【 四季の心(こころ)クリニックへようこそ 】

四季のこころクリニックは、平成25年4月、東広島市西条町御薗宇において開院した心療内科、漢方内科、精神科を専門としたクリニックです。

当クリニックでは、複雑になりつつある社会のなかで心身のバランスの乱れを機に生じた心と体のさまざまな症状に対して適切な専門的かつ医学的知見に基づいた治療を常に提供します。

 

日常の生活リズムの崩れから起こりやすい不眠症や頭痛、気分の沈み込み、疲労感の持続、子育ての場面や仕事場や家庭における不安感や焦燥感(いらいら感)の高まり,思春期のこころの健康相談、働き盛りの方のストレスをきっかけにしたうつ病、適応障害、心身症,今までのつらい体験などを契機とすることが多い不安障害、パニック障害、身体表現性障害、強迫性障害から、物忘れを中心とした認知症のお年寄りまでと、幅広く老若男女、世代を超え、思春期の方からお年寄りまで、こころやストレスの問題から発生するさまざまな問題を相談できる、元気で親しみの持てるクリニックを目指していますので、気軽にこころやからだの変調や悩みを相談してください。

 

クリニックの基本方針としては、保険医療機関ですので、こころの診療とともに、適切なお薬の処方ということがまず手始めの治療の選択肢となります。もちろん、必要最低限の処方を心がけ、症状やご希望によっては、より副作用の少ない漢方薬を処方する場合も多々あります。 最近のお薬の進歩はめざましく、副作用もかつてに比べれば少なくなり、少量飲んだだけでこころやからだや気分の変調が快方に向かうというこころやからだのビタミン剤のようなよいお薬も開発され、わたしが医師になりたての頃はなかなか治らなかったこころやからだの病や症状が早期に治癒寛解することが多くなりました。「素晴らしい時代になった」とひとりの医師としてしみじみ思ったりすることもあります。そしてわたし自身が実感するこうした医療の進歩の実りを、日々さまざまな症状に困られているみなさんの快復につなげたいと思い、日々の診療に誠心誠意取り組んでいます。

その一方ですべてをお薬で解決するという考えはとらず、十分にみなさんのお話をお聞きしたうえで、症状によっては薬物療法を避け、支持的精神療法、認知行動療法といった精神療法を織り交ぜながら、症状の改善を目指すこともあります。

 

四季のこころクリニックでは、必要最低限の適切な薬物療法と精神療法を総合的に組み合わせて、症状に困って来院された方のこころやからだが快方や癒しに向かうよう、常にもっとも効果的な方策をこころがけて診療に取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

2016年

10月

27日

オーバー・フェンス

本作を広島市内のサロンシネマにて鑑賞してきました。どうも最近出演する作品がなってないオダギリジョー主演作品です。わたしとしては名作「ゆれる」での快演以来、心情的に応援している男優なのですが、どうも最近の主演ではこける作品が続き、チョイ役が多くなっている印象があり、やや心配しての修行に入りました。

 

本作は故佐藤泰志原作の函館三部作の最終章となる作品です。三部作という言葉はなかなかいい響きです。夏目漱石の三部作はいうに及ばず、映画の世界でも大林宣彦監督の尾道三部作は新尾道三部作も含めて素晴らしい作品群です。とくに新尾道三部作の一作目の「ふたり」は映画館で観ると、それぞれのシーン(特に花火のシーンはしびれました)がうっとりするぐらいの素晴らしい作品であり、かつて映画館で観て感動した後、自宅で再度観てみると・・・あれっ・・?この程度の感動だったかな?と思ったりしたことが懐かしいです。

やはり映画というのは映画館で観ることが前提で作られているんだな・・と思い知らされ、現在もなるべくこのブログで取り上げている作品はすべて映画館で観ているわけです。

 

さて本作ですが、久々オダギリジョーのあのぬぼーっとした独特な雰囲気がいい味となっており、相方の蒼井優の狂気をはらむ役柄も相まって、日常になにげなくありそうな、怠惰でいつまでも続きそうな時間と空間を切り取っています。オダギリジョーも久々好演の作品になりました。

 

みんなそれぞれがそれぞれの目の前にある人生の現実の前で、なんということもなく過ごしたり、ときにはあがいたりしている生活の重し。そんなどこにでもあるような当たり前の事実を函館という街の退屈で美しい風景に溶け込む人間の営みや業を感じさせてくれる作品です。

心をえぐったり、感動させてくれるという要素は特にないのですが、誰にもある人生の川の流れのなかでの一瞬の後悔や陶酔、そして微かな希望への光や想いの雫がいたるところに零れ落ちています。

タイトルである「オーバー・フェンス」もいいです。人生に付き物の生活のしがらみやどうにもならない空気の流れを乗り越えていきたいというぼんやりとしながらも切ない想いが溢れており、ラストシーンに繋がる、白球の空虚ながらも軽やかであっけらかんとした情景が映画的風情としても絶品です。本作の記憶をこれからの人生で思い出すときに、必ず切なく愛おしくなるだろうな・・・、そんなことを観終ったあとに思わされる作品でした。

 

なんやかんや言いながらも、芥川賞に5回もノミネートされながら、日の目をみることもなく逝った作家、佐藤泰志の心がこぼれ漂っている作品だと思います。こういう世界は個人的には大好きで、愛着のある作品ですが、この良さを共有できる時空間はいまのわたしの生活のなかではなかなかないかな~なんて思いながら、東広島への帰路へ着きました。

 

わたしにしても本作で表現された人々のように近頃はなにかと雑事や重しに追いかけられるような、あっという間に日々が過ぎゆく生活を送っており、広島市内への映画修行は日ごとに減りつつあります。ぜひ本作や「永い言い訳」など、ちょっと心にしみる佳作を地元の映画館T-Joyでも普通に上映して欲しいものです。

 

1 コメント

2016年

10月

11日

SCOOP!

仕事が終わったばかりの秋の夜更けにT-JOY東広島にて本作を鑑賞してきました。主演は福山雅治、助演はリリー・フランキー。「そして父になる」の組み合わせです。主演の福山さんはパパラッチ役で、珍しくややすれた、汚れ役を演じています。福山さんには女性を中心にしっかりした固定ファンがついておりますが、当夜はややさびしい客入りでした。

 

本作は物語としてはやや変則ながら、探偵ものの定番といえるのではないでしょうか?衝撃のラストシーンという触れ込みでしたが、映画好きもしくは物語好きにはラストの展開はほぼ読めてしまうようものではないでしょうか?こうでもしなければ、本作は終わらないという王道の展開が待っています。ちょっと「太陽にほえろ」のジーパン編最終回を思い出しながら、観てしまいました。

 

それでも、福山ファンには鑑賞必須の作品であり、俳優としての福山雅治の成長を確認する作品としては、観ておいても損のない作品なのかな?と思いつつ、映画を観終わり、いつものフジヴェスタで定番の値下がり惣菜を買い、遅い夕ご飯にありついた夜でした。

 

1 コメント

2016年

10月

01日

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK

本作は久々広島市内最大のマルチシアターである「ヴァルド11」まで仕事か終わったあとに遠征して観てきました。

今回はいちビートルズフリークのつぶやきなので、ビートルズにあまり興味のない人にはおすすめしません。単語や楽曲名などわかりにくいタームが多分にあることを最初におわびさせてください。

 

わたしのような、子供のころからビートルズ(残念ながら解散後でしたが)の影響下に成長し、血にも肉にもその生きざまと音楽が入り込んでいる人間にとっては、絶対に見逃せない映画です。もちろん後でディスクも買うのですが、見知らぬビートルズファンの方たちと同じ空間で大スクリーンを通して、動き歌うビートルズを体験することは映画館でしかできないのですから遠征も当然です。本作はビートルズの公演活動時代をテーマにさまざまな発掘映像を編集した作品となります。

 

思えばビートルズ関連の映画でリアルタイムで体験できたのは、ポールが率いたウィングスのアメリカ公演をドキュメントした「ロックショー」が初体験でした。できれば、「ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ」などを生体験できればよかったのですが、わたし自身がまだ地上に存在さえしていないころでさすがに無理。当時観た「ロックショー」でさえ、映画冒頭の「ヴィーナス&マーズ」のギターによる一節とポールの唄声が流れ出しただけで、高校になったばかりのわたしは感激に身体じゅうが震えたものでした。それからというもの、ビートルズ映画に必ず馳せ参じているわけです。

 

この日も金曜日の夜8時過ぎの遅い上映時間だったにもかかわらず、まぁいるわいるわビートルズフリークたちが・・・。上は60代から下は高校生までが暗闇のなかにわんさか(と言っても半分ぐらいの入りですが、わたしのひとつ席を隔てた席はなんと中年女性のひとり客だったのが印象に残っています)集っているのだから驚きです。

 

さてさて映画ですが、想いを書き続けたら、以前のワールドカップ観戦記よりも長くなってしまいそうなので、いくつか思いつくままに書こうと思います。

 

まずはこの映画の最大の魅力はなんといってもビートルズ自身の演奏シーンです。あの音声モニターもまったくない時代に、よくあの大歓声のなかで演奏を合わせられたものです。それほど彼ら4人は当時、心身ともに一体となっており、ハンブルグの下積み時代から培ったチームワークと音楽力が炸裂しています。

いまでもときどき彼らの映像はプライベートでも観るのですが、やはり大スクリーンとドルビーの大音響でのシャワー体験はいいです。今更ながらに、4人が同時に動き歌うということの奇跡と素晴らしさには大スクリーンの前でドキドキワクワクの連続でした。

 

この映画のハイライトである、ビートルズが世界を飛び回る実際の姿や言動もいいです。ひとつひとつのエピソードはさすがに既知のものが多いのですが、ひとつ知らなかったことがありました。

アメリカツアーの際、人種で席を分けたコンサート会場を拒否し、結果その会場での初の人種差別撤廃の公演を実現させていたこと。ビートルズなら今となっては当然と思わされるエピソードですが、まだアメリカに足をおろしたばかりの当時、これをアメリカの興行主側に伝えることは、以後の活動や人気への影響を考えるとかなり危険なことだったのではないでしょうか?さすがはビートルズです。

 

いつもビートルズというと取り上げられる、ジョンによる「ビートルズは若者の間ではキリストより有名」発言とその反響もありました。世界の若者がいつまでも宗教にとらわれていることへの皮肉を込めた発言でしたが、いまとなっては、確かにジョンのいう通りであり、皮肉にも,現代でもキリスト教、イスラム教をはじめとした宗教的対立はまったく緩和するどころか先鋭化し、世界中の至るところで若者が宗教の名の下に命を落とし続けているわけで、もしジョンが生きていてそんな世界を観たら、いかに哀しみ憤りどんな発言をするだろう?と考えてしまいました。

 

そして最後におまけ映像として、当時世界初のスタジアム公演となったニューヨークシェイスタジアムでのノーカット映像。いやはやこれにはしびれました。もちろん部分的に何度も観たことはあったのですが、映像も音楽もリマスタリングされ、生き返っています。4人を取り囲んだ当時の狂気と熱気をはらんだ空気が大スクリーンの映像を通しても感じられ、中年オヤジのわたしでさえ久々こころが震えました。4人の汗、大歓声に投げかける視線、目線の飛び方(まさかマリファナの影響?)、徐々に潤んでくる4人の瞳、らりって鍵盤を肘でなでるジョン・・・そんなこんなのちょっとした仕草がもうしびれるんだから困ったものです。

今まで抜粋で観てきたので、こうして10曲すべて(それでもたった30分のマジックです)を通して観ると、曲順、選曲も完璧であることに気づかされました。

 

一曲目には、会場がアメリカであることに加えて、自分たちの音楽的ルーツであるアメリカ発祥のR&Bである「ツイスト・アンド・シャウト」からあえて始まり、2曲目は当夜の彼らの心境を表現するかのように「アイ・フィール・ファイン」、3曲目は再びアメリカへのリスペクトをこめて、「デイジー・ミス・リジー」。そしてアルバム「ヘルプ」を中心とした当時の旬の楽曲群「涙の乗車券」「アクト・ナチュラリー」「キャント・バイ・ミー・ラブ」を中軸に入れ、当夜3曲目かつ最後のアメリカ曲であり、当夜唯一のスロー曲「ベイビーズ・イン・ブラック」。

 

ここで軽くブレイクを入れたあとラストスパートが眉唾ものの怒涛の構成となります。いきなり「ハードデイズナイト」ではじまり、間髪入れずにそのまま「ヘルプ」、続いて「アイムダウン」へと流れ込んでいく選曲は、おそらく当時の4人の音楽的かつ心情的な到達点であり、彼らの魂の咆哮が詰まっていたものといえ、当時4人にとってのコンサートの記念碑であり最大の規模となる公演において、こんな完璧な曲構成&曲順を実現していたということは意外に認識されていなかったのではないでしょうか?

 

シェイスタジアムコンサートというのはビートルズフリークにとっては、人類史上初のスタジアム音楽公演だったという点で記念碑的な催しであるという事実認識はそれまでにもあったものの、大歓声のなかで混乱したただのお祭りぐらいの認識でしたが、こうして大スクリーンかつ大音響で体験してみて、本コンサートは、彼らにとって音楽的にも公演活動の歴史においても、輝かしいひとつの頂点であったという認識を今更ながらにあらたにしたことは貴重な体験でした。CDになっているハリウッドボウルライブよりもこちらをCDにしてほしいぐらいです。

 

この日を頂点として4人は徐々にライブ演奏家としては残念ながら坂道を下りはじめます。若くしてここからは老成への道を歩み始めたともいえます。しかしこの夜この場所で彼らは、喧噪と熱狂のなかで4人は一体となり、できるうるだけの全精力と若さのエネルギーを演奏家として激しくはじけ、かつ素晴らしい音楽を表現していたのだということが今さらながらに痛感させられました。そんなことを考えながら、わたしにしてももう涙が出たり体が震えたりはしなかったけれど、ジョンやポールの力いっぱいのシャウト、ジョージのしなやかなハーモニー、リンゴの適切なドラミングを観て感じながら、暗闇のなか瞳がちょっぴり潤んできたのはいうまでもありません。

 

映画のあと、せっかく市内に来たのだし、心のボルテージをダウンさせるために、天下一品のラーメンでブレイクし、帰路高速を飛ばしながら「ポールのライブは生体験できたけれど、やはり4人の全盛期を生体験したかった・・」という嘆息がフロントガラスの外、闇のなかに消えていく夜でした(笑)。

 

1 コメント

2016年

9月

28日

ハドソン川の奇跡

本作を封切早々、T-Joy東広島にて観てきました。

近年のわたしの映画格言?に「イーストウッド作品にはずれなし」といったものがあり、本作もこれにもれず、大傑作とはいいませんが、いろいろ考えさせられる素晴らしい佳作でした。

 

本作も最近の傾向である、実話をモチーフにした作品です。

バードストライクによる両エンジンの停止を受けて、発着空港への帰還は無理と判断したのち、奇跡のニューヨークの街中のハドソン川の水面への不時着を敢行し、ひとりの命も落とさずに済ましたサリー機長。英雄視される一方で事故調査委員会からは、「英雄になるためにラガーディア空港に戻れたのに、あえてそれを選ばずに水面着陸をしたのでは・・?」というとんでもない疑惑をもたれたものの、聴聞会を通してその疑惑を感動的に晴らしていくというドキュメント仕立ての作品となっています。

 

わたしも本作を観たあとこの事件に興味をもち、少し調べてみましたが、実際には映画で表現されたほど、サリー機長は罪人扱いされたわけでなく、事故調査委員会としては当然の責務として、一応空港に戻れた可能性を検証したといった程度のもので、聴聞会もあそこまで険悪な裁判仕立てではなく、まずまず穏やかなものだったそうですが、機長側からすれば、少しでも疑いをもたれたことは精神的にもショックであり、機長らの心の叫びがイーストウッドにも届き、本作の実現に相成ったのでしょうね。

 

それにしても本作の見どころは、サリー機長らの操縦チームの功績も素晴らしいのですが、不時着後のニューヨーク沿岸警備隊、ニューヨーク市消防局、水上バスなどの活躍ではないでしょうか?ニューヨークの1月、突き刺すような寒空の下、機体水没までたったの一時間の間に迅速に懸命に救助活動を行い、結果ひとりの乗客・乗務員の命も落とさなかったという活躍は、その数年前、同じニューヨークで起こった9・11テロで救えなかった命、救助のため命を落とした消防隊員たちへのレクイエムのようでした。あのテロの後を受けても、恐怖にひるまず勇躍し、次々の乗客・乗員を救助していく有様は素晴らしく、観ているものを奮い立たせる力がありました。アメリカの良心ここにありとイーストウッドは表現したかったのだと思わされました。

 

ところで主演のトム・ハンクスもすっかり老齢を演ずるしぶい俳優にもなりました。あの大傑作「フォレストガンプ」で演じた素敵な若者からもう20年以上たったと思うと時の流れの無常も感じさせられたりした本作でした。

 

「グラントリノ」を最後に一切フィクションを撮らなくなり、ほぼアメリカに関係した実話をもとに映画づくりに励むイーストウッド監督。アメリカという国の存在意義、そこで生まれ育った人間として、自らの命の尽きるまで、母国を映画という形で切り取り続ける覚悟と信念を最近の作品には感じます。まるで映画版ブルース・スプリングスティーンのようです。

俺にはフィクションなどを撮って回り道をしている時間はもう残されていないんだよ・・というつぶやきが語り掛けてくるような錯覚さえしますが、それでもまた実話にこだわらないファンタジックなイーストウッド監督によるグレート・アメリカン・ピクチャーも観てみたいものです。

 

1 コメント

2016年

9月

12日

グランド・イリュージョン

9月の秋の気配が漂い始めた夜更けに本作を鑑賞してました。

わたしの場合はよくあることなのですが、観たい映画は数あれど、あまり好みにこだわりすぎず、仕事が終わり映画館に駆け付けた時間と地元の映画館T-JOY東広島(クリニックの近くにあり、ありがたいことです)で上映されている映画の上映開始時間があえば、とりあえずその作品を観るというように観ており、本作はそんな風に選ばれました。

 

本作はマジックをテーマにした映画です。見どころはそのマジックの映像をCGを使わずに、あえて実際にマジックを実現してそれを映像化したというところでしょう。女性の首が突然落ちてしまうマジックや雨が逆さに降るというマジックはそのことを知っているととても興味をそそります。

 

物語としては、幼いころ、湖の底に落ちた金庫破りのマジックに失敗して命を落とした父親の姿を目の前で観てしまった主人公が、その後成長し、父を超える偉大なイリュージョニストになっていくというテーマが流れています。このブログでも紹介した「キングズマン」や「グラン・ブルー」に近似するテーマではあります。こうした意外と王道的かつ伝統的な展開でしたが、そんなテーマよりも単純に目の前で展開される本物のマジック映像を堪能できるかどうかに尽きる映画のような気がしました。

 

わたしも昔、佐世保の喫茶店で超能力マジックというものを観たことがありますが、今でもそのときのことを思い出すとワクワクします。マジックはやはり生で観た方がいいかな~とも思ったりしました。

 

0 コメント