風立ちぬ

診療が終わり、ジムで一汗かいたあとにT-joy東広島にて宮崎駿監督の注目作「風立ちぬ」を観てきました。
宮崎監督の作品は大々的な広告もあり、いつも注目されるのですが、このたびはSF的未来や現代ものでなく、実在の歴史的人物・堀越二郎をテーマにしており、そういう意味では新たな挑戦といえ、一刻も早く見たい作品でした。(個人的にも飛行機のむだの一切ない機能美には共鳴すること大なのです)世間的にもやはりそのようで、わたしが観た回は21時30分開始という遅い時間だったにもかかわらず、半分ぐらいは席が埋まっていて(レイトショーってわたしの経験では2割入ってればいいところで、ひとり貸し切りということもたまにあるのです)、さすが宮崎監督だな~と妙なところに感心しながら、上映開始。

映画の内容自体ですが、シンプルでとても美しい作品でした。最近のアニメーションの進化、とくに背景の写実化も取り入れながら、随所には漫画的素朴な描写も混ぜて、バランスのよい作品。予告編は少し大げさで、えらく大仰な作品なのかなと思わせる前ふりでしたが、実際観ると、案外さらりと観れる作品に仕上がっていました。

人によっては、歴史的史実を描いたものとしてはと物足りないといわれるのでしょうが、少年の夢が実現しながら、現実とは折り合わず、ほろ苦い挫折に繋がっていく過程のファンタジーとして捉えれば、十分な出来だと思いました。

 儚い恋。美しいものへの憧れ。異国に住み、ともに切磋琢磨する精神的同志。

これって男の子(女の子もかな?)の永遠のテーマともいえますよね。素敵です。

何より、大正時代から昭和初期にかけての日本の田舎の自然や都市の風景が、いまやアニメ界の手塚治虫といえる、宮崎監督の手により色彩豊かな絵(当時の田園や森を表現する緑や空をあらわす青色を堪能することはこの作品を鑑賞するうえでは必須ですよね)で表現されたことは、ひとりの日本人として素直に喜びたいな~と思いました。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    シネ丸 (水曜日, 07 8月 2013 10:29)

     初めて宮崎駿作品を映画館で鑑賞してきました。(それも封切日に)そんな大人たちが大勢いたのか大ヒットしているそうです。 男のロマン(夢・女性に対する)に満ちた作品なので、映画館では男性が涙する確率が高いのではないでしょうか。 1度観ただけでは見落としている事がたくさんある
    ような中身の濃いアニメでした。 

  • #2

    tokutalk (金曜日, 09 8月 2013 22:44)

    「風立ちぬ」試写会で観てきました。
    最近の宮崎監督の映画は、どちらかと言えばメッセージ性が強くなって、ファンタジー色や娯楽色が薄れてきて、素直に面白いとか楽しいといったシンプルな感じ方が出来なくなってきた気がします。
    だけどこの映画に関しては、シンプルに感じることが出来ました。
    綺麗で美しいけれど、儚くて哀しい映画だったと思います。
    素晴らしい映画でしたが、ひとつだけ言わせてもらうならば庵野秀明さんはやはりミスキャストだったかなと思いました。
    庵野さんは自分の好きな「ヱヴァンゲリヲン」の監督でもあり、声は素朴で悪くないのですが、自分がこの映画で感じた二郎さんのイメージはもっと若くて格好いい感じだったので、ミスマッチを感じました。
    それ以外は悪くなかったと思いました。

  • #3

    narata (日曜日, 11 8月 2013 18:01)

    早速に、お邪魔しております。
    お忙しいのに、何故…こんなに映画を観ることができるのでしょう?不思議です。勝ち負けではないのですが、観に行きます。3回は無理かもしれませんけど…

  • #4

    fourseasons-clinic (月曜日, 12 8月 2013 16:11)

    たくさんのコメントありがとうございます。このコメントの多さもさすが注目度の高い宮崎監督作品ということだと思います。わたしも実は、先週の診療終了後に二回目の修行を済ませてきました。二回鑑賞は、「耳をすませば」以降のジブリ作品に対するいつもの作法ですが、二回目は、少年の夢の変遷とともに、ゴミひとつ落ちていなかった、かつての汚れなき日本の風景の豊かな色彩をさらに深く堪能できたように思いました。

  • #5

    narata (土曜日, 24 8月 2013 20:06)

    ようやく、遅ればせながらドクターのおっしゃる通り感激でした。昭和の日本…日本が長い時間をかけて育んできた、ならわし「みんながハッピーになるといいね!」優しい心が隠れているような…映画の時代背景は残念ながらですが、「日本人でよかったなぁ。」と思いました。今年の夏も暑いけど、季節はちゃんと秋になりますよね~やっぱりガンバローと思います。