【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2019年

5月

15日

キングダム

本作を封切間近の月曜日の夜に、T-Joy東広島にて鑑賞してきました。期待の大作だけに、当然大型スクリーンを擁する1番シアターでの鑑賞になりました。

 

本作の原作漫画はすでに50巻を超え現在も進行中ですが、さすがに以前から評判の作品だけに、昔に比べて漫画にだいぶ疎くなったわたしでさえしっかり全巻チェックしており、当然キングダムファンとして楽しみな夜となりました。

 

観てみると、映画では原作のだいたい1巻から6巻までを実写で表現しており、原作のスケールの大きな大地や風景も十分表現されており、これらを大画面でしっかり堪能できる展開となっている一方で、ストーリー的には映画ならではの設定はほぼなく、かなり原作に忠実で豪快さと几帳面さを兼ね備える出来栄えと感じました。

 

こうした原作付きの際には楽しみな配役についても主役の信、政、楊端和など主力の面々はよく原作の雰囲気を踏襲しており、ほぼ完璧と言いたいところですが、王毅将軍の大沢たかおだけが???という感じではあります。なんていっても王毅将軍は人が見上げるほどの大男なのに、どちらかというと背が低く華奢な大沢さんでは、いくらメイクをしっかりやってもどうしても違和感が残らざるを得ませんでした。大柄でいかつい顔をもつ鹿賀丈史さんあたりがはまり役だったのでは?なんと思いながらも、まあそこまで期待するのは贅沢と言えるかもしれません。

 

もし映画に続編があれば、趙の悲劇の天才将軍・李朴を誰が演ずるのかも楽しみです。

 

それにしても中国の春秋戦国時代を史記を中心とした古代中国文献から、こんなに深くて人間味のある豊かな物語に変換し、表現した原作者の原泰久さんには畏敬の念を感じざるを得ません。歴史好きなわたしも10代のころ、横山光輝版「史記」「三国志」などを読破し、春秋戦国時代については、基本的なストーリーは知っていたつもりでしたが、原典をさらに読み説き、深遠ささえ感じる戦国ドラマに仕立てあげたその才覚は素晴らしく、もう拍手しかありません。

 

もし始皇帝の覇業とその最期まで描くとすれば、50巻越えの原作でもまだ序盤であり、200巻ぐらいかかりそうな感じがしますが、原泰久さんにはぜひ最後の秦滅亡までを描き切ってほしいものです。

2019年

4月

21日

女王陛下のお気に入り

本作を久々広島市内にての講演参加のため遠征し、久々「八丁座」にて修行してきました。

 

18世紀初頭のアン女王の統治するイングランドの宮廷を舞台にした、女と女の闘争物語です。フィクションでしょうが、当時フランスと戦争しながら、国を取り仕切っていたアン女王の実際の姿を想像することができ、歴史好きにはとても興味深い作品です。

 

本作の見どころはなんといってもその宮廷という女の戦いの舞台そのものでありました。まだ電燈もない時代の宮廷は夜になると蝋燭の光のみで文字通り真っ暗になり、昼でさえも太陽光線が十分に届かない宮廷内は光の陰影が明確であり、そこで蠢く人々の営みの表と裏を削り取りながらの宮廷絵巻は思いのほか美しくうっとりするほどでした。

 

本作の美しい映像をしっとりとほのかに感じながら、我々は文明の進化の過程で電気という便利なものを得た代償として、太陽の織り成す光と影の彫刻のような美しい世界を失ってしまったのだということを改めて認識させらながら、ついでに立ち寄った丸善広島店の森のような本の山のなかでまばゆいばかりの蛍光灯の光を浴びながら、気になる本をいくつか立ち読みした後に東広島への帰路につきました。

 

2019年

4月

08日

クリニック7年目を迎えて

おかげさまで四季のこころクリニックも、例によって桜が咲き誇る春という季節、お釈迦様の誕生日であるこの日に7年目の春を迎えました。

 

思えばあっという間の6年間であり、この間さまざまな人たちとの出会いや経験をさせてもらい、本当にありがたくかけがえのない月日を過ごさせてもらい、感謝に絶えません。

 

この間に起こったことで、表面的には良いことや残念に感じることも日々ありましたが、このごろ感じることは、すべての出来事には本質的に良いとか悪いとかいうことはなく、すべては善悪などなく等しく愛しい出来事もしくは啓示であり、それらをどのようにとらえて人生の四季に取り込んでいくかが重要なのではないか・・・なんて思ったりしています。

 

日々の診療もまさにこの繰り返しが続きますが、7年目に入っても初心を忘れずに、微力ながら医療を通して地域のみなさんに貢献していけたらと気持ちを新たにしております。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

P.S.いつもクリニックやスタッフのことを気にしてくださり、ねぎらいの言葉やお祝いをしてくださった方々にこの場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございます。

 

 

2019年

4月

05日

運び屋

本作を4月になったばかりの月曜の夜にT-Joy東広島にて鑑賞してきました。

 

名作「グラン・トリノ」を最後にフィクションを一切撮らず、アメリカ人の生き様を表す実話を基にした映画しか撮らなくなったクリント・イーストウッドの最新作です。

 

本作も完璧にその路線であり、良いも悪いもなく、アメリカというさまざまな価値観や矛盾を抱える国で生まれ、懸命に生き、喜びとともに挫折と孤独を味わいながら、まるで出来の悪い喜劇のように最後までその生き方を貫いた90歳にもなる男の生き様が描かれていました。

 

しかしそこはイーストウッド。そうしたひとりの孤独で愚かで頑固なアメリカ人を描きながら、ユーモアやスリル、意外な展開をたどる物語を織り込んでいるので、ハラハラドキドキはもちろん人生の教訓も十分にあり、素敵なエンタテイメントになっていました。

 

いずれにせよ、観た人は百人百様の感想を持って映画館を出ること間違いなしの作品に仕上がっており、これはもうイーストウッド・マジックといえる名人芸となっており、次回作がまたまた楽しみになり、永久にそのマジックに浸っていたいと思ってしまう人間がわたしだけでなく、全世界にいるのだろうな~とにんまりしながら、良い映画を観終えたあとの独特な充足感を感じながら、T-Joy東広島を後にしました。

 

2019年

3月

22日

グリーンブック

本作を3月の桜の気配がそろそろしてきた春の夜に鑑賞してきました。本年のアカデミー賞作品賞受賞作ですので、なんやかんや言いながら見逃すことはできない必見作といえます。

 

実在した天才ピアニスト、ドン・シャーリー。数奇な運命から黒人でありながら、幼少期に音楽的才能を見出され当時ソビエト連邦にあったレニングラード音楽院でクラシック音楽の英才教育を施され、そこで天才的な才能をさらに進化させ、ホワイトハウスでも演奏するという栄誉に恵まれながらも、黒人ゆえにクラシック音楽への道を閉ざされ、かと言ってポピュラー音楽やジャズへも進めず、独自の孤高の音楽を築いた彼と、彼のアメリカ南部(アメリカ音楽のルーツでありながら、黒人差別のもっともはげしいエリア)へのツアーの運転手兼用心棒兼付き人を務めたはぐれものイタリア系白人トニーの友情物語であり、最近はやりのバディ映画ともいえます。

 

なんと言っても見どころは彼の演奏シーンではないでしょうか。屈辱や誇り、意地が入り混じるその演奏シーンは美しく観るものをうっとりさせます。そしてその奏でられる音楽自体も素晴らしいのです。

 

実際のピアノ演奏は、シャーリーとよく似た境遇でありジュリアード音楽院はじまって以来の天才と呼ばれた黒人ピアニスト、クリス・パワーズが演奏しているのですが、美しく個性的な音楽が劇中に鳴りまくっているわけで、音楽映画好きのわたしとしてはもうこれだけで最高の気分でした。

 

しかしこの映画の醍醐味はやはりラストのクリスマスの夜の出来事でしょう。切ないながらもあたたかいこのラストシーンは心にぐっと来るものがあります。このラストシーンで心があたたまらない人はいないだろうという映画史に残る名シーンだったと思います。

 

このラストシーンが気に入った方には、同じくクリスマスを題材にした名作「スモーク」をおすすめします。この作品もラストにはきゅんとなるほど切なくあたたかくなること請け合いで、本作のラストを観終えた後に真っ先に20年以上も前に観た「スモーク」を思い出していました。もし興味のある方はぜひ一度観られてください。

 

P.S. 本作は上に書きましたように心温まる素敵な作品でしたが、それでもオスカーの最高賞である作品賞を獲るとは??という灌漑がどうしても残りました。今年についていうなら、やはり最高の映画作品は「ボヘミアン・ラプソディ」ではなかったでしょうか?音楽的にも物語としても高いレベルで楽しめ、観終わった後のこころには本年度一番といえる衝撃が残り、文句なく最高作品に値するような気がしました。その点で「ボヘミアン」を作品賞に選んだゴールデン・グローブ(去年は「ラ・ラ・ランド」を選びました)に今年も同意です。アカデミーは近年の傾向どおり、政治&社会的作品へのリスペクトが今年も強かったかな~と感じたのはわたしだけでしょうか?