【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2020年

7月

07日

コンフィデンスマンJP プリンセス編

相変わらず、自粛的生活を強いられる日々が続いていますが、みなさんは元気にやっていますか?

 

世間的にはやっとスポーツや映画なども再開となり、徐々に観客が戻ってきており、わたしも人の少ない映画館で細々と映画修行を再開しております。

 

と言ってもこの間、「Red」「弥生、三月、君を愛した30年」「サイコパス3」「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」「AKIRA」などはガラガラの映画館のなかでしっかり映画館修行しておりました。通常では、映画館で鑑賞した作品は必ず、本ブログにて個別に取り挙げており、久々鑑賞した「もののけ姫」や「AKIRA」なでについては特別な感慨が生まれ、文章にしたためたかったのですが、どうもわたしの筆も自粛モードで書き逃してしまいました。もし機会があれば、またいつか書かせてください。

 

閑話休題。本作ですが、7月に入ったとある夜更けに、T-Joy東広島の大シアター1番シアターで、もったいないぐらい観客が少ないなか鑑賞させてもらいました。

 

詐欺師コンビとその仲間たちが世界を股にかけて大活躍するシリーズで、今回は舞台が、あの船を乗せているようなホテルが評判のシンガポールでした。

 

まあ何といっても圧倒的に痛快な作品でした。娯楽としての映画としては満点ではないでしょうか?

 

わたしはテレビ版は観ておらず、映画だけでFollowしている身なのですが、そうしたことにまったく関係なく、テンポよし、ユーモアよし、伏線よしで、混沌とした物語の流れが最後の最後にさらりと差し込まれるエピソードによって「なるほど~そう来たか!」という感じで、全体がきれいに一回りしたかのごとく繋がり、全体が大きく膨らんだシャボン玉のように物語が完結するありさまは「これこそ映画の醍醐味だよね~」という、映画を見終えた後も思わずにんまりとしてしまうまとまりの良い出来でした。

 

詐欺師を演ずる長澤さん(以前にも書きましたが、長澤さんは純情、おしとやかな役よりもこうした元気で少し擦れた役が自然でいい感じです)も東出さん(私生活でもいろいろありましたが、まさに人生の詐欺師役です)も堂に入っており、ふたりとも大はまり役で、今後もこのふたりの大活躍を観たいのはわたしだけではないはずです。

 

ということで、今後もこのシリーズは続くと思いますが、常に必見の作品であり、日本のM.I.シリーズのように続いていけば・・と思う痛快無比な作品で、次は地中海の国々を舞台で、彼らの活躍を観てみたいものです。

 

2020年

5月

08日

2020 Strange Days

2020年のGWは、みなさんもそうだったと思いますが、せっかく休みなのに外出できないという制約のある、まるで軟禁状態下のような人生初の摩訶不思議な日々を過ごしました。

 

この間、遠くへ出かけることもなく、自宅中心に過ごしていたおかげで、読書がたっぷりできました。・・と言いたいところですが、パソコンのWeb上で、読み逃していた雑誌のエッセイのバックナンバーなどを読んでいたら、気づけば外は暗くなり、夕食をとればいつもよりも早めの就寝で一日が終わってしまうという日々を過ごし、休日はあっという間に終わってしまいました。

 

もちろん家に長くいたおかげでいくつか決定的に気づくこともあったりましたが・・・。

 

今年のGWの天候はこんな軟禁状態のなか皮肉にも青空に恵まれましたね。おかげで気温もどんどん上昇し、高温・多湿・紫外線に弱いウイルスもわが広島ではすっかり下火になっていき、ようやく光が差してきたような心持ちにもなってきました。

 

いつもなら鯉のぼりの季節になれば、夜はビール飲みながらのテレビでのナイター観戦が定番なのですが、試合もなく、テレビのコンテンツは再放送や編集番組が多く、秋でもないのに”春の夜長”に徒然なる思いにふけった日々でした。

 

この不思議な日々の原因となったコロナウィルス(以下コロナ)についても徒然なるがままに少しだけ考えました。まずコロナはインフルエンザではなく、通常の風邪ウィルスの変型なのですが、ここまで日本において、産業や学校、人々の移動、飲食、公演交流、甲子園大会を含めたスポーツイベントをはじめとしたさまざまな日常の機能を休ませるほどのウィルスだったのだろうか?・・という漠然とした疑問です。

 

これらの是非は今後、歴史的に検証されていくでしょうから、わたしからどうこう言うことは控えますが、テレビのニュースやワイドショーで気になっていたのは、国民の不安を煽るというスタンスでしか放送していないのでは・・?という印象です。

 

ひとつだけ例を挙げると、我が国では毎年約1000万人が罹患し、直接および間接的にほぼ一万人の命を奪っているインフルエンザ。冬だけに集中するので、冬の3か月の間にはほぼ毎日全国で100人の死者を出しているインフルエンザ。わが街でも毎年普通に死者を生み出すインフルエンザ。・・・それに対して、現時点(2月~4月の3か月)で全国レベルでいまだ1000人の命も奪っていないコロナ。

 

このインフルエンザの数字を番組において客観的に提示するだけで、「なんだ毎日100人も死者を出す毎年のインフルエンザの方がよほど怖いじゃない⁈これなら毎年インフルエンザを乗り切っているのだからさほど過剰に恐れることはないのでは・・」という感じで、国民は不安ばかりにこころを揺さぶられずにまずまず安心できるのに、まったくそれらの事実を伏せるかのように伝えず、不安ばかりを煽り続けるメディア。

 

人々のこころに沸き起こるこれらの不安はウィルスを倒すはずの免疫力の低下まで引き起こすので、かえってコロナの思うつぼ?でいったい何を考えているのだろうと思わざるを得ません。

 

こうした一連のテレビを代表としたメディアの報道の仕方に悪意さえ感じてしまうのはわたしだけでしょうか?

 

まあいずれにしても、こうしたStrange Daysのなか、自分には目の前にあるやるべきことを粛々としていくしかないわけで、前を向いてしっかり歩いていこうとあらためて思ったりしています。

 

みなさんも、メディアの不安惹起の罠にはまって免疫力を低下させないよう、前向きなこころを見失わず、ときには太陽光を浴びたウォーキングなどをして、心身を鍛えながらこのコロナ渦を乗り越えていきましょう。

 

2020年

4月

08日

クリニック7周年を迎えて

毎年のことながら、お釈迦様の誕生日であるこの日4月8日に四季のこころクリニックも誕生日を迎えました。

 

無事満7年を迎えれたのは、地域の皆さんや縁のあった皆さんのおかげでもあり、感謝に堪えません。ありがとうございます。

 

ちなみにお釈迦様の誕生日と同日というのは狙ったわけではなくまったくの偶然です。ただ「8」という数になぜか昔から縁があり、わたし自身好きな数でもあり、せっかくだからと8日を開院日としたら、これが素晴らしく縁起のよい日だったというわけです。

 

この際ですから少しだけ日にちと数字にまつわる不思議な縁を語りますと、クリニックの電話番号は082-421-8848ですが、これも縁起の良いいい並びで「4」と「8」が入っていますよね。これも希望指定したわけではなく、クリニックに電話を引くときに、NTTでこの番号のなかから選んでくださいと言われた20ほどの候補のなかに入っており、まさに選んでくれと言わんばかりに、光の矢のごとく目に飛び込んできたため開院時に選んだのですが、当時我ながらびっくりしたものです。実はこの後さらに奇跡のようなことが続くのですが、たかが数にこだわりすぎるのもなんだかね~という感じに受け取られるでしょうからこれぐらいにさせてください。

 

閑話休題・・・。クリニックは明日から8年目の旅の道に入ります。最近、クリニックでの診療はさまざまな人との出会いの旅のような気がしています。さまざまな季節を越えて少し疲れた旅人が扉をときどきノックしてくれる場所が当院であれたら…なんて夢想したりしています。

 

いずれにせよ今後も初心を忘れず、こころや神経に病が訪れ困られている方に、医療を通して力になれるよう微力ながらも、誠実に親切に明るく取りんでいく所存です。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

P.S.毎年この時期になる度に温かい心配りをしてくださっている方々にこの場を借りてお礼を言わせてください。いつも見守ってくださりありがとうございます。これからも頑張っていきます。

 

2020年

4月

03日

野生の呼び声

本作をいよいよ妙な病原体の脅威に翻弄され始めた世間を尻目にひっそりとT-Joy東広島で鑑賞してきました。案の定、広いシアターにはわたしを含め、観客はたったのふたりの貸し切り状態でした。

 

元は飼い犬であった雑犬バックが、ひょんなことから犬売人にさらわれ、その後波乱万丈の人生(犬生?)を送りながら、成長していき、最期は心が通じ合う老人とともに山と自然と同化していくという物語です。

 

興味深いのは、人間の成長物語なら、成長に連れて、都会に出ていく感じなのですが、犬の場合、その逆でどんどん人間世界から離れて野生に戻っていくという点です。

 

こうした展開は、原作のジャック・ロンドンに限らず、ホイットマンやマーク・トウェインといったアメリカの生んだ国民作家には共通に見られる要素であり、アメリカ文学には、文明社会に対する疑念とともに大自然に対する畏敬の念、自然と人間の共存への憧憬がそこかしこに溢れています。

 

音楽面でも、文明社会に背を向け列車の屋根に乗って各地を旅するホーボーとして歌を作ったウディ・ガスリーは言うに及ばず、いまやアメリカの国民歌手となったボブ・ディランにしてもそうした面は明らかにうかがえます。

 

最近はIT社会をけん引し、ありとあらゆる情報と物質で世界を蹂躙するかのようなアメリカですが、本作を通して、「アメリカ人の心の源泉である野生への回帰を忘れてはいけないよ」とディズニーが警鐘を鳴らしているような気がしました。

 

21世紀に入り、再び世界の覇権を中国と争っているアメリカ。いま世界はアメリカがこの数十年声高らかに推奨し推し進めてきたグローバリズムの必然的な帰結と言うべき病原体の蔓延に翻弄されている真っ最中です。こうした古き良き素晴らしいアメリカンスピリットを現大統領にも思い出してもらいたいものです。

 

グローバリズムという境界なしの人や物の行き来きが生み出してしまう、終わりなき経済競争や生存闘争から勇気をもって降りて、我々は世界での成功や物質的栄華を遮二無二目指すことなく、自国を中心に平穏に暮らし、少々経済効率が劣っても様々な必需品(マスクをはじめとした医療品や農産品等々)を自給自足して、むやみに他国に依存せず(できれば軍事防衛力も)、まっとうで普通な人としての道を歩んでいくときが来ているのだよ・・・と、その病原体は我々愚かな人類に対して、世界じゅうに聞こえるように高らかに警鐘を打ち鳴らし、これから人類が歩んでいくべき道を親切にも照らしてくれていると感じるのはわたしだけでしょうか?

 

 

2020年

3月

20日

Fukushima 50

本作をT-Joy東広島にて、春の夜に鑑賞してきました。もう9年前になる、日本のみならず、地球にとっての大惨事となった福島第一原発で当時現地で奮闘した50人を描くドキュメント映画です。

 

観終わって、事実であることが今でも夢であってほしいと思ってしまうような悲惨で混沌としていた出来事をよく再現していると思いました。角田隆将さん(「なぜ君は絶望と闘えたのか」を始めとして素晴らしい仕事を常にされており、いつも気になる作家のひとりです)の原作も素晴らしいのだと思われます。

 

吉田所長(この直後、癌を患い既に亡くなられていますが、まるで日露戦争の勝利のために精も根も使い果たし、終戦2年後に急逝した英雄・児玉源太郎を思い出すのはわたしだけでしょうか?)の命をかけた大奮闘をはじめ、所員らの命を惜しまないほどの闘いが素晴らしい臨場感のある迫力十分の映像とともに展開されていました。日本人なら一度は観ておくべき映画と思われます。

 

いつも原発について考えされられるのは、東日本大地震の津波は東京電力にとって想定外の高さだったということですが、本当にそうでしょうか?もしかしたら、経費削減のために、堤防や立地の高さを十分でない状態で建設していたのではないか?という疑問がどうしても残ってしまいます。同じような津波が襲った宮城の女川原発はほぼ無傷だっただけに余計にそれは気になってしまいます。

 

いずれにせよ人類は原子力というパンドラの箱を開けてしまっており、地球さえ壊すほどの危険性を持つ道具であることは重々承知のはずで、想定外なんてことはあってはならぬ事態で二度と福島原発事故のような事件が起こらぬことを祈るしかありません。

 

個人的には原発に頼らない道が人類の歩むべき道だと思いますが、現実にはすぐには無理でしょうから、そうであれば、二度と想定外・・なんて言葉が出ないように、今後も原子力を管理していく運命に人類は相対しているのだという当たり前のことを本作によって改めて心に刻んだ夜となりました。