令和6年の正月を迎えて

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

皆さんは良いお正月を迎えることができましたか?わたしは昨年はいろいろな事情が重なり帰省がならなかったので、2年ぶりに故郷・愛知に帰省してきました。

 

高速道路(山陽道は従来どおりですが、新名神高速道路がかなり長い距離完成しておりかつてに比べてすいぶんと楽な行程となりました)の快適なドライブの果て、大晦日の夕方に実家に到着し、家族で晩御飯と紅白歌合戦などを観て、翌元日からは近隣のアウトレットやショッピングモール、日帰り温浴施設のはしごなどをして過ごします。 広島ではなかなかお目にかかれない東海地方独特の大規模店舗(なんと府中ソレイユの1.5倍はあろうかというイオンモールもあったり、パチンコ屋もカラオケや温泉やボーリング場、映画館なども併設して豪華アミューズメント施設です)がゴロゴロあるので、日頃ほとんど買い物をしないわたしでもそれらの店舗や施設周りを楽しみ、ときに冬服や面白グッズなどを買ったりするのです。

 

そして正月の夜は、小中学校の同級生らとの「正月会」と称する飲み会(個人的にはこの会への参加が一番の帰省の目的です)に参加し、そのままお酒を飲まない同級生の車に乗り込み深夜ドライブして恒例の岐阜県海津市にある御千保稲荷神社に元日参拝をしました。

 

しかしその一方で、元日には北陸で大地震が起こったり、翌2日には羽田空港で大事故が起こったりで、心配な事件も飛び込んできたりしました。来年2025年7月には大災害が起こるという巷の予言もありますし、なんだかな~という感覚もあります。日々そうした不安を掻き立てる事件や災害などは不意に今年も起きるでしょうが、それでもわたしたちにはわたしたちの日々できる仕事や営みをするしかなく、その覚悟を持って今年も全力で目の前の仕事に当たる決意を強くしました。そうした想いも抱きつつなんだかんだ言って正月3日には無事広島に戻ってきました。

 

いつもの年のごとく良くも悪くもパワフルな故郷にいつも圧倒され刺激やエネルギーを得ての帰省でした。広島に戻ってからは頭を切り替えて、自分にもやらなければならない課題(学生時代には大人になればこうした締切のある課題はなくなるか減少するのでは?と思っていましたが、そうはいきませんでした)が多く、今年もしっかりそれらに全力で取り組み乗り越えていく覚悟です。

 

また最近忙しさもあり、映画修行の頻度が落ちており、これは今年の課題ですが、そんななかでも追いかけてくる課題の合間を縫って日々の読書は結構しており、今年は読書歴に関連した駄文もこのブログで披瀝しようかとも考えていますので、こうご期待です。

 

もちろん診療の方も、明るく誠心誠意頑張っていく所存なので今年もよろしくお願いいたします。