鬼滅の刃

本作をT-Joy東広島1番シアターにて鑑賞してきました。人気漫画でもあり、ネットフリックスやアマゾンプライム・ビデオの配信もあり、大人気アニメの続編です。

 

びっくりしたのは、その盛況ぶりです。柄にも合わずいつもの平日の夜ではなく日曜日に映画館に行ってしまったのも失敗でしたが、満員御礼のあまり10年ぶり以上に一番前列の席での鑑賞となりました。

 

映画自体の内容はほぼ完璧な出来映えで、煉獄さんの男樹と明るさと勇気が大画面に色鮮やかに炸裂していました。これは泣けます。わたしも今さらながらに煉獄さんに惚れました。

 

ところで本作の大ヒットについて少し考えると、漫画自体も素晴らしいですが、本作の成功の最大要因は「アニプレックス」によるきめ細やかでいて大胆な色使いのアニメ映像化なのではないでしょうか?アニメなのに強弱をつけた線も美しく、その色合いの相まって本当にうっとりするぐらいきれいでした。

 

そして物語の内容も、快活で非の打ち所がない煉獄さんのキャラクターとその動きに圧倒されます。技術もさることながら、志と能力の高さゆえに、鬼にまで評価され永遠の命をえさに鬼世界への入会を誘われながら、幼き頃の母親との約束を忘れずに鬼と戦い抜き潔く殉死していくその魂。これで泣けなかったら嘘というぐらいラストに感傷を誘います。

 

これらを観て思い出したのは、まるでディズニーのライオンキングでも感じた親子の絆の尊さの大正時代版であり、老若男女から拍手喝采を受けるのも納得です。いやはや度肝を抜かれかつまいりました。

 

できたら今度は10列以降の席からもう一度修行しなければと思わせる作品でした。