【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2016年

9月

11日

祝・カープ、25年ぶりの優勝

平成28年9月10日土曜日は広島県民および全国に広がる熱狂的カープファンにとっては記念すべく一日になりました。カープ25年振りの優勝。宿願達成おめでとうございます。次は日本一ですね。ぜひあと2回胴上げを期待しています。

 

それにしてもついにやりました。わたしにとってもカープ優勝は感慨深いものがあります。前回25年前の優勝は広大進学のために広島に来て間もなくの事件であり、当時の優勝を覚えている方はもう少ないかもしれませんが、8月末ごろには中日に3.5ゲーム差ほどをつけられながら、佐々岡を中心にそこから猛反撃し、中日のエース・今中との直接対決をことごとく制し、逆転優勝を果たしたのです。津田が病に倒れた年でもありました。当時のカープにとって優勝は3,4年に一度はするというのが通常で、まさか以後25年も優勝から遠ざかるとは思いもしなかったでしょうが、そこから25年の長きにわたるうっ憤の蓄積もあり、わたしが直接友人や知人らから感じただけでも、広島市だけに限らず、ここ東広島でも、福山でも、大分でも、ファンの熱狂と陶酔は目を見張るものがありました。

 

振り返れば、昨年、黒田がメジャーの20億円を蹴って、4億円のカープを選んだ時点でこの奇跡は始まったといえます。それに連動して、阪神ですでにレギュラーからはずれ自由契約になっていた新井のまさかのカープ復帰。以前にこのブログでも書きましたが、新井はいまでこそ自ら「カープ愛」を公言していますが、当時のカープやカープファンにとって、新井のFAによる阪神移籍は完全なる裏ぎり(まるで金色夜叉のお宮のよう?)であり、新井のカープ復帰にも球団幹部のなかで賛否両論だったそうですが、松田オーナーによる「黒田がせっかく広島に帰ってきて話し相手がおらんではつまらんじゃろうがー」の鶴の一声?によって、新井の獲得への方針が決まったそうで、再入団後の新井は生まれ変わったかのように望外の活躍をし、優勝にも多大な貢献したわけで、黒田の存在がなければ新井も不安で復帰を決断できなかったとも考えられ、なおさら黒田の復帰決断は重要だったといえ、黒田さまさまなのです。

 

しかし、黒田をはじめ今年とほぼ同じメンバーがそろい、さらには日本球界屈指のエース・マエケンもいて、開幕前に圧倒的な優勝候補と言われた昨年に優勝できずに、なぜ今年優勝できたのでしょうか?(私から見ても昨年の段階でセ・リーグではカープは他チームを圧倒する戦力でした。)

 

それは、20年以上も下位に甘んじたチーム状況に慣れ過ぎ、おそらくファンも選手も「優勝」というイメージがこころのなかにしっかりと置く事ができず、ふわふわと地に足がつかない状態で、シーズンを迎えてしまい、本来ある潜在的な力を出し切れなかったのではないでしょうか?

 

加えて、メジャー入団を控えて、数年前から投球数にこだわり、チームの大黒柱なのに、完封ペースでも規定の投球数に近づいたらあっさり降板するエースの存在も、チームの士気にも影響したのかもしれません。(もちろん彼にとっては、メジャーに入るための必要な個人的方策であり、なんら責めるべきことではないです。しかしチーム一丸として優勝をめざすムードを醸成する障壁となったかもしれません)

 

そして結局なんとあの粒が揃った戦力でCSをも逃す4位という体たらく。さすがにこれには菊丸コンビをはじめ、監督・選手も目が覚めたのではないでしょうか?まさか優勝できるとは思っていなかったが、マエケン、黒田がいて4位とは・・・。ファンも失望が大きかったはずです。

 

さらに黒田も現役続行を決めたものの、あと1年かもしれない・・。黒田がいる間に優勝しなければ、いつ優勝する?・・・との危機感が選手全体にも湧いてきたでしょう。同時に、これだけ優勝を願ってくれるファンの熱意を感じ、いまやらなければいつやる・・という気持ちにもなったはずです。そしてその結果、秋から春にかけてのオフシーズンの切磋琢磨はすさまじいものがあったと考えられます。その懸命の努力こそぶっちぎりの優勝への伏線となったのではないでしょうか?(まるで昨シーズンとは別人のような菊丸の活躍などその証左でしょう)

 

ファンにしても同様で、まさか優勝できるとはと思いながら、結局CSまでも逃し、来年こそは・・・という想いに拍車がかかり、それぞれのファンのこころのなかに「優勝」というイメージが徐々に明確に醸成されていき、想いは選手のそれとうまくシンクロし噛み合ったのが今シーズンの大躍進の素であったような気がします。わたしも今シーズンは例年より少ないながらも、3度、マツダスタジアムに足を運びましたが、その応援は個人個人から湧き出るようでありながら、全体として一体感があるカープファン独特のものであり、他球団の応援には絶対にないものでした。個々の思いがそれぞれ強くなると、ついには現実世界が共鳴し、まさに全体に波を起こしたという印象でした。

 

選手もその情熱溢れる応援に応えて、「野球に勝つために必要な特別な何か」を感じさせてくれるプレイが相次ぎました。菊池のひとつひとつのプレイ、鈴木誠也の奇跡的な打撃、黒田の顔を歪めながらの熱投などなど・・はその代表です。緒方監督の「神ってる」という名言も入れてもいいかもしれません。

 

緒方監督はかつて選手時代の全盛期,FA権取得時に、ある優勝を争えるチームから「3年10億円」のオファーを受けたにもかかわらず、カープ愛のため断腸の思いでそれを断り残留したという過去の事実が今日のスポーツ新聞(わたしも記念に複数紙を買いました)に載っていましたが、黒田にしても、菊池にしても、丸にしても、鈴木にしても、さらには新井さえも、チームのひとりひとりが個人の利益のためでなく、チームのために、ファンのために、優勝のために・・との想いで団結し、ファンはファンでようやく優勝への想いの熟成、こころの準備がしっかり整い、ついにチームとファンの優勝への信念と行動とが固く結びついた結果がこの記録的なぶっちぎりの大差での優勝に結び付いたと思います。

 

こうした、チームに関わるすべての人たちの情熱と行動と結果が結びつき実を結んだ優勝は過去のプロ野球の歴史でも希有のことであり、誇っていいのではないでしょうか?

なんだか使い古され垢のついた「FOR THE TEAM」という言葉がこころに新鮮に復権を果たしたのはわたしだけだったでしょうか?

 

たかが球投げ・球打ちのスポーツになにをそこまで熱く語るの?・・・なんてプロ野球に興味のない方(わたしもどちらかといえばサッカー好きです)からは言われそうですが、わたし自身としては長年さまざまなスポーツを観てきたなかで、今年のカープにはプロ野球という枠を超えた特別なほとばしるもの、奇跡的ななにかを感じさせられたので、こんな駄文をしたためてみました。

 

あらためて、すべてのカープの選手、ファンの方々、本当におめでとうございました。

 

今後、プロ野球の歴史において、黒田の奇跡とともに、このセ・リーグ優勝だけで十分に伝説になるでしょうが、CS、日本シリーズも勝ち抜いて、究極の伝説のチームとファンになりましょう!

期待し、祈っています。

 

2016年

9月

09日

君の名は

芸術の秋になって、わたしの映画修行もやっと調子に乗ってきました。今回は新海誠監督「君の名は」です。

運よく封切間もなくだったので、TーJOY東広島の1番シアターにてじっくし堪能させてもらいました。

 

びっくりしたのはその観客の多さ。平日の大シアター1番なのに、6割ぐらいは入っているではないですか。若い方もいれば、家族で来られている方々もいます。

 

わたしにとっては、新海誠監督はマイナー感全開の監督だったのです。あの傑作「秒速4センチメートル」にしても、アニメとは思えない精緻な風景描写を背景にした、センチメンタリズムの極致のようなストーリー展開。わたしは結構そういう世界は好きなのですが、一般の方にはこんな文学的感傷の強い世界は受け入れられるはずもなく、メジャーにはならないだろうけど、自分は新海誠作品には一生ついていこうと考えながら、当時、文化系シアターの代表であったシネツイン(このたび廃館になり誠に残念です)のまばらな観客(5人ぐらい?)のなかで新海作品を観たものなのです。

 

そんな新海誠監督作品がなぜに?こんなに人気があるのだろう・・?という違和感と疑念を持ちつつ着席しました。おそらくわたしの知らないところで、人々や世界は着々と歩を進め展開しており、そうした過程で新海監督はいまや有名監督になったのかな~?・・なんてとまどいながらの修行が始まりました。

 

映画を見終わって納得。物語の中身は観てのお楽しみとして、上映の終わった場内はおもしろかったという満足感とともに、なにかせつないうるっと涙がこぼれるような空気感に満たされていました。

 

わたし自身、もう新海監督は精緻な風景を背に表現された、ひ弱な文学好きのセンチメンタリズムばかりの監督ではなく、痛快ハラハラドキドキのカタルシスを備えた文学的感傷や喪失感を表現できる監督に成長していることを確認しました。

 

素晴らしい成長であり、いまは大人気でメジャーなアニメ監督となりつつある細田守監督のいい対抗馬になりつつあるのかも・・?なんて考えました。宮崎駿監督をなくした日本アニメーション映画界のとっては、飛車と角といえるかもしれません。

アクションやSFなど発想豊かな「動」の細田監督、そしてハラハラドキドキを表現するまでに成長したとはいっても、その作品のコアな部分には、ほろ苦い過去への後悔や憧憬をでんとすえた文学的感傷の漂う「静」の新海誠監督。

 

宮崎監督の長編映画引退発表のあとにぽっかりあいたアニメーション界の喪失感。しかし、本作を観た限りでは細田守監督と新海誠監督、このふたりを擁することによって偉大な宮﨑監督の補完計画を人類は進めているのかもしれない・・・・。

 

な~んて少し大げさなことを感じながら、新海監督ほどとは言わなくても、わたしも日々少しずつは成長していかなければ・・と考えるほどにちょっぴり刺激され、ほろりとさせされた作品でした。

 

2 コメント

2016年

9月

04日

青空エール

本作を秋の気配を感じる涼しい夜にT-JOY東広島にて鑑賞してきました。思えば、三木孝弘監督の作品はこのブログでもとりあげた「ソラニン」「僕等がいた」「ホットロード」「アオハライド」など結構観ております。狙ってみたわけではなく、ちょうど仕事が終わった後のタイミングと上映開始時間がマッチしており、気づけばまるでおっかけのような鑑賞ペースであります。

 

その独特な、まさに青春を表現したようなさわやかな青色、穢れをしらないような登場人物たちの透過性の高い肌色、澄み切った青空のような空気感は三木監督独自のものであり、わたしなどはいい年して、結構素敵にそれらを感じ、好きでもあります。

 

物語はまるで「タッチ」の南がブラスバンドにはまったような、堂々青春物語ど真ん中であり、わたしがごちゃごちゃ語ることは野暮だと感じる展開のため、愚鈍なコメントは差し控えます。

 

興味深く感じたのは、三木監督が映像に目覚めたきっかけは小学校のころに観た、大林宣之監督「時をかける少女」であったとか。わたしも実は、高校のときに同作を体験(当時は薬師丸ひろ子主演「探偵物語」と二本立てだったのが時代を感じさせます)し、同様にいたく感動したものです。

 

その後のわたしは大林監督、主演の原田知世さんのファンになったぐらいだったのですが、三木監督は同じ作品で映画監督にまでなったのですから、志および才能の違いを痛感してしまいます。

 

いずれにせよ、同作のせつなさと淡い映像のマジックはまだ青白く若かったわたしのこころにも十分に突き刺さるものであり、その後こうしたブログを書く程度の映画好きになるきっかけを作ってくれた作品であり、その作品に同じくこころを動かされた三木監督の作品にもそのせつなく淡い世界は反映されているわけであり、三木監督の作品を鑑賞するたびに、なんだか懐かしく、少しくすぐったく、それでいてサイダーのような清涼感を感じるのかもしれません。

 

万人にすすめられる作品ではありませんが、十代のころのひたむきさやせつなさや青空や音楽、スポーツが好きな人なら、観ても損のない作品だと思います。

 

0 コメント

2016年

8月

29日

シン・ゴジラ

御無沙汰しておりました。何度かそろそろ更新されているのでは?と思ってこのHPを覗いてみてくださった方ももしやいるかもしれません。このブログも夏休みというわけではないのですが、すっかりわたし自身が夏モードに入り、私生活では毎年必須と課している海水浴修行に行ったり、京都~奈良~三重~静岡と歴史探訪(その詳細については、このブログでもそのうちに紹介させていただくかもしれません)にいそしんでいたせいもあり、ずいぶんブログ更新をお休みしていました。一度遠ざかると、どうも取りかかることが億劫になってしまうのが悪い癖です。いよいよ秋の気配も漂いはじめ、心機一転、ブログを再会します。

 

さて閑話休題。シン・ゴジラです。あの「エヴァンゲリオン」の製作者である庵野秀明さんが総製作であり、つまらないわけがない作品です。久々のT-JOY東広島、公開間もなくであり、大シアターの1番です。

 

いやはやというべきか、さすがというべきか、本作は誰にでもすすめられる素晴らしいエンタテイメントになっていました。とくにCGを駆使した本物の東京や鎌倉の街がゴジラにめちゃくちゃにされていくさまはリアルでもあり、不思議と痛快でもあり、実際にその街を訪れた経験のある人間にとっては、よく見慣れた日常の風景が、天によって遣わされた獰猛な啓示のごとく、ゴジラによって破壊されていくさまは誠に痛快であり、おお~この街にまでゴジラが登場したのか!という・・フィクションであるにもかかわらず、まるで実際の報道ドキュメントを観るかのような錯誤に陥りながら、日本政府を中心とした人類のシステムと獰猛な神の使い・ゴジラのせめぎ合いを痛快に観覧させてもらいました。

 

見どころは盛りだくさんで、さまざまな角度からの鑑賞できるよう庵野監督らしい重層的なつくりになっていました。おそらく一度だけでなく複数回見られる方も多いのではないでしょうか?

 

東日本大震災で暴走した福島第一原発のメタファーともいえる放射能を帯びた怪獣ゴジラ、それに対応していく日本の、官邸をトップとした防衛システムがリアルで歯切れがいい(実際の政府の対応は歯切れ悪く禍根の残るものでしたが・・)のはもちろんなのですが、そんな小難しいことを考えなくても、リアルで圧倒的に強力な神獣?ゴジラの存在感、科学的考証としてギリギリありえそうな設定、米国をはじめとした世界の、ゴジラという災害に対する冷徹な反応(なんと首都東京への原爆投下によるゴジラ駆除を提案してくるのですから)、ゴジラ登場とそれに対抗して起動する防衛システムのバックに流れる、まるでエヴァのような沸き立つ音楽などなど・・・、全てが興味深く、迫力に満ちた音と映像に圧倒されながら、さまざまな示唆、思考への刺激も与えられての素敵な映画世界がそこにはありました。

 

本作を観るものはわたしを含め、こうした諸々の情報、思考、快楽の嵐に2時間抱かれながら、陶酔のなかでエンドマークを迎えることになるのでしょう。いやあさすが庵野監督、堪能させていただき有難うございます。

 

次はいまだ終焉を迎えていない、エヴァの新劇場版の続編を心待ちにしております(笑)。

 

1 コメント

2016年

7月

06日

アリス・イン・ワンダーランド 2

本作を7月に入ったとある平日の夜にT-Joy東広島にて観てきました。原作がルイス・キャロルによる、イギリスの名作「不思議の国のアリス」の続編です。わたしも英語のテキストとしてお世話になった記憶がある作品です。

 

本作では不思議の国がなぜこんな統治体制になってしまったのか?という理由が明かされるとのことで、やはり観ておこうと思い、なんとか時間を調整できました。

 

タイムという名の時間を管理する人物と格闘しながら、赤の女王と白の女王の過去を背景に、マッドハッター(ジョニーデップの役です)が死に別れた家族らを取り戻すというという物語です。

 

なぜ赤の女王と白の女王が仲違いし、赤の女王があんなにひねくれた陰湿な人格に育ってしまった原因が、ワンダーランドのなぞとして明かされますが、「小さな嘘に傷ついた幼き魂のその後の漂流と葛藤」という、イギリスの物語には時折みられる王道ストーリーでした。ふうむ・・なるほどそうきたか~・・・という感じです。

 

まあどうのこうの言って、本作はディズニー印であり、映像としては文句のない出来でした。しかし、映画全体としては、ジョニーデップの毒々しいマッドハッターに徹頭徹尾覆われている作品であり、このマッドハッターと大人になり過ぎてしまったアリスをどう感じるかに、この作品の評価は分かれそうです。

 

正直、わたしはジョニーデップの強烈なメイクと成長してかわいさを失ったアリスにやや違和感を持ちながら、作品を観終わりました。みなさんはどうでしたか?

 

0 コメント