作を上映終了間近のT-Joy東広島にて鑑賞してきました。矢口史靖監督は過去に「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」といったコミカルながらも一本芯の通った作品群を生み出しており、本作においてもやはりそうした作風を期待しつつの修行となりました。

 

本作はかつてアメリカで起こった大規模停電事件をヒントに、日本でもありうる物語が展開します。

 

退屈な日常を営むどこにでもありそうな家族にふってわいた、突然電気ガス水道全てが停止するという非日常の世界。

スマホも紙幣も車も飛行機も一切の機械文明のシステムがダウンという状態に、さえないお父さんは郷里である鹿児島に向かう決断をします。その間にいろいろな物語が起こるのですが、それをシリアスになりすぎることなく、明るくけなげに家族の実相の変遷を伝えていきます。

 

彼らが西へ西へと向かうなかで、楽しくも泣けるエピソードを通して、ときに笑わされながら、こんな疑問が観る者には自然に頭に湧いてきます。

 

「現代において、電気をはじめとした文明の進化により我々の生活はコンビニエンスかつスピーディーになったものの、文明が未発達だった時代と比較して本当に幸せになったのか?もしや幸せという点では退化しているのではないか?」

 

もちろんこの疑問には答えはありません。

 

しかし、本作を通して、文明という名の便利さや幻の万能感に踊らされず、自分の人生を手探りでしっかり踏みしめていくしかないのだ・・・という気持ちには辿り着きます。

 

日常のなかで、なにげなく頭の片隅に存在するこうした疑問を、映像を通して、明るく楽しく提示してくれた矢口史靖監督のセンスの良さに感謝の気持ちを感じながらの帰路となりました。

 

0 コメント

2017年

3月

14日

恋妻家宮本

本作をそろそろ終映間近の時期に滑り込みでT-Joy東広島にて観てきました。

 

『原作・重松清、主役・阿部寛』とくれば、あの文学映画の傑作「青い鳥」の組み合わせであり、こうした世界に魅力を感じるわたしとしては、なんとか間に合ってほっとしての鑑賞となりました。

 

恋妻家(こいさいか)とは、妻への恋の感情に再び取りつかれた不器用な夫という監督自身の造語だそうですが、本作を観てその意味がよく理解できたような気がします。最期の駅でのふたりの掛け合いのシーンはどこかで観たような記憶がある情景でしたが、これもまたよし。

 

音楽も映画も、作品そのものは独立したものであるように見えても、実はそのアイデアやイメージは互いに繋がっていて、本当のオリジナルというものはないのではないか・・・?と最近とみに思っているわたしにとっては、しっくりとくる物語でした。

 

何かの縁で出会った人々が繋がったり、また離れたり、再び恋することがあるという当たり前の話がじんわりと心に沁みる物語でした。

 

いまや不器用な男を演じさせれば、日本一の阿部ちゃんが固いながらも柔らかいというハイブリッドないい味を出しています。相方の天海さんはこの手の話としては、見目がきれいすぎる感触もありますが、まあこれもよし。

 

映画のエンドロールにて、吉田拓郎の楽曲「今日までそして明日から」(ボブ・ディランの「My Back Pages」でも面白かったような気もしますが・・)を懐かしく聴きながら、あっという間に流れていく、ささいな日常や年月のことを思い出し、これから続く今とその未来を愛おしく感じさせてくれる佳作でした。

 

0 コメント

2017年

3月

06日

ラ・ラ・ランド

上映前からすでに本年のゴールデングローブの作品賞などさまざまな賞を総なめにした(アカデミーの作品賞は逃しましたが・)、話題作である本作を上映3日目の月曜日の夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。上映一週目だけに期待どおり最大スクリーンである1番シアターでの上映です。

 

以前ならこうしたアート系作品は広島市内の映画館まで修行に行かなければならない状況でしたが、地元の映画館で鑑賞できるのはありがたいことです。

 

さて期待と気合の入り混じった本作ですが、冒頭にいきなりクライマックスともいえるダンスシーンが登場します。これを最初に持ってくるとは、野球でいえばいきなりストレートど真ん中の勝負球を投げ込むようなもので、見るものも心してこのミュージカルと対峙せねば・・という気にさせられました。(ダンスシーンにばかり気をとられてしまいますが、この冒頭の歌詞はこの先の物語をすでに暗示していることに再修行でやっと気づきました)

 

そして本作の最大の魅力は、一言でいえば、監督の前作「セッション」でもそうでしたが、劇中のダンスナンバーやジャズナンバーの素晴らしさであり、これらの魅力的な音楽が、映画館という素晴らしくドルビーデジタルの効いた大きな箱のなかで、音響よく響き渡るわけですから、映画好きにも音楽好きにも、もちろんミュージカル好きにも、得も言われぬ快感となるわけです。

 

しかし音楽のみならず、物語自体もなかなか魅せます。物語の終盤で、セバとミアのそれぞれの夢がしっかりと実りながら、ふたりの恋は実らないという儚い現実を迎えるのは切ないですが、その現実を凌駕するような幻想(妄想?)ミュージカル劇が映画のラストに繰り広げられます。

 

これがまたいいのです。

 

なんだかもう現実も幻想もどちらでもよく、得られた結果よりも夢を追う時間を共有できたふたりに意味がある・・と言わんばかりの憎い演出に涙が出そうになりました。このシーンを観て、多くの人が自分の人生のなかで出会った思い出(最愛?)の異性のことを思い出したりするのではないでしょうか?

 

まるで本作は、映画の最初と最後に分厚い見せ場をつくった、サンドウィッチのような作品であり、ミュージカル映画好きにとっては、どこか懐しく、温かい気持ちにさせること間違いなしの展開で、わたしも観ていて、かつてリプリントで観た「シェルブールの雨傘」を思い出しながら、物語の終局を迎え、最期のシーンでのセバのミアの後姿を見送る静かなうなずきが観る者のこころを震わせながらのエンディングを迎えました。

 

それにしても、劇中の音楽がすべて監督のハーバード大学時代の友人であるハーウィッツが作曲したオリジナルというのもすごいことです。加えて、主演のセバスチャンを演じたライアン・ゴズリングは元々はピアノ初心者だったのに、3か月のピアノの集中レッスンで、劇中のピアノ演奏を代役なしで、すべてこなしたという奇跡に驚きます。いやはやすごい才能と情熱です。監督はセッションもそうでしたが、本物の表現に対するこだわりに今回も脱帽でした。

 

パンフレットによると、あの言い難い熱情のほとばしりを表現した「セッション」の監督でもある、デイミアン・チャゼル監督はもともと大学時代に本作の構想を思いつき、本作を先に映画にしたかったそうですが、ジャズへの想いをロックに変更させられそうになったりと、さまざまな紆余曲折を経てやっと形になったそうです。

 

あれこれ思いつくままに書いてしまいましたが、本作には、監督のミュージカルへの憧憬、映画への愛情が満ち溢れており、観終わったわたしも温かく、それでいて切ない複合的な心持ちで映画館をあとにしました。心にしっとりと残る映画だったと思います。

 

P.S.結局、本作はもう一度映画館でやっているうちに味わいたいと思い、「君の名は」以来の再度の修行に行って参りました。やはり見れば見るほど味わいのある素晴らしい作品で、二度目もその音楽や物語は色褪せずこころに迫ってきましたよ。

1 コメント

2017年

2月

27日

アサシン クリード

先日、予告編での主人公のダイビングがかっこよく印象に残っていた本作をT-Joy東広島にて鑑賞してきました。なんでも原作は世界的に人気を博したゲームであるとか。わたしはゲーム関係をまったくやらないので、映画が本作の世界観の初体験となります。

 

いやはや本作を観終わって、びっくりしました。まるで宝塚のショーのような印象を受けてしまいました。アクションや映像そのものの迫力にはうなるものがあるのですが、ゲームにてその世界観を前もって持っていないことには、物語そのものには入り込むことが難しいのではないか?と思ってしまいました。

 

テーマそのものは、かつてダビンチコードでも取り上げられた、テンプル騎士団とアサシン教団との暗闘であり、これはこれで歴史好きなわたしにも、ヨーロッパの闇歴史探求として大変興味をそそるものなのですが、いかんせん設定そのものの説明が少なすぎて、映画を観ただけではまったく腑に落ちない点が多かったのがもったいなかったです。

 

主人公カラムが、どんな罪でアメリカで死刑囚(終身刑がほとんどのアメリカで死刑囚というのはよほどの罪を犯している??)になっているのか?、その彼がほとんどタイムスリップともいうべき手法によって、中世紀のスペインにタイムトリップし、実際にそこでイメージか現実か判別しがたい状態で敵を粉砕し大活躍するのは認めるとしても、せめて観る者が一応了解できるような技術的説明がもう少し欲しい。天才科学者の発明というだけでは、まるでドラえもんのレベル?、アサシンが最後は対抗するテンプル騎士団の末裔を皆殺しにするものの、この確執の深い闇の対立がこんな簡単に決着に向かうの?・・・などなどつっこみどころというか、物語に一定の了解や流れなどを求めてしまうようなわたしのようなタイプには久々に「うーん、そうきたか~?!」とうならされるような体験となりました。

 

そうはいっても本作は、中世期のスペインのリアルな街並のなかで、主人公カラムがダイブはする姿は美しく、屋根から屋根へ忍者のように敵をばったばったと倒していくアクションはスピード感や痛快感にあふれ、中世スペインの街並も素晴らしいリアルさと美しさであり、ゲームで本作の世界観をすでに身に着けている方には映像として十分堪能できそうです。

 

独立した映画なのだから、物語としての体裁をせめてもう少し整えてほしかった・・と考えながら、一方でゲームを楽しんでいる若いファンからは「単純にゲームで表現された世界の実写の迫力をつべこべ言わず楽しめばいいわけで、本作に物語の設定とか流れとか因果関係を求めるなんてナンセンス、感性が古いんだよ~」なんて言われそうでもあります。

 

感性という夜の闇を覗いたような、微妙に困惑した思いを抱えながら、まだまだ寒い冬の夜道のなか家路に着きました。

 

0 コメント